« 9月発電量・・猛暑が終わり、都心と地方の発電効率の差が縮まる | トップページ | 小沢氏石川氏の無実を示す土地登記簿画像発見 »

2010年10月 3日 (日)

続々前田検事の捏造捜査露見・・・福島県知事汚職事件も捏造

情報機関の検閲が厳しい大手マスコミ報道では取り上げられない真実も、地方紙から得られることがあることを最近知りました。真実にアクセスしたい方はマイナー紙は要チェックです。

東北地方の地方紙”河北新報”ですが、ニュースのツボをおさえているのは、質がいい記者がいるんでしょう。押し付けがましいコラムとか社説が腐臭を漂わせている某大手とはえらい違いです。過去記事にアクセスするために会員登録することにしました。

”河北新報”の取材によると、証拠FD書き換えで逮捕された大阪地検の前田検事ですが、東京地検時代に担当した福島県知事の汚職事件でも調書捏造していたそうです。

ちなみにこの事件は、元福島県知事の佐藤さんが無実を訴えていますが、不本意な調書をとられ自責の念から自殺した人も出た事件です。自分の出世のために調書を捏造し、人を自殺に追い込む特捜検察の闇は、一部の検事個人の問題ではなく組織的な体質の問題として徹底して洗い出すべきだと思います。

鈴木宗男さんの場合も、政治資金として公開していた政治献金を、密室での取調べで強要された供述調書によりわいろ認定され、収賄で有罪とされたわけです。調書の内容を否定した証人である”やまりん”社長が脳梗塞で倒れられたために、公判で無実を晴らせないまま収監される宗男さんの無念はいかほどのものでしょう。

※記事最後尾に動画アップしてありますが、マスコミを利用して犯罪を捏造していく検察の手法をリアルに語る鈴木宗男さんの訴えは必見です。

事実にかかわりなく、強引に認めさせられた供述調書が、唯一の有罪証拠とされてきた特捜検察の立件案件ですが、特定政治家を失脚させるために、恣意的に作られる危険性を見逃すことはできません。

さらに、その検察捜査の恣意性を利用して、政敵を追い落とすために利用する政治手法が存在することも事実だと思います。まともな客観的証拠がなく、プロならば恥ずかしくて検察としては立件できないような事案も、検察審査会という素人の議決を隠れ蓑に、意図的に誘導して強制起訴できる制度がコイズミ時代に作られまして、司法が政治利用される懸念がますます高まっています。

密室で行われる検察審査会という制度の盲点を利用して、自らの政治権力の強化に悪用しようという、まともな日本人ならできないことも、センゴクという権力保持強化を自己目的化した内ゲバ長官ならやりかねないわけで、司法の危機・民主政治の危機はきわまっているといえるのではないでしょうか?

そうした検察審査会の危険性をふまえて、鈴木宗男さんは検察証人聴取の可視化とともに、検察審査会の審議内容の可視化を訴えていました。(添付動画参照)

北海道の地域政党”新党大地”が、可視化法案の成立にむけて、署名運動を始めたようですが、司法の政治利用をなくすためにも、取調べの可視化で調書捏造を防ぐことは必要になると思います。

にほんブログ村 政治・社会問題 にほんブログ村 風力発電・太陽光発電 にほんブログ村 団塊の世代

以下引用

河北新報ニュース

前田容疑者 「架空の調書作成」福島県汚職元県幹部明かす

http://jyoho.kahoku.co.jp/member/backnum/news/2010/09/20100923t63025.htm

押収資料を改ざんしたとして証拠隠滅容疑で逮捕された大阪地検特捜部の主任検事前 田恒彦容疑者(43)が東京地検特捜部時代、捜査にかかわった福島県発注工事をめぐる汚職事件で、事情聴取された元福島県幹部が「言っていないことまで供 述調書に記された」と話していたことが22日、関係者への取材で分かった。
 関係者によると、元県幹部は県やゼネコン関係者が一斉に聴取された2006年夏以降、東京地検特捜部で事情聴取を受けた。県発注工事で談合があったかどうかや、業者との関係などの説明を求められたという。
 聴取後、県幹部は「自分は談合などに関して供述しなかったのに、担当検事(前田容疑者)は供述調書を作成した」と関係者に語ったという。
  関係者によると、前田容疑者は贈賄側(時効)の水谷功・元水谷建設会長の事情聴取も一部担当。水谷建設が02年9月、収賄側の前知事佐藤栄佐久被告 (71)=上告中=の実弟祐二被告(67)=同=が経営する「郡山三東スーツ」に融資した1億円の趣旨を取り調べたという。検察側は、この1億円もわいろ に当たると主張したが、一審東京地裁判決、二審東京高裁判決ともにわいろと認定しなかった。
 栄佐久、祐二両被告の弁護団は「捜査にかかわった前田容疑者が逮捕されたことで、供述調書など福島県汚職事件全体の証拠の信用性が低いことが明らかになった」という趣旨の上告補充書を提出する方向で検討している。
 栄佐久被告は河北新報社の取材に対し「前田容疑者がどんな検事か知らないが、彼にかかわらず、検察は拷問のような取り調べをしていた」と検察を批判した。

共同通信

前田検事”捏造ほのめかす”供述

http://news.nifty.com/cs/headline/detail/kyodo-2010092901000044/1.htm

大阪地検特捜部の押収資料改ざん事件で、証拠隠滅容疑で逮捕された主任検事前田恒彦容疑者(43)が、最高検の調べに対し、フ ロッピーディスクの最終更新日時の書き換えが故意だったことをほのめかす供述を始めたことが29日分かった。

当時上司だった大坪弘道前特捜部長(現京都地 検次席検事)は「故意に書き換えたとは聞いていない」と説明。前田容疑者はこれまでの取り調べに対し、故意による書き換えを否定していた。

引用以上

シンポジウム 鈴木宗男・検察を語る 動画

 

にほんブログ村 政治・社会問題 にほんブログ村 風力発電・太陽光発電 にほんブログ村 団塊の世代

|

« 9月発電量・・猛暑が終わり、都心と地方の発電効率の差が縮まる | トップページ | 小沢氏石川氏の無実を示す土地登記簿画像発見 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 続々前田検事の捏造捜査露見・・・福島県知事汚職事件も捏造:

« 9月発電量・・猛暑が終わり、都心と地方の発電効率の差が縮まる | トップページ | 小沢氏石川氏の無実を示す土地登記簿画像発見 »