« 価格が低いと落札できない公共工事の競争入札の不思議 | トップページ | NHK大越キャスター小沢鳩山復活の予感に思わず舌打ち »

2010年8月18日 (水)

驚き!菅総理は一部上場企業の重役の息子だったらしい

庶民派を売りにしてこられた菅総理ですが、実はお坊ちゃんだったということを最近知りました。
Photo_2

ここ数年、品のなさ、貧乏くささが際立ってきてるんで、”庶民出身だと、年をとると、貧乏くささが際立ってくるものかなあ”と、わが身の行く末を思いながら、最近の菅さんのことを見ていたんですが・・・・、
なんとお父様は菅寿雄さんという東証一部上場企業セントラル硝子の常務取締役だったということを知り、驚くとともに、すこしほっとしました。

今の菅さんの品のなさ、オーラのなさ、貧乏くささというものは、庶民出身に起因するものではないということですからね。

当然のことながら、庶民出身でもりっぱな総理の品格を兼ね備えることができるわけで、菅総理の品のなさは出自というより、これまでの彼の人生に起因するということでしょう。

人間の顔は、その人の生き方が刻まれるといいます。

仁義を踏みにじり、人を踏み台にして、ずるがしこく、自己保身、成り上がりを重ねてきた人間は、地位に反して、どんどん悪相になったり、貧相になるといいます。

今の菅総理が発する貧乏くさい卑怯者のオーラというものは、彼の生き方の発露なのかもしれません。

政策論争のようなものなら理屈でなんとでも取り繕えますし、政治謀略というものも人としての良心を捨て鬼畜に徹すれば実現できますが、最終的な勝負の決め手になる”ひとのこころを動かす”ということは、ごまかしが効かないものだと思います。
菅総理の一番の側近が大臣に抜擢された荒井大臣とのことですが、政治資金でキャミソール代金を計上するような人物が、菅総理の人望のレベルを如実に物語ってる気がします。その意味で、菅という人物に対する評価はどうにもならないところまできた気がします。いくら朝日新聞の船橋工作員がバックアップしてもみっともなさが上塗りされるだけでしょう。

この何ヶ月か仙谷さんという”腹黒さの化身”みたいな人物と手を組んでから、菅さんの人間性の評価が一段と下がった気がしますが・・・解散=落選=失業の恐怖でゆさぶって、来る民主党の代表選挙で菅支持にまわるように新人議員の個人面談をはじめた菅総理ですが、それに乗っかるようなあさましい新人議員の人相にも、卑しさが刻まれていくことでしょう。

どんな優秀な人物でも、生き方に美学を貫けない人物には、国の行く末を託する気にはなれません。どの議員が菅支持に回るか、しっかり記憶していきたいと思います。

PS 最近ネットで不正アクセス・マルウェア散布が増えてる気がします。仙谷機密費でネット工作してるかもしれませんね・・・菅・仙谷政権よりも谷垣政権のほうが精神衛生上ましだと感じる今日この頃です。

にほんブログ村 政治・社会問題 にほんブログ村 風力発電・太陽光発電 にほんブログ村 団塊の世代

|

« 価格が低いと落札できない公共工事の競争入札の不思議 | トップページ | NHK大越キャスター小沢鳩山復活の予感に思わず舌打ち »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

「裏話いろいろ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528455/49183177

この記事へのトラックバック一覧です: 驚き!菅総理は一部上場企業の重役の息子だったらしい:

« 価格が低いと落札できない公共工事の競争入札の不思議 | トップページ | NHK大越キャスター小沢鳩山復活の予感に思わず舌打ち »