« 郵政防衛を放棄した平沼さんに失望した | トップページ | 郵政マネーをマネーゲーム市場に放出させていいのか? »

2010年7月 4日 (日)

財政再建の名の下に政府資産激安放出を狙うマフィアのシナリオ

マスコミの誘導する消費税議論にまんまと乗せられた机上の理論派の”へたっぴ”民主党新執行部のおかげで参院の過半数割れ、衆参ねじれ・・・国会機能停止・・・日本のさらなる沈没の流れが見えてきました。

株も外国ファンドの信用売りによってどんどん下げられて、日本の個人投資家の狼狽売りを誘う流れになっています。
おそらく参院選後、民主”トロイの木馬”主導の裏切りによる”郵政見直し法案放棄”=”郵政マネー海外流出”=”日本国債引受資金の不安定化”を合図に、今は高くなっている円も、債権も、ガツンガツンと暴落していくでしょう。(民主内部のネオコンが経済をお勉強してそうしたわなにはまらないことを願います。)

かって、小泉竹中政権時代に日本の優良企業の株式が底値で買いあさられた状況と同じ状況が再現されていくわけです。


そんな中、次の日本の優良資産”買いあさり”の対象とされるのはなんなのか?それが、政府保有資産だということがヒルズの金融マフィアの代弁者”みんなの党”の主張を聞いていてピーンときました。
財政再建の名の下に政府資産が放出されるとき、莫大な利益機会が発生するということは、1000億円もの転売利益が見込まれた郵政の”かんぽの宿”不当廉売疑惑を見ても明らかです。

Imagesca9qk3v2
みんなの党の江田憲司さんが、日本の財政再建のためには、政府資産500兆を処分することからはじめるべきだといっていましたが、500兆円の資産を2割安く不当廉売するだけで、差益で100兆円もの莫大な利益が発生することになります。(マフィア連中の100兆円の利益は日本国の100兆円の損失の裏返し)

G090515

狙いは100兆円もの莫大な利益・・・それを考えれば、この一年間の民主小沢鳩山つぶしのすさまじいキャンペーン=裏社会勢力もからんだ一連のマスコミの世論工作・政治工作のすさまじさもわかる気がしますね。

マスコミの”肉食乞食”の”コメント芸人””政治部記者”に誘導されるようなB層な国民は、死ぬまで気づかないかもしれませんが、少しでも多くの国民が深層で仕掛けられている真相を見抜き賢明な選択を広げていってもらいたいものです。

マフィアの手下の日本のマスコミは伝えませんが・・欧米金融マフィアは日本の金融資産大放出を待っています!!
注目!!「日本人の貯金350兆円が手に入る」 英フィナンシャルタイムス
http://www.asyura2.com/10/senkyo89/msg/713.html

日本を食い物にする強欲マフィアとその手下のマスコミ・政治屋は許せないという人は応援よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 政治・社会問題

にほんブログ村 風力発電・太陽光発電

にほんブログ村 団塊の世代

|

« 郵政防衛を放棄した平沼さんに失望した | トップページ | 郵政マネーをマネーゲーム市場に放出させていいのか? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 財政再建の名の下に政府資産激安放出を狙うマフィアのシナリオ:

« 郵政防衛を放棄した平沼さんに失望した | トップページ | 郵政マネーをマネーゲーム市場に放出させていいのか? »