« 全量買取の裏の狙いはエネルギー統制?食糧危機対応マニュアル・レベル2 | トップページ | 白銀の木曽の山々と12月発電量 »

2010年1月 4日 (月)

お茶の間”商学部系”エコノミストが見落としていること

このブログのカテゴリーからはずれるかもしれませんが、ちょうど前回とりあげた”家計簿レベル”のエコノミストの論点を明示する記事http://a-meet.net/crescendo/2010/01/post-52.htmlをトラックバックいただいたので、ひきつづき経済ネタを取り上げさせていただきます。

この記事の方もそうなんですが、いわゆる新自由主義的なエコノミストのいうことは平面的にみればいわれてることは一見ごもっともなんです。

ヘイゾーさんに代表されるお茶の間レベルの”なんちゃって”エコノミストはいいます。

官で使う金を圧縮し、民間で活用すれば、イノベーションにつながる投資資金になるはずのお金が、無駄に官で使われ、あろうことか”手当て”という形で競争に逆行する形でばらまかれ、投資に回るべきお金が吸い上げられ、重大な損失を招いている。

しかし、ほんとうにそうでしょうか?

この20年間を振り返ってみれば明白です。

”官から民へ””優勝劣敗”の掛け声の下に、市場競争の勝利者には莫大なお金がかってないほど集中し、おそろしいほどの金余りが生じたのではないでしょうか?

その恐ろしい金余りはかれら”なんちゃって”エコノミストの方程式だと、イノベーション資金として有効活用されるはずだったんですが、結果はどうだったでしょう。

イノベーションの名の下に導入された金融工学のより開発されたあまたの金融派生商品に、偏在した富が世界中から集まり、5000兆円規模の金融バブルを形成したんじゃないでしょうか?(このバブルの穴埋めを環境価値がいかに埋めるかに世界の未来がかかっています)

壮大な詐欺商品を生んだだけに終わったこの20年間の金融イノベーションというものを彼ら”なんちゃって”エコノミスト連中はどう総括しているんでしょうか?

企業の生産現場でも、彼ら”なんちゃって”エコノミストの言い草がいかに”いんちき”だったかをさんざん思い知らされました。

日本企業の持ち味りであった長期的スパンでの人材育成とか新技術の開発投資というものが、短期利益を求める株主主権の下でかえって抑制されるようになり、日本企業の競争力は大きく減退したのではないでしょうか?

また国際競争力のためのコスト削減をお題目にした”なんちゃって”エコノミストの連中の推進した、労働者派遣の自由化は、日本の若年層の総派遣労働化を生み、日本の宝である人材力を著しく低下させたのではないでしょうか?

そうして社会的弱者を徹底的に叩きのめして異常に集積した富を独占した連中が志向したものは、はたして本当に未来につながる投資だったでしょうか?

実態をみればあきれる結果ばかり思い起こされます。

高収益企業の上位は、一部を除いて人材派遣、不動産ころがし、サラ金、パチンコといういわゆるピンはね産業ばかり・・・・

ライブドアの堀江被告とか村上ファンドの村上被告に代表されるように、彼らはそのお金を真のイノベーションにつながる投資にむけず、手っ取り早く成果が上がるさらなる”マネーころがし”に使うだけでした。

民間に任せれば市場を介して合理的に運営されるという短絡的な幻想は捨て去るべきです。

結局マネーゲーム資本主義の社会では、いじきたないほどの強欲プレーヤーが勝者となりがちです。

そうした強欲なプレーヤーに富を偏在させても、結局”豚に真珠”にしかならないということをさんざん思い知らされたのがこの20年だったのではないでしょうか?

何のためにお金をためるかを問われて、あの当時の堀江被告はどう答えていたか・・・

”宇宙旅行がしたいです””時価総額世界一の会社を作りたいです”

この幼稚な答えに、”強欲な豚には、小学生みたいな思考回路しかないんだな”と大うけした人も多かったんじゃないでしょうかw

当時、その彼を”改革の旗手”として持ち上げ、群がっていたマスコミ関係者は、彼と同じ小学生レベルだったということかもしれません(爆)

最近はっきりと思うのですが、官とか民とかではなく、今の日本に欠落しつつあるのは”公”ということだと思います。いまだに官か民かという平面的な思考にとどまっているところに、お茶の間エコノミストとかマスコミのレベルの低さが感じられます。

”官から民”といいつつ、”公”を犠牲にして、強欲な”私”を肥大化させたのが、一連の小泉竹中路線の”なんちゃって”改革だったのではないでしょうか。

古へより、わが国日本は、君主であっても、わが身の私心を律して”公”に尽くすという伝統を受け継いできた国です。

最近、”強欲資本主義から公益資本主義”へということを推進する潮流が、今までと違う事業体企業体を作って各地で活動を始めていますが、そうした本当に新しい流れのほうに、日本の未来を託したいと思います。

公益資本主義に期待という方は応援よろしく!!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 団塊の世代 にほんブログ村 風力発電・太陽光発電 にほんブログ村 政治・社会問題

|

« 全量買取の裏の狙いはエネルギー統制?食糧危機対応マニュアル・レベル2 | トップページ | 白銀の木曽の山々と12月発電量 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

「裏話いろいろ」カテゴリの記事

コメント

始めましてこんにちわ。
「自然の摂理から環境を考える」というブログから来ました。

公益資本主義に賛同します!

最近のマスコミの偏向報道、政治主導を掲げる政治家たちへの執拗な司法権力(検察)の脅しなど、「公」の立場にいる人たちが私利私欲に走る暴走ぶりには目を見張るものがありますね。

このような状況においては、一般の人からでも政策提案が出てくるようになっていくと思います。

投稿: せきや | 2010年1月 6日 (水) 21時20分

地検とマスコミの異常な動きについては私も同感です。

ジャパンハンドラーという見方がありますが、連立政権に入れてほしい”信濃町”の意向が背後にあると思います。

西松建設問題の立件を強烈に主張したy検事も中央大のあちら系出身みたいですし、会計上表に出せない世論誘導のデンツー機密費を大量に融通できるのは、税務署のマークがない巨大法人しかありえません。

いっそのことフランスのようにカルト規正法を制定して、検事、判事、警察など司法関係の信者の公職追放をして教団の示威的な恣意的捜査ができなくしてほしいものです。

投稿: yokotakanko | 2010年1月 7日 (木) 23時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528455/47204650

この記事へのトラックバック一覧です: お茶の間”商学部系”エコノミストが見落としていること:

« 全量買取の裏の狙いはエネルギー統制?食糧危機対応マニュアル・レベル2 | トップページ | 白銀の木曽の山々と12月発電量 »