« 女性秘書拘束検事の組織背景の物証?顔写真 | トップページ | 太陽光発電新規参入施工業者に起こる悲劇 »

2010年2月13日 (土)

シャープをだしに中国製サンテックを売り込みたい広告

家電量販店チェーンのヤマダさんが、今日の朝刊折込広告でシャープ2.88kw工事費込み188万円って出していたんですが、いまさらどうしたの????という感じでほかに意図があると感じてしまいました。

いっしょに掲載されていたノーマルIHとエコキュートのオール電化セット工事費込み698、000円というのは妥当という感じでしたが、それに比べてシャープの2.88kwは折込に出すには価格訴求が弱すぎる感じで違和感がありました。

そもそもヤマダ電気さんですが、昨年から、中国の太陽電池メーカーサンテックの”日本上陸の水先案内人”として、笑える25年保証で売り歩く、訪問販売セールスの大元だったと思うのですが、ここにきてシャープ?しかも中途半端な価格・・・・意味不明です。

直接取引の特約店じゃないみたいですし、おそらく、”本命は中国サンテックでシャープはダシに使う”だけなんでしょうね。

”多結晶よりも性能が高い単結晶のサンテックは25年保証あるよ”

”日本で一番安いシャープよりもっと安くするからお買い得あるよ”

”世界一の太陽電池メーカーあるよ”

と配下の訪問セールスが売り込みに走るんでしょうか?

日本製がいくら高品質といっても目に見えないだけに”世界1位”を売りにされると弱いです。

当社でも価格戦略に出てくるかもしれない中国サンテックの機先を制して、バイパスダイオード内臓の純日本製太陽光発電システムを3.05kw164万円で張り合うことにしました。

当社の太陽光発電設置費用公開ページ

http://www.yokotakanko.co.jp/cgi-bin/yokotakanko/siteup.cgi?category=1&page=1

Mitsubishi305zumen

年間予測発電量が3,500kwhとして、

自家消費で1,000kwhx24円=24,000円、売電で2,500kwhx48円=120,000円という計算で

年間経済効果を算出しますと年間約144,000万円の経済効果が予測できます。

国の補助金が21万円ですから、差し引き費用が150万円として10年で償却できる計算になります。

10年間はとんとんで、違いが出るのは10年後からということで”うまみがない”という方もいるかもしれませんが、どうせ費用負担がないなら”太陽で創った電気で生活する”ほうが楽しいと思いますがいかがでしょうか?

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 団塊の世代 にほんブログ村 風力発電・太陽光発電 にほんブログ村 政治・社会問題

|

« 女性秘書拘束検事の組織背景の物証?顔写真 | トップページ | 太陽光発電新規参入施工業者に起こる悲劇 »

「太陽光発電関連情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528455/47557267

この記事へのトラックバック一覧です: シャープをだしに中国製サンテックを売り込みたい広告:

« 女性秘書拘束検事の組織背景の物証?顔写真 | トップページ | 太陽光発電新規参入施工業者に起こる悲劇 »