« 浅田真央と高橋大輔と荒川静香が貫いた大和ごころ | トップページ | 2月発電量と各地設置ユーザー発電データ比較 »

2010年3月 2日 (火)

”中部地区最安 太陽光発電”という広告の某業者

ここ何ヶ月かですが、ネット広告で”名古屋で最安の太陽光発電”というキャッチコピーを目にするようになりました。

当然のことながら”名古屋で最安ということは、当社と比べてどれくらい設置費用の違いがあるのだろう”と興味を持つわけで、その広告主の販売店のホームページにアクセスしてみましたが、具体的な費用が公開されているわけでもなく、結局のところ問い合わせしないとはっきりしないという状況でした。

裏読みできる人ならば、詳細な情報開示がされていない時点で”最安”を言葉のトリックと見抜きますが、純朴な人ほど言葉面に惑わされ思い込まされるようです。

たまたまあるお客様のお宅で、その販売店と相見積もりになって、種明かしができたんですが、とりあえず設置不可能のモデルケースは安い提示をするが、最終的にはかなり高い条件提示をしてこられたということです。

最終提示は、当社と比べて1kwあたりで10万円くらい高い条件で、法的にはひっかからないかもしれませんが・・・”ずいぶんエグい商売の仕方もあるものだ”とあきれてしましました。

その販売店ですが、郡部中心で訪問販売中心で設置実績を伸ばしていまして、お客様から当社に相見積もりの依頼をしていただかない限りは競合はしないですが、名古屋で最安を売りにしていて、うちの見積もりを出されたらどう対応するつもりなんでしょうね。

当社では、営業コストなどの間接経費を最大限削減していますので、場合によっては1kw当たりのコストが、国の補助金分を差し引いて40万円を下回ることもあります。

おそらく当社にあわせたら、訪問販売セールスに営業歩合を払う余裕がなくなりますので、最終的に”工事内容が違う、この工事レベルでは最安です”とかいって適当にごまかすんでしょうね・・・確かに工事内容は違うでしょうが、平気で1枚設置をするようないい加減な工事で、高かろう悪かろうだったりした場合には、引っかかったお客様はお気の毒というしかありません。

マスコミの見出しでも、広告の見出しでも、裏読みできないB層な人たちが、見出しの印象操作でとことんカモにされる様子がありありと浮かびます。そんなエグいアメリカ化、特定アジア化が進む、嫌な流れはなかなか止められないものですね。

多くの人に知ってもらうために、応援クリックよろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 団塊の世代 にほんブログ村 風力発電・太陽光発電 にほんブログ村 政治・社会問題

|

« 浅田真央と高橋大輔と荒川静香が貫いた大和ごころ | トップページ | 2月発電量と各地設置ユーザー発電データ比較 »

「太陽光発電関連情報」カテゴリの記事

「裏話いろいろ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528455/47707818

この記事へのトラックバック一覧です: ”中部地区最安 太陽光発電”という広告の某業者:

« 浅田真央と高橋大輔と荒川静香が貫いた大和ごころ | トップページ | 2月発電量と各地設置ユーザー発電データ比較 »