« 太陽光発電※海外メーカーの価格訴求を迎撃する三菱のコンセプトに”日本”の生き方を見る | トップページ | 参院選の予想議席数だと日本の国会は機能不全になる »

2010年6月26日 (土)

思うところがあって新聞広告を中止した裏話

昨年はかなりの新聞広告を出した当社ですが、直接的な費用対効果を広告の問い合わせによる売り上げ粗利×20%÷広告費用としてみてみると、マイナス84%くらいで悲惨な状況でした。

にもかかわらず、社名の認知度アップ、リーズナブル価格の浸透による市場活性化というほうを副次効果として意識していましたので、あえて直接的な費用対効果の悪さにめをつぶって、おつきあいもかねて昨年同様の今年もそれなりの本数の新聞広告を出そうとしていました。

限られた広告スペースで、発電設備の支払いより発電の収入のほうが上回るということをいかに伝えるか、ということで作ったのがこちらの原稿です。

2

ところがどっこい、新聞社の編集のほうからクレームが入りました。

発電量など確定できない情報を記載するのはまかりならんということになりまして、原稿の大幅な変更を求められてしまいました。

そもそも費用対効果がなかった高額の広告を、訴求効果を半減させてまで掲載する意味もないかと思い、結局のところ、あほくさくなってやめにしたしだいです。

ちょうどマスコミ各社の政治部記者とか編集幹部が、長年にわたり機密費でこずかいをもらっていた裏話とか、情報工作員として組み込まれていた裏話とかが明らかにされたときです。そうした報道人としての信義にかかわる”報道とカネ”問題にはダンマリを決め込んでいながら、イメージ先行の”政治とカネ”ばかりあおる腹黒さにあきれていたところでした。

偏向報道をつづける媒体に、広告収入を与えること自体どうかという気持ちがあったので、ちょうどよかったのかもしれません。

政策とか政治理念よりも、編集幹部の好き嫌いという個人的感情を先行させた揚げ足取り報道ばかりして、あのときのマスコミ政治報道の”小沢・鳩山たたき”はすさまじいものがありましたね。

せっかくの新政権の政策実現の足を引っ張り、市場の気をマイナスにひっぱりつづけたわけですから、ある意味では、反社会的な行為をしていたともいえるわけです。

社会的に意味のある報道機関ならば、広告の費用対効果が悪くても、お付き合いで目をつぶるということもありますが、無駄な広告費をつかって損をしながら、反社会的なマスコミ報道をささえる意味は皆無です。

その分ユーザーに還元したほうが、よっぽど社会のためになるといえるでしょう。(中日新聞の場合、最近編集方針が変化してきた気もしますので、ここまでいうのは酷かもしれませんが・・・少し前までは、政治面はかなりひどかったと思います。)

新聞広告を出しまくっていた昨年と、新聞広告を中止した今年で比較しますと、正直言って問い合わせ件数自体はさほど変化していません。いったい今まで使ってきた2か月分の粗利金額に相当する高額な広告費はなんだったんだという思いです。

最近、マスコミの広告で、巨大宗教団体の広告が目立つようになりましたし、いままでみかけなかったようなマイナーな企業のCMもよく見かけるようになりました。広告業界でも、地殻変動がおきているのかもしれませんね。

うちも同じですが、マイナーな企業の場合ですと、費用対効果よりも広告を出すということだけで舞い上がってしまう傾向がありますので、すこし値引きされるだけでほいほいのせられてるんでしょう。
しかし、従来の常連の広告主の企業の場合は、逆にシビアに費用対効果を計算して、広告を縮小するケースが多いのではないでしょうか。

現段階では、その穴埋めをマイナー企業とか宗教団体が担っていますが、近い将来、マスコミの殿様商売も行き詰まりを見せると思います。

ろくに勉強もしないで勝手な個人的な感情で好き勝手なことを言ってるコメント芸人とか、昔機密費の肉食接待を受けたような元記者評論家に、高いギャラを払って、テレビ見る気をなくさせてくれるのなら、そんな連中に払うギャラをカットして、その分広告料金を値下げして、費用対効果を確保できるようにしてくれたほうがいいんじゃないでしょうか?

番組の広告スポンサーの商品の代金が、回りまわって、コメント芸人みのもんたとかテリー伊藤とか宮根誠司とか辛坊次郎とか古館伊知郎のギャラになると思うと、正直その商品を買う気がしません。

企業の宣伝部の人もそうしたマイナス効果を冷静に考えたほうがいいと思いますね。

コメント芸人が反感を倍増させているような番組の広告は、不買というマイナス効果を生んでいることも忘れないほうがいいでしょう。

にほんブログ村 政治・社会問題

にほんブログ村 風力発電・太陽光発電

にほんブログ村 団塊の世代

|

« 太陽光発電※海外メーカーの価格訴求を迎撃する三菱のコンセプトに”日本”の生き方を見る | トップページ | 参院選の予想議席数だと日本の国会は機能不全になる »

「マスコミ裏工作」カテゴリの記事

「太陽光発電関連情報」カテゴリの記事

コメント

ジャーナリズム魂のかけらも感じさせない、
偏向報道、目に余るマスコミを利することはありません。
横田管工さんの英断に敬意を表します。

投稿: grassmonblue | 2010年6月27日 (日) 17時51分

温かいお言葉ありがとうございます
これを励みにがんばります

投稿: yokotakanko | 2010年6月28日 (月) 16時49分

いつも興味深く読ませてもらってます。

文章中にあるチラシの画像ですが、設置費用が間違ってないでしょうか?

投稿: taka | 2010年7月 3日 (土) 10時46分

ご指摘ありがとうございます。
複数のメーカーを扱えるためいくつかの広告原稿がありまして、今回はシャープ4.07kwのほうの原稿をのせました。
たぶんもともとの価格が高い三菱4.07kwを想定した原稿を添付した当社の配布物などをご覧になられたと思います。
そちらでは工事費込み税込み国の補助金差し引き後金額の総費用が1、699、600円金利3.15%の分割180回払い11,860円にしてありますので、税込み金額で42,000円違いますのでご指摘のとおりです。

通常メーカーによりシステム出力が微妙に違うのでシステム出力だけでメーカーを区別できるのですが、新製品の出力アップで、シャープと三菱のシステム合計出力が同じケースが増えました。参考までに例示しておきます。

シャープ163x25=4.07kw
三菱  185x22=4.07kw

シャープ163x21=3.42kw
三菱  190x18=3.42kw 

投稿: yokotakanko | 2010年7月 3日 (土) 11時59分

価格の回答有難う御座いました。
実は、1,699,600円が1,6579,600円になっていたのが変かなと思っただけでした。

初書き込みで、突っ込み入れてしまってすみません(*´v゚*)ゞ

投稿: taka | 2010年7月 6日 (火) 10時53分

1,657,600円のつもりでいたんですが、すごい間違いをしていたことに、今まで気づきませんでした。
ご指摘ありがとうございました。
その意味でも出稿しなくてよかった・・ということになります。

投稿: yokotakanko | 2010年7月 6日 (火) 16時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528455/48728401

この記事へのトラックバック一覧です: 思うところがあって新聞広告を中止した裏話:

« 太陽光発電※海外メーカーの価格訴求を迎撃する三菱のコンセプトに”日本”の生き方を見る | トップページ | 参院選の予想議席数だと日本の国会は機能不全になる »