« ”マスコミは社会の敵”というコメントに共感しました | トップページ | 小沢氏政治資金=陸山会事件はただの妄想・勘違い事件だった »

2010年5月27日 (木)

名古屋市の太陽光発電補助金の裏事情=既築住宅の設置普及を妨げる仕組み

5月17日受付開始の名古屋市の太陽光発電の補助金の予算枠ですが、即日完売状況で、昨年度同様、新築住宅で設置する住宅メーカー経由の枠取りでほぼなくなりました。昨年から予想したとおりの結果です。

22
昨年と違い国の補助金(J-PEC補助金)の交付決定通知の写しを提出しなくてもよくなったので、事前に情報を漏らしてもらっていない一般市民でも応募しやすくなったのですが、そのことが直前まで公表されず(呼び込みをされた業者は?)積極的に営業をすることもできないでいました。

へたに名古屋市の補助金を当てにして営業を進めた場合、昨年度のように国の補助金(J-PEC補助金)の交付決定が条件となってると、国の補助金申請を初日(4月26日)に出したとしても交付決定到着が5月20日になるので名古屋市の補助金受付開始の5月17日に間に合わなくなります。
一方工事着工予定が先の新築物件を抱えているハウジングメーカーの場合ですと、平成21年度の補正予算枠で国の補助金(J-PEC補助金)交付決定を受けていますので、初日に応募できるハウジングメーカーの新築着工分の補助金申請が俄然有利になります。住宅メーカーの先取りで、1kwあたり7万円、出力2000kw分、平均4kwとして500件分程度の予算分がなくなって、結果的に当社の既築住宅の受注分は名古屋市の補助金を利用できなくなり、続々キャンセルされることになります。補助金が使えずキャンセルされる事が見えているので、時間の無駄になる名古屋市内向けに積極的な営業をしていませんでした。

ところが、直前になって今年度は国の補助金(J-PEC補助金)の交付決定(写し)添付がいらないことがわかり、営業開始しましたが、すでにあとの祭りでした。

取れた受注は2件、1件は二日目提出だったので即OUTの連絡が到着しましたし、初日に提出してる残る一件も先着順では大丈夫そうですが、裏で政治力がある住宅メーカー系の応募を優先する作為が働いた場合、書類不備を指摘され、後追いで不受理という可能性も残っていて、散々な結果でした。

むろん商談途中の名古屋市内の物件もすべて中止という流れですorz

実を言えば、名古屋市の太陽光発電の補助金は、昨年も公表前に住宅メーカーの呼び込み情報伝達が行われていたように、本音は住宅メーカーの新築着工を下支えするということにあると思っています。政治献金団体の業界団体も絡んでいると思います。

絶妙な募集開始時期とか、情報公開の遅れ、変則的な募集用件の情報公開の遅れ、特定業界団体参加企業への事前情報伝達・・・政治的便宜供与など、状況証拠的に、一般的な太陽光発電の普及の補助というより、新築着工の補助の意味合いが強くなっていると誰でも感じるのではないでしょうか?
そうした出来レースの構図を気づかれていないと思っているのは、議員と役所だけだと思いますね。

予算の範囲で幅広く太陽光発電の設置に補助をするのであれば、1kw7万円、上限10kw未満という、1件あたりの補助金額がかさむような事(全国トップクラス)は変更して、利用できる件数を増やすべきだと思いますが、名古屋市の新築着工の範囲で収まっていることからして、正直既築住宅の太陽光発電設置に大事な予算を使われたくない気持ちがありありです。

もっとも、行政的に固定資産税などの収入につながる新築着工に肩入れしたい本音は理解できなくはありません。

だったら最初から既築住宅を除外して、新築住宅限定にしてもらいたいわけです。

へんに高額な補助金が名古屋市が出すということがあるので、既築住宅のかたがどうせなら補助金をもらいたいということになり、設置を先延ばししたあげく、予算枠から漏れ来年度に先延ばしするということを続発させてしまいます。

結果的に、名古屋市内の既築住宅にたいして太陽光発電設置を進めづらくなり、名古屋市内の太陽光発電普及の脚を大きくひっぱってしまっている現実にも意識をもってもらいたいものです。

市議の先生!!市役所の企画立案担当者の方!!お願いです。

市議会が見返りに特定業者を優遇しようと気にしませんから、せめて一般業者の営業の邪魔にならないような配慮をお願いします。

下手な小細工で新築住宅・改築住宅を優遇して、実質的に既築住宅住民が利用しづらい補助制度にするくらいなら、わかりやすく名古屋市の太陽光発電設置の補助の対象を新築着工限定条件にして、既築住宅も平等であるというへんな期待を抱かせないでください。

そうでなければ、既存建築住宅も幅広く利用できるように、新築物件は現状維持、既築物件のも、支給金額、対象システム出力上限を大幅に下げてくれて結構です。

仮に既建住宅に住む市民から抗議が来ても、”経済効果が高い新築を優遇するのは当たり前、名古屋市は悪平等の立場に立たない”と言い切ればいいんですよ。

公平な顔をしてこっそり情報提供して利益誘導まがいのことするくらいなら、正直に本音を伝えてくれたほうが未来が開けます。

にほんブログ村 政治・社会問題

にほんブログ村 風力発電・太陽光発電

にほんブログ村 団塊の世代

|

« ”マスコミは社会の敵”というコメントに共感しました | トップページ | 小沢氏政治資金=陸山会事件はただの妄想・勘違い事件だった »

「太陽光発電関連情報」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

「裏話いろいろ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528455/48469430

この記事へのトラックバック一覧です: 名古屋市の太陽光発電補助金の裏事情=既築住宅の設置普及を妨げる仕組み:

« ”マスコミは社会の敵”というコメントに共感しました | トップページ | 小沢氏政治資金=陸山会事件はただの妄想・勘違い事件だった »