« 定格出力と実際の発電量の比較教えてください? | トップページ | 太陽光発電を活かすにはスマートグリッド »

2009年7月14日 (火)

古きよき日本の空気が流れる町

”半ケツ”女子が闊歩している名古屋の街中に住んでいると(爆)

たまたま訪れる地方の町の空気にしみじみ感動したりします。090106_007

愛知県の北のはずれの犬山とか・・・徳川家発祥の地の岡崎とか・・・

お城があり坂道があり川があり・・・老人と子供が散歩してて、オーソドックスな学生がいて・・・

マイペースでゆったりと流れる時間の中で、最後に残すべき大切なものだけははずさない”ぬくもりのある空気”はなんともいえません。

こうゆう町には、"守るべきもの"をかたくなに守り続けてきた大人たちがいて、子供たちも"ほんもの"の大切さを受け入れているんでしょうね。

以前東北の会津の”藩校””日新館”を訪れたとき、”ならぬことはならぬのです”という言葉が印象に残りました。合理性なるものを超越したところにこそ”まこと”があったりする、ということを体得してきた”日本人”の、”人生哲学”の深さを垣間見ることができます。

そんな日本人の古来の、”天命”を受け入れる哲学に、一石を投じた臓器移植問題ですが、国会であっさり議決されたということは、”天命“派の自分にとりましては、衝撃の出来事でした。

独自の死生観から、死体の有効活用ともいえる臓器移植に消極的だった日本が、臓器移植推進に大きく舵を切ったわけですが、”ならぬことはならぬのです”という古来の日本人的発想ならば、延命の可能性をあえて遮断し、天与の運命の中で生を全うすることを是としたのでしょうが・・・・”国内でも金で命を買える道”を選択して踏み出したようで複雑な気持ちです。

今回の臓器移植法案で、保守といわれる政党の中でも、日本本来の思想哲学を重んじる本来的な保守政治家は少なく、西洋的な合理主義的保守が多いということがわかったのは面白かったです。(そのくせ自己については非合理性の極みというのがさらに面白いです・・・ようするに保守というより本質は保身なんでしょうね)

さて梅雨明けです。これから発電量を稼ぎたいところです

7月10日 5kwh

7月11日13kwh

7月12日11kwh

7月13日12kwh

7月14日14kwh

7月1日~7月14日 トータル145kwh・・・1kwh=49円換算で7,105円

当社に設置してある3.21kw太陽光発電システムの発電量を公開しています。

西隣のビルの陰になる東北東設置という条件ながらそこそこ活躍しています。

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

にほんブログ村

|

« 定格出力と実際の発電量の比較教えてください? | トップページ | 太陽光発電を活かすにはスマートグリッド »

「太陽光発電記録(社内)」カテゴリの記事

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528455/45634385

この記事へのトラックバック一覧です: 古きよき日本の空気が流れる町:

« 定格出力と実際の発電量の比較教えてください? | トップページ | 太陽光発電を活かすにはスマートグリッド »