« 中日新聞がわき起こる”リーク批判”に異例の”反論”掲載 | トップページ | 小沢氏を脱税容疑で逮捕する仕掛け発動か »

2010年2月 2日 (火)

1月発電量と"法"よりも大切にすべきこと

太平洋側は冬には晴れが多いはずですが、すでに前線がでてきて、菜の花のたよりも届いています。

Dsc01962

今年の冬もかなり底冷えしますので、冬真っ只中という感じですが、意外と春は近いのかもしれません。

冬の寒さが厳しい年は、春にはみごとな満開の桜にあえることが多いです。

人間も同じですが、厳しい時をのり超えてくる中で、蓄えられる命の輝きというものがあるんでしょうね。

順風満帆にエリートコースを歩んできた秀才肌の政治家の合理的な”ものいい”よりも、愚直に生活をきざんできた山里のお年寄りの言葉のほうが説得力があると感じるのも、”蓄えられてきた命の深み”が違うからかもしれません。

善悪は法で裁ける・・・一番の正義は法という、法を過信する人は、おそらく死ぬまでほんとうの真実に向き合うことはないと思います。

法は正義というよりも、むしろある意味で必要悪のひとつではないかとすら感じます。

善良な人で形成される社会ならば法の必要性は限りなくゼロだと思うからです。

最近よく感じるんですが、戦前の教育を受けた人は、合理性とか法に裏付けられた限定的な正義よりも、人道という本質的な正義を感じ取る能力が長けている人が多い気がします。

学歴はないかもしれませんが、”人として大切にするべきもの”が何か?ということをわかっているように思いますね。

見逃してもいいことと、けっして見逃してはいけないこと、表層的な合理性を越えた中にある、その区別の仕方を感じ取れる、戦前世代のような人間がこの国には少なくなってきた気がします。

理屈を越えた中にこそ真実が宿っている・・・法が万能であるかのような錯覚の中で、いつしかアメリカのような訴訟大国の道を歩みつつある現代日本だからこそ、本源的な日本的感性に裏打ちされた暗黙知を見つめなおすときかもしれません。

さて、当社設置の太陽光発電システムの1月のトータル発電量ですが、またしても200kwh割れの170kwhでした。(1kwh=48円換算で8,160円)・・・西隣のビルの陰になる東北東設置3kw

各地のユーザーさんの発電量も冬らしからぬ天候が続いて伸び悩んでいます。

とりわけ夏にはさほど気にならなかった方位のマイナスですが、冬には大きく影響するようです。

当社分室も東北東設置で夏の半分程度の発電量しか記録しませんが、他の東向き設置のお宅も月間発電量が定格出力の60~70倍程度です。(5kwの場合で300~350kwh)

当社ユーザーの実際の発電記録の掲載ページ(横田管工ホームページ内)

http://www.yokotakanko.co.jp/cgi-bin/yokotakanko/siteup.cgi?category=1&page=4

http://www.yokotakanko.co.jp/cgi-bin/yokotakanko/siteup.cgi?category=1&page=2

シャープ5.12kwと三菱5.18kw同じような定格出力なのに、片方が301kwh、もう一方が425kwhと大きな差が出ていましたが、年間通せばトータル1割程度と気にならない方位の差も、冬には愕然とする差がつきます。

秋に設置されたお宅は軒並み発電量が伸びずにあせるかもしれませんが、立春とともに一挙に倍増しますからご安心ください。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 団塊の世代 にほんブログ村 風力発電・太陽光発電 にほんブログ村 政治・社会問題

|

« 中日新聞がわき起こる”リーク批判”に異例の”反論”掲載 | トップページ | 小沢氏を脱税容疑で逮捕する仕掛け発動か »

「太陽光発電記録(社内)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528455/47461391

この記事へのトラックバック一覧です: 1月発電量と"法"よりも大切にすべきこと:

« 中日新聞がわき起こる”リーク批判”に異例の”反論”掲載 | トップページ | 小沢氏を脱税容疑で逮捕する仕掛け発動か »