« 名古屋城に火縄銃の轟音響く・・死と向き合うから輝く命がある | トップページ | 価格が低いと落札できない公共工事の競争入札の不思議 »

2010年8月15日 (日)

英霊たちは今の日本に何を想う・・戦後日本をやり直そう

65年前に戦死した日本の兵隊の霊が現在の日本に帰ってくるという設定のドラマをやっていました。
あの65年前の人たちが残した遺言に接し、未来の日本へ託した深い想いに感じいったものにとって、”心の豊かさを喪失した、虚飾の繁栄に腐臭をはなっている”現代日本の有様は、まことに申し訳ない有様だといえるものです。
この時期にこういうドラマが作られるということは、同じことを感じる人が多いのだと改めて感じました。

昭和19年 特攻出撃前の陸軍飛行隊員

Photo

CMに寸切りされる短い時間の中で、伝えたいメッセージが山盛りだったようで、無理無理にセリフを押し込んだ進行は、ドラマというより”ひとり語り”の舞台を見てるような感覚にとらわれるところが随所にありました。

”戦後日本はただの便利さを豊かさと間違えてしまった”

”貧しくても幸せになれるということを忘れた”

”子供たちが歌わなくなったというのなら、子供たちがまた歌えるようになるまで、子供たちを信じて、歌うこころを、命ある限り伝えていってほしい”

主なセリフをつなぐと”あたりまえの人のこころを大切にすることからはじめようよ”というシンプルなメッセージが伝わってきました。

”日本はいつから間違ったんでしょうか”と問いかける象徴的なシーンがありましたが、戦後日本の心の喪失は、7年間のアメリカ占領政策で意識的に作られ、過去と未来をつなぐ世代の断絶が刻み込まれたことが一番だったと思います。

占領教育をうけた世代の人たちには、教育現場でそれまでの日本の価値観の否定が徹底して叩き込まれたわけですが、マスコミを通じても、過去の日本的価値が”不合理なもの””非効率なもの”として否定尽くされてきました。そのことが、魂の継承を遮断する大きな世代断絶を生んだのではないかと思います。

同時に、戦後のどさくさで日本人帰還民になりすまして大量流入した半島出身の”新日本人”とその子が多い”団塊世代”などは、それまでの日本人と異質のDNAをひろげ、利己主義的・物欲・金銭欲中心の価値観を蔓延させたのだと思います。

2000年にはいってからの、政財界のおける日本の精神の崩壊は著しいものがありますが、戦後日本の再建を主に牽引してきた戦前教育世代が引退され、異民族の血を引く小泉元総理などに代表されるような戦後占領教育世代に代替わりしたことも大きいのではないでしょうか?

民族自決よりも経済成長を最優先にした”吉田ドクトリン”(麻生元総理の祖父吉田茂元総理が提唱した属米経済繁栄路線)という選択が、日本に”世界第二の経済大国”という栄誉を与えたかもしれません。しかし、その反面、”民族のこころ”という、もっとも大切なものを、この国から奪い取っていったんじゃないかと思います。

本当の日本らしい生き方を,日本の政治が模索するチャンスは何度かあったと思いますが、検察とマスコミを裏支配するアメリカのスキャンダル攻勢の前に、脱米志向をする政治家がつぶされる流れが繰り返され、今日のグダグダの政治状況にまでつながったんじゃないでしょうか?

日本の国民ももっと賢明に”マスコミは情報工作機関の手先である工作員の巣窟である”という事実に早く気づくべきだったと思います。

その意味で、こころの敗戦という第二の敗戦を迎えているのが現代の日本かもしれません。

65年前の戦争で散華したあの日の日本人の気持ちを思い出し、シンプルに、”人のこころを大切にする”という基本にかえって、かき消されつつある”日本らしさ””人間らしさ”をとりもどしていく・・・・、どん底に沈みつつある今だからこそ、その新たな一歩を踏み出す時だという気がします。

Photo_2

北アルプスをのぞむ、長野県松本市美鈴湖にある殉国学徒慰霊塔の下にある碑文

美しきわが愛する祖国の山河、俺を愛し温めてくれる人々、それらを守るべく俺は全身を奮おう

その前程に快き捨て身の道あればそれを辿ろう

厭わしく呪うべき死あるもまた止むを得ない

万一僥倖の生あらば君と歓談し痛飲する機もあろう

俺は今そんな気持ちでいる

海軍少尉 小森寿一

090106_019

にほんブログ村 政治・社会問題 にほんブログ村 風力発電・太陽光発電 にほんブログ村 団塊の世代

|

« 名古屋城に火縄銃の轟音響く・・死と向き合うから輝く命がある | トップページ | 価格が低いと落札できない公共工事の競争入札の不思議 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528455/49151058

この記事へのトラックバック一覧です: 英霊たちは今の日本に何を想う・・戦後日本をやり直そう:

« 名古屋城に火縄銃の轟音響く・・死と向き合うから輝く命がある | トップページ | 価格が低いと落札できない公共工事の競争入札の不思議 »