« ”専業”の高売り業者に”雨漏り”が多い理由 | トップページ | 大手マスコミが仕掛けるB層まつり・・”小沢たたき”は”小泉郵政まつり”の再来 »

2010年1月17日 (日)

検察マスコミは故永田議員(民主)みたいにガセねたで踊ってるだけかも?

小泉政権時代に、”ライブドアから自民党に裏金が払われていた”というガセねたを、民主党の故永田議員がつかまされ、国会質問で取り上げて、当時の民主党前原代表が辞任に追い込まれた偽メール事件というのがありました。そのときガセネタをつかまされた故永田議員は責任をとって議員辞職をし、数年後失意の中で飛び降り自殺をして亡くなられたわけです。

映画”20世紀少年”の”ともだち”みたいな団体の組織的な選挙違反を永田議員が追及していたという裏事情のからみで、自殺ではなく本当は東福岡市議の朝木さんの転落死とおなじケースでないかとか、ガセネタの仕込みも”ともだち”みたいな団体の仕込みだったんじゃないか等、陰謀説がWEB上でささやかれていましたが、今回小沢氏の政治資金問題で検察が突っ走った裏付けとされる石川議員の私設秘書の金沢氏の証言とか一連の中堅ゼネコン関係者の証言というものも、ひょっとしてガセネタだったりしてと思う今日この頃です。

一部でささやかれているような検察内部の足の引っ張り合いがあって、特捜部長のちょんぼをねらって海千山千のガセねたが仕込まれたとしたら、あまりにも内輪談義な世界ですが、本当のところは、政界再編もしくは連立の組み替え=政権与党に返り咲きしたい”ともだち”みたいな団体の描く戦略にのった”民主党”に対する”ゆさぶり”というのが私の黒幕予想の本命です。

掲示板などの統一教会系のコメントスクラムの動きも連動しているので、ジャパンハンドラーの絡みもなくはないですが、小沢氏の居直りは許せないと青筋を立てている信者系のコメンテーターの燃え上がりようからして、単純に本命は”ともだち”だと思います。

降ってわいてきたような在日外国人の地方参政権法案提出ですが、裏側で行われた取引の事情を読み解くと、今回の意味不明の検察暴走のヒントになる気がします。

自民党が政権から離れることで、”官僚のお膳立てに乗っかっていただけ”の無能な世襲議員の政党だったということがばれてしまった今では、現在の枠組みでふたたび政権交代が起きることは難しいでしょう。

ただし、次の参議院選挙で民主だけで過半数をとれずに”ともだち”もふくめた連立に頼らざる得ないかたちに追い込めば、”ともだち”の政権復帰は可能になると思いますので、”ともだち”みたいな団体の希望は実現することになります。

今日に至る一連の東京地検特捜部とマスコミの連日の大活躍のおかげで、7月の参院選挙での”ともだち”みたいな団体の政権復帰の可能性が見えてきました。

ガセネタで地検を動かした情報提供者が、”ともだち”みたいな団体の信者とか韓国カルト統一教会の信者で、東京地検特捜部とマスコミがそれに乗せられたのか、わかっててわざと乗ってるのか、いずれにしても、”ともだち”信者の狙い通りに事態を推移させるエンジンとして機能しているとしたら日本のお先は真っ暗ですね。

警察官も含めた信者の司法関係者4000人、大物芸人を支配下に置いて、テレビ番組編集に影響力をもち、印刷代名目の巨大な資金供与で、広告収入激減の新聞業界の救世主になっている”ともだち”のにおいを感じているのは私だけなのでしょうか?

人気ブログの記事を読むと、毎日、新聞の見出しですり込まれている内容と全然違うのに愕然とします。

きっこのブログ

http://kikko.cocolog-nifty.com/kikko/

毒蛇山荘日記

http://d.hatena.ne.jp/dokuhebiniki/

こんな時は、こころが見透かせる映像から感じ取れることで、真実を見極めるのが一番です。

検察との対決を宣言した民主党大会での小沢氏の挨拶 動画

 http://asx.pod.tv/dpj/free/2010/20100116taikai_05_v300.asx

中日新聞(高山、竹内、西川署名=おそらく同一人物)だけを読んでいると悪の権化のように思い込まされる小沢一郎さんですが、先日の村上龍のTV番組”カンブリア宮殿”とか今回の党大会の挨拶の様子とかを見ると、中日新聞の編集幹部がすすめる印象形成と違って、口べたでシャイなだけで、すっきりしたまじめな人物であるという気がします。

参照 民主党大会冒頭での小沢氏の動画を掲載したブログ”晴天とら日和”

http://blog.livedoor.jp/hanatora53bann/archives/51499469.html

過去にはとわれなかったみんなやってるスピード違反程度のことで政権与党幹部に対する捜査権を振りかざせる後ろ盾は何か・・・という視点で、ロッキード事件のように脱米路線に対する圧力というこの記事のような分析は多いですね。

参照 憂国広場

http://warabidani.iza.ne.jp/blog/entry/1417871/

もちろん真相は藪の中ですが、司法とマスコミという日本の本当の権力を民主政権が握っていないという視点で検察の動き、出演YVタレントを決定できる巨大宗教団体の立場、マスコミの動きをみてみるには、体制に流されない、しかし、説得力があるブロガーの意見は参考になります。

新聞とかテレビラジオを鵜呑みにしないで、違う角度で事象をみなおしてみる習慣を身につけるようにしますと、これまで見えなかった真実が見えるようになります。自然と多角的な視点が身につき仕事でも私生活でもスキルアップにつながりおすすめです。

逆に狭い視野の世界に閉じこもる人は、せっかくの潜在能力が摩耗し劣化していくようですね。ネトウヨなブログとか、頭がパーンとなってる”ともだち”みたいな団体の信者の書き込みとかをみると知能・感性=美意識の劣化ぶりがよくわかります(爆)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 団塊の世代 にほんブログ村 風力発電・太陽光発電 にほんブログ村 政治・社会問題

|

« ”専業”の高売り業者に”雨漏り”が多い理由 | トップページ | 大手マスコミが仕掛けるB層まつり・・”小沢たたき”は”小泉郵政まつり”の再来 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

「裏話いろいろ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528455/47314099

この記事へのトラックバック一覧です: 検察マスコミは故永田議員(民主)みたいにガセねたで踊ってるだけかも?:

« ”専業”の高売り業者に”雨漏り”が多い理由 | トップページ | 大手マスコミが仕掛けるB層まつり・・”小沢たたき”は”小泉郵政まつり”の再来 »