« 郵政マネー国外流出を阻止!通貨危機=日本沈没から日本を守ろう!! | トップページ | 売国密約=通貨危機を想定した食料エネルギー統制の意味 »

2010年6月16日 (水)

増税するなら巨大宗教法人課税(消費税3%分の税収)を考えよう!!

菅総理は景気後退にならない増税のあり方を提案するそうですが、消費税が上げられれば、当然ながら大幅な売り上げ減につながることは誰でも想像できます。

世界的な金融恐慌の中で、急激な市場の冷え込みを防ごうと導入されたエコカー減税エコカー補助金、エコポイントは、値引き効果となって内需の下支えに大いに貢献しましたが、消費税5%あげれば、その反対で、値上げ効果となるわけですから、急速な市場冷え込みを生むことは誰の目にも明らかです。

自動車の価格が200万円としたら、消費税10%で20万円、マンション価格が3000万円で300万円ですから、とても販売努力で吸収できるような金額ではありません。かなりの市場の冷え込みは覚悟しなければいけないでしょうね。

菅総理の言うように、増税で集まった分が、成長分野の育成にまわされ、何年かして内需の拡大要因とできるシナリオがうまくいくかどうかは別にして、当面は急激な売り上げ減少、資金繰り破綻による信用不安など、数年で国債残高を150兆円も増やしてしまった小泉竹中時代の二の舞で、強烈な税収減という逆の効果を炸裂させるんじゃないでしょうか?

むしろ税を見直すなら、内需萎縮に直結する消費税よりも、景気に関係のない宗教法人などに対する課税強化のほうが合理的だと思います。

表のお金の動きで推計するだけでも消費税3%分3兆円~4兆円の税収増が見込めるわけですし、景気に左右されない安定税収が確保できるわけですから、とくに巨大宗教法人に対する課税は積極的に検討してもらいたいものです。

Images

すぐに課税は無理でも、最低限、会計監査の義務付けなどは即導入すべきだと思います。

現状では、課税対象外ということで、厳しい会計監査が不要なため、裏金つくりも容易なブラックボックスになっています。

そのため匿名投資事業組合経由での金融マフィアと結託した利殖活動などの闇収益を創りやすいこととか、反社会勢力を利用した政治工作を可能にするとか、民主主義の根底を揺るがす政治工作資金の温床となる莫大な資金プールを作りやすくなっています。

最低限、不透明なカネの流れにはメスを入れる必要があります。

カルトがかった巨大宗教団体の場合、信者は年収のかなりの額を上納させられてるわけですから、存在そのものが内需を冷え込ませる存在になっている側面もあります。

課税導入で強制上納に抑制を効かせることで、いままで上納された莫大な金額を、市場に流通させ、内需拡大につなげる効果もあり、一石二鳥でしょう。

零細な寺院教会などは、従来どおりでかまいませんが、年間何兆円もの収益をあげる特定の巨大宗教法人の税とか会計基準のあり方は、このままというわけにはいかないはずです。

とりわけ意識的に司法、マスコミで信者を増殖させ、選挙活動を最優先にしながら、政治力を行使して権力奪取を狙うような、宗教というよりむしろ政治結社といわれる巨大宗教団体に対しては、大いにメスを入れるべきだと思います。

どうせ内部留保されて、幹部の資産増やしにカネ転がしに流用されるのが関の山でしょうから、3兆くらい課税強化で巻き上げたとしても、国内の消費減退=内需減退には結びつかないはずです。

菅新政権が、景気減退を招かない増税をかかげるなら、7兆円もの事業収益があるとされる某団体への課税を真っ先に取り組んでしかるべきでしょう。

来る参院選には、そうした政治結社であるような”偽装宗教団体”に対する課税強化を掲げられる勇気ある政党を応援したいと思います。

PS

ちなみに幸福実現党さんとか、大川隆法さんは、さかんに日本の財政危機を訴えておられていますが・・・、当然のことながら宗教法人”幸福の科学”に対する課税には賛成されるでしょうね・・・

にほんブログ村 政治・社会問題

にほんブログ村 風力発電・太陽光発電

にほんブログ村 団塊の世代

|

« 郵政マネー国外流出を阻止!通貨危機=日本沈没から日本を守ろう!! | トップページ | 売国密約=通貨危機を想定した食料エネルギー統制の意味 »

「ニュース」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

「裏話いろいろ」カテゴリの記事

コメント

全く同感です。

宗教法人に関してはもっと切り込んでほしいと思います。

特に政教分離の原則にも従来の政権とは一線を画す政策がほしいです。

それにしても、太陽光発電など環境技術分野に関してはもっと大胆な政策を敷いて、普及を促進させ、この分野で世界をリードすれば、国家の基幹産業に成長し、税収増にも役立つと思うんですがね

投稿: kaz | 2010年6月18日 (金) 21時38分

大胆な先行投資で日本からエネルギー産業革命をしかけるべきですが、マスコミ推奨のなんちゃってエコ談義のレベルに押し込まれるあたりがとほほです。
多分アメリカの顔色が第一なんでしょうね。
アメリカ議会がしつこく公開を求めたトヨタのプラグインハイブリットの制御プログラムなど、国も力を貸して守らないといけない技術は多いですが、保身に汲々としている日本の政治家のへたれぶりにはほとほと反吐が出ます。
露骨にアメリカの意向に逆らうと中川昭一元大臣みたいに薬殺されかねないですが、逆に工作員を返り討ちにするくらいのSP体制を作って欲しいと思いますね。

投稿: yokotakanko | 2010年6月21日 (月) 20時51分

同感です。自分も消費税については、たびたび記事を綴ってますので、よかったら一度おこし下さい。

投稿: Yukino | 2010年6月29日 (火) 15時52分

仰る事、ごもっとも。
宗教法人課税、大賛成です。
私自身は民主党では無く国民新党に入れるつもりですが。

投稿: 元創価班 | 2010年7月 6日 (火) 12時39分

>yukinoさん
はじめましてシャープでクールな記事かかれてますね
仮面ライダーの最終回の話
知らなかったんで
へえ~の10乗でご馳走様でした。

>元創価さん

わたしも比例は国民新党に入れます。
一連の報道番組をみて、マスコミが一番消したがってるのが小沢さんであり国民新党であるということがすべてを物語ってくれている気がしますね。
なんと言っても、マスコミはCIAの対日情報工作の尖兵ですから・・

投稿: yokotakanko | 2010年7月 6日 (火) 16時51分

いいと思います。
靖国神社からガンガン徴税しましょう。

投稿: おざき | 2011年5月 8日 (日) 06時27分

宗教隠れ蓑に私腹肥やしてるわけのわからん巨大教団からガンガン徴税する政党を支持します!

投稿: yokotakanko | 2011年5月 9日 (月) 11時06分

一般社会と競合する事業や活動を行う宗教法人は、固定資産税課税と、宗教法人そのものの一般なみ課税が必須。一般は固定資産税を払ったり、不動産探しからはじめる。
宗教法人優遇は不要で、文化財として必要な宗教法人は文化財指定をする。
 宗教法人による、優遇された事業や活動は、常識はずれを生じ、正常な社会を駆逐してしまう。

投稿: ライナー | 2011年10月 6日 (木) 22時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528455/48602469

この記事へのトラックバック一覧です: 増税するなら巨大宗教法人課税(消費税3%分の税収)を考えよう!!:

» 【参院選】今実行すべきは「担税能力」をキーワードにした抜本的な税制改革だ!【財政政策】 [ステイメンの雑記帖 ]
 これまで拙ブログでも指摘してきたことだが、日本の国家財政が危機的状況にあるのは言うまでもない事実である。  その主たる要因が、 半世紀にもわたる売国ジミン政権時代の野放図なバラマキ であったことは言うまでもない!  そして始末の悪いことに、バブル経済崩壊以降、大型公共事業の景気浮揚効果が著しく減退したにも拘わらず、莫迦の一つ覚えで大型公共事業ばかりを行いその一方で一般国民に負担ばかりを強いた所為で、 景気が全く浮揚せず財政赤字ばかりが膨らんでしまった のだ!  これぞ、 売国ジミン政権によってもた... [続きを読む]

受信: 2010年6月18日 (金) 01時34分

« 郵政マネー国外流出を阻止!通貨危機=日本沈没から日本を守ろう!! | トップページ | 売国密約=通貨危機を想定した食料エネルギー統制の意味 »