« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月29日 (月)

今国会で思うこと=自民の罵倒ばかり目だったが、政策論議もできない政党だったっけ

カーラジオなどで今国会を何度か垣間見ることがありましたが、万年与党で建設的なのが売りのはずだった自民党の質疑の中身のなさにはほとほとあきれてしまいました。

与党時代政策論議のシナリオも官僚の振り付けがあったからできていただけで、そもそも本当の実力はなかったのかもしれませんね。

自民党の一昔前の世代は、保守の矜持みたいなものを感じさせる風格がある方が多くみうけられましたが、”コイズミネオコン”とか”安倍ちゃんお友達内閣”の焼き直しみたいな執行部は、民主のネオコンと同じで、”口げんかが得意なだけのくそガキ”みたいなのばかり目に付くのでげんなりさせられます。もっとましなの出せよ~という気分です。

対する菅内閣の対応も、官僚のマニュアルどおりの事務的な返答ばかりで、不毛な内容で、こんなちんけな国会ショーのために、官僚の作文時間も含めて多大な税が使われてるとしたら、国会議員そのものを仕分けの対象にしやほうがいいんじゃないかと思ってしまいますね。
むしろ与党の民主党議員のほうが、具体的な政策課題に踏み込んだ質疑をしていたようで、なんだかなあの気分です。

国会最初の質疑の中心を占めた小沢さんの”政治と金”での国会招致の問題にしても、”政治と金”というフレーズだけが一人歩きしていて、”この人たち本当に具体的な事実関係わかっていててしゃべってるの?”という感じがしました。

機密費もらって毎晩赤坂通いをして、クラブのチーママくどきに忙しく、事実確認もしないで思い込みだけでテレビで適当なことをいってる大新聞の編集幹部と同レベルなんじゃないでしょうか。

やたら知ったかぶりしてテレビで解説してる新聞社の幹部なんか、”具体的にどんなことが犯罪事実ですか?”と聞いてあげたら、むにょむにょガセネタの疑惑をつぶやくだけしかできないでしょうし、”ええ!それがガセネタだったのまだ知らないんですか?わあ~編集長の癖に情弱っ~!どんくせっ~!”て、一発かましてやったら、”だって世論調査でも80%の国民がうにょうにょ~”としかいえなくなるんじゃないでしょうか?

その時は”報道関係のあんたが情弱80%の世論盾にしてどうすんだい!ますますどんくせっ~!この高給どろぼう!”てかましてやれば、撃沈しちゃうんじゃないかと思います(爆)。

そんなマスコミのレベルの低いクズ幹部に便乗して、税金で何千万円もの給料もらって、”国会に出て説明しろ””疑惑隠しは許さない!審議拒否だ!!”とかやってる野党も野党なら、代表選挙で小沢氏にかけられた”政治と金”の冤罪を利用してしまったばかりに、反論もできずにもじもじするしかない菅総理も岡田幹事長も、税金の無駄遣いそのものです。

岡田幹事長の立場だったら”一連の疑惑のもとになった証言・・みんなガセネタだったことが分かりました。事実が明らかになった以上この厳しい世界情勢、経済情勢の中でガセネタで国会審議をとめる無駄は許されません!”と一喝しておしまいにすれば済む話だと思いますが、岡田さんもガセネタに乗せられたことを反省して仕切り直しすればいいのに、それができない意地っ張りで中学生坊主みたいですね。

そもそも小沢さんが国会で説明するとしても、記者会見でなんども説明してきたとおり、

”不正な献金は受け取っていません。”

”会計処理の細かい部分は担当秘書に任せてきましたが、適切に行われているものと信じてきました。”

ということの繰り返し以外答えようがないと思います。だいたい国会招致を求める国会議員の人たちも、勝手にかけられた疑惑に対して無実の証明などできるわけないということがわかってていってるわけで、本当に意地が悪い人たちだと思いますね。

西松のダミー組織迂回献金という証言も、水谷建設のダム工事受注に対するヤミ献金という話も、出所がいかがわしい情報屋の流したガセネタに、真偽も確かめずに検察が乗ってしまったというのがそもそもの発端じゃないですか。

そうした事実無根だったことが明らかになっているガセネタを、わざわざテレビ中継のもとで問いただして、どんな意味があるのか逆に問いただしたいですね?

真相解明といいつつ、犯罪を問える事実がないことがわかっていても、あることないこと質問で取り上げることで、疑惑があるように印象付けたいだけ、という腹黒い政治的意図があるっていうことなんでしょう。

不思議なのは小沢氏の身内である民主党執行部まで、疑惑があることが前提になってるような対応ばかりしていて、相当なあほか、わざとだとしたら相当な”腹黒大魔王”だと思います。

鈴木宗男さんの国会喚問の時に明らかになりましたが、犯罪事実がなくてもあのような形で、国会招致が行われ、疑惑として質問されれば、なにか犯罪事実があるかのような印象を与えられます。そうした悪い印象が国民の中で醸造された状況では、無理筋の逮捕でも許されてしまうという恐ろしいことが現実に起きてしまいます。

鈴木宗男さんが有罪とされた収賄容疑は、正規の政治献金として公表されたものを、献金者が取調べで”賄賂性があった”と供述したという特捜検察の調書(証言者本人が後日否定しても裁判で採用されず)により、でっち上げられたものです。そうした不当なでっちあげ立件逮捕が許されたのも、あの国会喚問で鈴木氏に投げかけられた、ガセネタにもとづく質問による印象誘導があったからだということを冷静にふりかえり、その危険性を十分認識しないといけないと思います。

そうした良識を欠如させ、魔女狩り裁判をさせないから審議拒否だとかいう議員は、民主政治を担う資格がないタダのゴロツキとして断罪されるべき存在だと思います。

にもかかわらず、いまだに”政治と金””小沢氏国会招致”とかいってるマスコミの連中、野党の人、それを党内の内ゲバに利用しようとする与党の面々・・何考えてるんでしょうかね。日本はいつから目先の利害最優先でこんなにモラルを喪失した社会になったんでしょうか。ほとほとゲンナリさせられるばかりです。

そもそもの小沢氏の”政治と金”のガセ疑惑の原因をつくったのは、検察とマスコミ編集幹部です。記憶力があり、論理構成力があれば、勘が鈍くても、情がなくても受かる司法試験に受かっただけの世間知らずな検察の連中はともかく、まがりなりにも社会のいろんな分野の人間と交流があるはずのいい年をしたマスコミ編集幹部まで、自分たちの過ちを認めないのには、大量の”こども大人”を生みつつある現代日本の病理の深さを象徴しています。

彼らの大部分は70面下げてるから、孫もいる年代です。自分の孫には、”間違いを起こすことは誰でもある。大事なのはそれを素直に認めて謝ることができるかどうかということだよ。”ともっともらしい講釈をたれていそうですが、”その言葉を早速自分で実行してくださいな”といってやりたいです。

一連の小沢氏の”政治と金”問題の発端となった報道のすべてが、事実無根だという小沢氏小沢氏秘書の説明どおりだったという事実があきらかになっている現在にいたっても、マスコミは誤報を国民世論調査など別の報道でごまかそうとしています。
ガセ情報を垂れ流して拡散したマスコミの編集幹部が、”すみません!ガセネタに飛びついて拡散してしまいました!ほんとすみません!”と正直に正しい事実を報道したら、犯罪事実なんてありえない”政治と金”で無駄に時間を浪費させられずに済んだわけですから、いまだに意地をはってるマスコミ幹部の罪は重いです。

野党の人たちも、クズのマスコミの開き直りに便乗して政治利用するようなクズなことしていたら、本当の支持は得られないということを肝に銘じたほうがいいです。つい2ヶ月前、マスコミの小沢氏たたきに便乗した菅総理がどんな運命をたどっているか?他山の石にして来年の国会はもう少しのまともな救国政策をどんどん打ち出す国会にしてもらいたいものです。

にほんブログ村 政治・社会問題 にほんブログ村 風力発電・太陽光発電 にほんブログ村 団塊の世代

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年11月27日 (土)

太陽光発電補助金補正予算分概要公表

国会の終盤で参院で否決された補正予算案が、
衆院優位の憲法の規定で通過できました。
おかげで、玉切れしそうだった太陽光発電の設置の補助金予算が
追加され3月まで5万件ほど補助が上乗せされるようです。

とはいえ5万というのも、新築で先食いされると
年明け早々になくなるレベルです。
政治が、権力争い主体で来年度予算がどうなるかわかりませんので、
お考えの方は、早めに導入を準備したほうがいいと思います。

現在の設置費用は
http://www.yokotakanko.co.jp/cgi-bin/yokotakanko/siteup.cgi?category=1&page=1

補助金差引・工事費込・税込・1kwあたり40万円
今の1kw48円の売電価格だと
1kwあたりの年間売電予測900kwh~1000kwhで4~5万円
売電分だけでも10年以内で償却可能です。


【住宅用太陽光発電導入支援対策基金造成事業】

補正予算額:145億円(5万件相当 4kW/システム条件の場合)

○住宅用太陽光発電システムを設置する者に対して定額の補助を実施することによ
り、 住宅用太陽光発電の導入を加速します。

○平成22年度当初予算による上記事業は、その申請期限が年末となっていました。
 今回の経済対策で、既存の住宅用太陽光発電導入支援対策基金に増資を行うこと
 によって、その申請期限を平成23年3月まで延長します。

○市場拡大によって住宅用太陽光発電システムの価格低下を実現し、住宅分野での
 更なる大量導入を目指します。

以下の要件を満たす太陽光発電システムの設置を行う者。
(注:条件変更はありません)

①変換効率が一定以上のもの
②一定の品質・性能が一定期間確保されているもの
③kWあたりのシステム価格が65万円以下のもの

補助金の額:定額(7万円/kW)

にほんブログ村 政治・社会問題 にほんブログ村 風力発電・太陽光発電 にほんブログ村 団塊の世代

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月26日 (金)

本人が署名でも無効のスタンプ続出!名古屋リコール署名縦覧で発覚!

古い角川映画”人間の証明”のコピー”お母さん!僕のあの帽子どこへいったんでしょうね?”じゃないですが、”正直者があふれる古きよき日本の社会はどこへいったんでしょうね?”というブルーな気分の出来事がつづく今日この頃です。
小沢氏に対する検察審査会による法に基づかない強制起訴手続きに対する最高裁への抗告が却下され、手続きの違法は黙認=法律よりも、政治的な力関係が優先するという判例を最高裁がつくって唖然とさせられたかと思えば、46万名古屋市民の意思表示が12万も無効とされ、リコール不成立が確実にされるし、海の向こうでは落ち目のアメリカの威信回復の機会をつくるためのデキレースのような北朝鮮の軍事挑発はおきるわで、今週はろくなことがありません。

とくに、日本一クラスの高額報酬をもらっている名古屋市選挙管理委員会の、署名した人の善意を踏みにじるような腹黒い作為には、腹が立って仕方がありませんでした。

なにか悪巧みの尻尾をつかめないかと思って、本日縦覧会場に行ったんですが、自分の署名のある署名用紙みせてもらったら、近所の人が近所を回って集めていた、本人によるまともな署名に無効のスタンプがバタバタ押してあることを発見し、市議会OBの指定席になっている選挙管理員会への疑念がますます高まったしだいです。

実際に署名集めの様子を傍目で見ていただけに、町内の人が集めていた自分の署名がある用紙に、無効のスタンプがバタバタ押された様子をみて”なんじゃこりゃ~?”とぶっとんでしまいました。
ひょっとして二重に署名したようにダミーの署名用紙を捏造して、まともに町内で受任者が集めた署名を無効にしておいて、ダミーのほうを再審査に回すというように、手の込んだ仕込をしたんじゃないかと思うくらい、近所の人の署名用紙が無効スタンプで埋まってたんです。
後で近所の人から、住所が書ききれなくて住所の番地までしか記入しなかったら無効にされたとかいう話を聞きましたし、署名再審査中に亡くなった方が生前に署名したものが無効になったりしてましたが、ちゃんと近所を回ってとったた人の署名用紙であの無効のスタンプの数はそんな理由だけじゃないですね。
高齢者で字がうまく書けてなくて誤字としてはねられたとか、訂正印をおさずに書き直したのをはねられたとか、選挙でもないような異常な厳密さが原因とも考えられますが、はじめに不成立ねらいの数字ありきで、別の仕掛けがあるんじゃないかという疑念が思い浮かびました。
つまり街頭との二重記名の場合、受任者の記名があるほうを無効にして、受任者の記名のないほうで署名確認の郵便を送り、受任者と返答した分は無効にする、などの腹黒い作為があったんじゃないかと思えるんです。
また、わざとダミーの偽署名用紙を混入させて、本署名を二重署名で先ず無効にしておいて、後からダミーのほうも偽造署名ということで没にすることも可能で、疑いだすと疑念は膨らむ一方です。迷ったら人相を見るんですが、委員長の顔をみればみるほど胡散臭いんですよね(爆)
Photo  無効判定を乱発させた伊委員長

これまで期日前の本人確認をいい加減にして、替え玉投票を全国的に放置していたといわれてもしかたがない各地の選挙管理員会です。習志野市の開票会場では、服に票のたばを隠しこんでるような挙動不審の動きを目撃されているように、うさんくさい人選がまかりとおる不透明な選挙管理委員会ですから疑いだすときりがないんですね。そもそも市議会OBの指定席ということが胡散臭いですし、密室でなんとでもできる存在だけに自分たちに都合がいいようにしているんじゃないかと思えてしまいます。

署名をしたすべての名古屋市民に訴えます!自分の署名がどうゆう扱いになっているか確認してください!本人が書いた署名でもかなりの確率で無効にされている可能性があります!有効になっているか無効とされているか!署名を無効とされた本人からの異議申し立てが、一日500件(二日目で1900名)もあった自体が異常事態です!とにかく自分の署名がどうゆう扱いになっているか確かめましょう!

縦覧の期間はたったの一週間ということですが、審査も法の規定を逸脱して一ヶ月延長したのですから、縦覧も延長してもらって署名がした本人が全員確認して、選挙管理員会内部で不正がされてないか確認する必要があると思います。

日曜日でも区役所で署名確認できます!ぜひ本人確認してください!とくに字がうまくかけない高齢者の署名が狙い撃ちにされています!意外な事実に怒りがわくはずです!

にほんブログ村 政治・社会問題 にほんブログ村 風力発電・太陽光発電 にほんブログ村 団塊の世代

| | コメント (1) | トラックバック (0)

選挙目当ての腹黒いシナリオに要注意!名古屋市会議員選挙区別当選リスト(一覧画像)公開!

名古屋市議会議員前回選挙当選リスト(一覧画像)公開!選挙目当ての腹黒いシナリオに要注意!

名古屋市選挙管理委員会は、後付けの厳密な規定の適用により、署名議会リコール署名で集まった46万5千のうち12万2千の署名を無効とし、リコールは不成立となりそうです(縦覧初日で無効異議申し立て500名ありましたが)。

人口200万人を超える大都会で有権者の四分の一の署名を一ヶ月で集めるということ自体ハードルが高いです。それに加えて、同じ区の受任者か請求者への直接対面かどうか、家族の代筆かどうか、ということまで厳密に審査されたら、5000人の個別訪問のプロを組織して、区割りをして、組織的に署名集めするくらいのことをしないと難しいと思っていました。
当然のことながら、宗教団体でも政党組織でもない普通の市民の寄せ集めでは、奇跡に奇跡を重ねないと実現不可能で、そんな中あれだけの署名を集めた名古屋市民は立派だと思います。

後半奇跡的に署名が集まったのは、有象無象の市民の意思が、署名集めに駆り立てられたからだと思います。

それに杓子定規の重箱の隅基準をあてはめて、難癖をつけた市議会OB比率75%の選管のとうてい土着日本人とは思えない無粋さはなんなんでしょうね。

市民の意思表示としての署名をどう審査するか?形式にこだわるか意思表示を重視するか?により最終結果が左右されると思っていましたが、残念ながら後付も含めて形式を重視した判断を下したようです。

昨日公開された署名簿の縦覧では、無効とされた署名の本人の異議申し立てが500名近く殺到したとか・・・杓子定規の形式至上主義が生んだ前代未聞の騒動になりそうですね。

過去集められた署名数ではダントツ一位の達成ですし、有効とされた署名の数も、市議会議員で現市議会議員に投じられた総投票数を上回る数字(掲載画像・前回選挙投票結果一覧参照・落選者を含めても総投票数40万しかない)です。
ほんの一部の内通者に仕込まれた爆弾と思われる署名用紙以外は、本人の意思に反して書かれた署名はなく、本人の意思を確認して代筆したものとか、ちがう区の署名に記入したとかの形式違反がほとんどで、意思表示としては46万人の署名が集まったといえたんじゃないでしょうか。
日本人の感覚からいくと、本筋は住民の意思がどうかということだから、そんなに重箱の隅をつついて難癖をつけたりしませんが、全国でもめずらしく破格の高額報酬を市議会で決めてもらって受け取っている元名古屋市議の名古屋市の選挙管理委員会の人たちは、法で定められた審査の期限も破りながら、本人の意思確認よりもしつこく形式上の重箱の隅をつついていたわけで、このえげつない感覚!いったいどこの国からやってきた人たちでしょう(爆)

そんなに厳密さをもとめるなら、組織的替え玉投票の疑惑がある期日前投票でも、本人確認を厳密にしろといいたいものです。

もっともそんなことをしたら、伊藤年一委員長の”お仲間”が逮捕者続出となりかねませんから、絶対しないでしょうが・・・・。

極端に低い投票率の地方議会選挙では、棄権常習者をリストアップして、その人物になりきったナリスマシの替え玉投票を組織的に行える組織力があるところなら、簡単に得票の上乗せができます。市民の意思を忖度せずに重箱の隅をつついている暇があったら、そうした不正選挙の抑止が効いていない現状をなんとかしろよ!と、声を大にしていいたいです。

注、昔は組織的な替え玉投票が仕込まれた事が発覚したそうです。http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%B0%E5%AE%BF%E6%9B%BF%E3%81%88%E7%8E%89%E4%BA%8B%E4%BB%B6

http://soejima.to/boards/past.cgi?room=sirogane&mode=find&page=5&word=%BB%E4%A4%BF%A4%C1%A4%CF%A4%B3%A4%A6%A4%B7%A4%C6%C2%D8%A4%A8%B6%CC%C5%EA%C9%BC%A4%F2%B6%AF%C0%A9%A4%B5%A4%EC%A4%BF&cond=AND&view=5

そんな中、市議会では河村市長の提出した恒久減税案とか議員報酬半減案を容認する動きが出てきて、いいことだと当初は思ったんですが、どうもこれもワナかもしれませんね。自民党は恒久減税に賛成、公明党と共産党は議員報酬半減案に賛成ということですが、それぞれ過半数には届かないわけで、そんな意思表示は選挙対策にすぎないわけで、4月に予定される選挙をにらんだ”毛ばり”かもしれないといううがった見方すらできるわけです。
本気で市長案に歩み寄りを見せるなら、議会の過半数になる調整をすすめるはずですが、かたや自民は減税だけ、かたや公明共産は議員報酬だけというのじゃ、ハナから実現させる気がないインチキくさい話です。そんな中、はっきりしているのは、このままいくと個人的な感情のもつれで意地をはってる民主党市議団が、巧妙な自民・公明・共産の動きに乗り遅れて、議席数を十分の一に減らしそうなマンガみたいな出来事が起こりそうだということです。(掲載してある選挙の票数を見て、前回選挙で民主に投じられた票が、河村支持の新党・無所属に票が流れた場合どうなるか簡単に予想できます。)

選挙区別名古屋市市議会議員リスト!(クリックすると拡大します
(前回市議会議員選挙当選者一覧・法案が成立しないように、党派ごとに別の項目で市長案容認を打ち出した意図=腹黒いシナリオの存在を疑いましょう!)
Jpg

おそらく市議会とつるんだ腹黒い連中のシナリオでは、”署名の不正イメージをあおって河村市長のマイナスイメージを拡大・市長案への歩み寄りの姿勢をみせることで市議会へのプラスイメージ拡大、その間に河村市長を破れる対抗馬を用意して、河村市長を撃沈させる”ということではないでしょうか?

それを察知した河村市長は、機先を制しようと、先に辞任して愛知県知事選挙とダブル選挙を仕掛けるつもりとのこと、今日の中日新聞では一面トップで伝えられていました。

対案作成機能が皆無で、行政に対するYESかNOかしかなく、口利き、情報供与など特定支持層への利害代弁がメイン業務になっている地方議会のあり方をとらえる意味で注目される名古屋の騒動・・既成政党・既存利害団体の壁は厚く今後も紆余曲折がありそうです。正直いいまして河村市長完全支持というわけではないのが悩ましいところですが、”もっとも腹黒い、市政にすくうダニみたいな連中が痛手を負う”方向に”政治力学”を働かせるため、ベストは無理でも、よりベターを計算高く見極めていきたいと思います。これが”巨大な地方都市=なれあい談合都市=名古屋”が変わっていく第一歩だと思います。

参考ブログ記事 晴天とら日和 より(市民の生の声ツイッターとかも紹介)

http://blog.livedoor.jp/hanatora53bann/archives/51621507.html

にほんブログ村 政治・社会問題 にほんブログ村 風力発電・太陽光発電 にほんブログ村 団塊の世代

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月23日 (火)

日の丸つけてて白い眼でみられたかも(甲子園のライトスタンドに迷い込んだジャビットみたい)

各地の検察マスコミの横暴に抗議するデモの動画を見ていて気がつきましたが、ニコニコ動画のコメントで指摘されるように見事に”日の丸がない!”ということがお約束みたいになっていることに気づきました。

労働組合とか政党の主催するデモの場合ですと、赤旗はありますが、国旗が翻っているのをみた記憶がないです。選挙では、日の丸のついた必勝鉢巻はよくみかけますが、そういえばカンさんやセンゴクさんが日の丸のはちまきつけているのを見た記憶がありません。

サッカーの試合でも日の丸当たり前ですし、行事で日の丸掲揚というのも当たり前ですが、ある人たちの中では、日の丸というのがタブーなのかもしれないということをあらためて感じたしだいです。

そういえば、”創価学会のひとは神社の境内にはいれない”という都市伝説を聞いたことがあって、うそだろうと思ってたんですが、実際に聞いてみると鳥居に反応して”頭がいたくなった””気分が悪くなった”という人が少なからずいて、神社=怖いところという幼児期の刷り込み効果のすごさに、脱帽してしまいました。
日の丸アレルギー反応というのも、ある意味、神社にアレルギー反応がある創価学会の人と同じで、マスコミとか教育の刷り込み成果なんでしょうね。僕たちにはない日の丸=軍国主義者という先入観がやたら強いかもしれないです。

無邪気なわたしはそんな事情もすっかり考えず、日の丸が嫌いかもしれない人たち?のところに、べたべた日の丸つけてはいっていったわけですから、微妙な空気の根源になってたかもしれません。一日たっても反省しきりです。
今思えば、トラファンの密集している甲子園球場のライトスタンドに、ひとりで迷い込んでしまったジャビット君がオレンジのタオルをぐるぐる回してるみたいに、かなり場違いな行為をしてたわけで、普段空気嫁とか、暗黙知とかいってるくせに、やってしまった気分です。

にほんブログ村 政治・社会問題 にほんブログ村 風力発電・太陽光発電 にほんブログ村 団塊の世代

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年11月21日 (日)

11.21名古屋は150名参加!画像と動画

皆さん!おつかれさまでした!数名しか集まらないといううわさだったので、覚悟を決めて気合入れたスタイルで参加したんですが、150名以上参加者がいました。後ろの集団にいたんですが、知らない間に回りの参加者が増えていました。

仁義・脱米・共生・日本奪還と書いた日の丸付の黒ヘルで参加しましたが、後で動画のナレーションを聞くと、主催者側では混乱をおこすための危険な工作員かもしれないと思われてたようで、満点大笑いでした。

RCサクセションの忌野清志郎さんなんかも、ライブでゲバ学生スタイルとかしてたんですが、普通の大人の方にしてみれば、ジャパレゲのLAPがんがんかけてて、意味不明な存在だったのかもしれません。

もっと少人数でもお通夜みたいにならないように景気付けのつもりだったんですが、主催者のみなさんご心配かけて申し訳ございません。

この名古屋でも、確かな一歩ができて、自分が出る幕なくてよさそうでなによりでした。

以後はライターに徹します!がんばってくださいね!

20101121

20101121a

20101121c

奪い合えば憎しみあう

分け合えば安らぎあう

奪い合えばまだ足りず

分け合えば少しあまる

~”湘南の風””L・A・P~OneLove”より

Photo

Photo_2

若い人のほうがストレートに大和心に回帰しようとしてる。

小沢さんが演説でいわれていた”日本は、共生の理念と政策を世界に発信できる資格と能力があります”というメッセージをいかに現実化させていくのか、後を継ぐ世代にかかっていますね!がんばれ日本!

UST 動画

YOU TUBE 動画

http://www.youtube.com/user/kotobakokoro

ニコニコ動画

にほんブログ村 政治・社会問題 にほんブログ村 風力発電・太陽光発電 にほんブログ村 団塊の世代

| | コメント (2) | トラックバック (0)

大阪御堂筋デモ、500名スタートが途中参加で2000名(UST動画あり)

検察・マスコミに抗議するデモも東京の二回につづき大阪ではじめて開催されました。
ニコニコ動画を確認すると最初は500名ほどだったんですが、途中からの参加が多く最終的には3つのグループで合計2000名くらいはいるという感じでした。
ゴール前に先頭から最後まで写してもらえると全体が分かると思うのですが、隊列の間が500mくらい開いているので、参加している人間の感覚だと実際より少なく感じるのではないでしょうか?
ニコニコ動画のほうは、ムーニー教団の珍味売りみたいな書き込みがうざいので、抜粋版のUST動画のほうを、先にアップしました。ニコニコ動画のほうはガキがコメントでキムチキムチと連呼してるんですが・・キムチくさいのどっちだよという感じでした。

大阪御堂筋デモダイジェストUST

大阪御堂筋デモ~尖閣日の丸デモ・・ニコニコ動画

【大阪府大阪市】11・20 大阪御堂筋デモ、中国の尖閣諸島侵略糾弾!全国国民統一行動 in 大阪 【奮って完全生中継!】

尖閣でものほうも組織動員があるとはいえ、途中で人数が増え、最終的に5つの隊列で3500人くらいいたんじゃないでしょうか。選挙中心の政党政治に対する不満がたまっている表れのように感じます。


さて、いよいよ明日は、名古屋の栄のテレビ塔南から午後2時に出発する偏向マスコミと検察に抗議するデモ・・・名古屋グランパスの初のJリーグ優勝の翌日どんな展開になるか?

人生の先輩方が、懐かしさを感じる40年前のゲバ学生スタイルで、”湘南の風””L・A・P~ONE LOVE”をBGMにして参加する予定です。応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 政治・社会問題 にほんブログ村 風力発電・太陽光発電 にほんブログ村 団塊の世代

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月19日 (金)

緊急情報!マスコミ検察に抗議する11.21名古屋デモ集合場所変更

全くの素人のご老人である近藤さんが、今のマスコミと検察のでたらめに対して、義憤をもってマスコミと検察に抗議する名古屋デモを主催され、私も参加しようと思うことを過去記事で掲載しましたが、集合場所とコースが急遽変更となったようです。

組織動員がなく、ネット上の口コミだけの動員なので、直前の変更情報がどれだけ伝わるか心配ですが、とりあえず主催者本人のメーリングリストへの送信メールの内容と、新しい集合場所の地図を告知し、微力ながら助太刀します。

11月21日 名古屋デモ 集合1時30分 出発 2時

集合場所 名古屋テレビ塔南 噴水北

コース 集合場所→錦通り大津→栄→→大津通り南下→矢場町左折→
    若宮大通久屋を左折→久屋大通りを北進→三越前→集合場所

地図(画像クリックすると拡大します)

1121

参考 11.21名古屋デモサイトと掲示板

http://www.world-walker.com/nagoya.htm

以下 主催者本人 メール文面 転載

~みなさま

「11・21名古屋デモ」実行責任者の近藤靖治です。

のっぴきならない事情にて、急きょ当日の「集合場所」と「コース」を変更いたしま
す。



新集合場所:テレビ塔南と噴水の間。(旧集合場所の真北約800M位)

<http://www.mapion.co.jp/c/here?S=all&F=mapi0103660101118152031>
&F=mapi0103660101118152031

当日はスタッフが誘導いたします。

コース:集合場所→錦通り大津→栄→→大津通り南下→矢場町左折→
    若宮大通久屋を左折→久屋大通りを北進→三越前→集合場所

時間等は変わりません。

以上よろしくお願い致します。

代表責任者:近藤 靖治 yasuharu2810@nifty.com

~転載以上

わが国は、マスコミと検察を利用すれば、邪魔な政治家を簡単に抹殺できる仕組みがあります。この危険な実態に気づいた人たちにより、マスコミと検察への抗議デモが全国に広がりつつあります。

今の日本のマスコミと検察のあり方に危機感を感じる方!名古屋近隣の方は、ぜひ11月21日午後1時半テレビ塔南に集まり,USマフィアが仕掛ける危険な流れにストップをかけましょう。

にほんブログ村 政治・社会問題 にほんブログ村 風力発電・太陽光発電 にほんブログ村 団塊の世代

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年11月17日 (水)

ガセネタで小沢氏国会喚問求める議員は、ガセメール事件で議員辞職した故永田議員みたいに責任とれるのか?

これだけ小沢氏の”政治とカネ”問題というフレーズだけを長期間報じながら、客観的事実にもとづく、具体的な中身についての報道が皆無というのは異常なことです。あきらかに事実無根の印象誘導以外の何者でもありません。

おまけにこの実態がない”政治と金”問題を、野党が政治利用したおかげで、国会では、内需再生・産業再生・雇用再生という重要案件が先送りされ、与野党の揚げ足取りに終始しているわけで、いいかげんにしろという気分は当然ではないでしょうか?

野党も与党執行部も、小沢氏の国会招致を求めているようですが、そもそもの発端だった”やみ献金”証言といわれるものが、ガセネタだったということが明らかになっている今の段階で、出所不明のガセネタをもとに、国会で証言させ、印象誘導以外何者でもない吊るし上げをする意味がどこにあるのか聞きたいものです。

ここまで”はじめに政治利用ありき”の対応が横行する日本の政治状況にはほとほとあきれています。

とはいえ鈴木宗男さんの国会喚問のときは、舞台の裏がみえなくて、まんまと”宗男たたき”にのせられた私ですが、外務省職員によって、野党議員へのムネオつぶしの情報提供という、意図的なガセネタリークがあった事実が明らかになるにつけ、”推定有罪”のためにするような国会証人喚問のあり方そのものが疑問に思えて仕方がないのです。

今回小沢氏招致を求めるマスコミも政治家も、ある意味”魔女狩り裁判ショー”ともいえた鈴木宗男つぶしの二番煎じをやろうとしている悪趣味な連中としか思えません。

仮に、小沢氏の政治と金問題はガセネタで、裏献金の事実はなかったということをいまだに知らなかったとしたら、国政を語る資格がない”とんでもない情報弱者”ということがいえますし、ガセネタとわかった上で、”小沢氏のつるし上げショー”のためだけに”国会証人喚問”といってるとしたら、国政を託せない”とんでもない不道徳野郎”ということになります。

彼らが小沢氏の名誉を著しく傷つける質問をして、それがガセネタに基づくものだったとわかったら、責任とって議員辞職するくらいの覚悟で証人喚問を要求しているか?といえば、そんな覚悟もなく、安易な政治利用しか考えてないことが見え見えです。

日本の国会議員の見識の低さにはほとほとうんざりさせられます。(そもそも民主党代表選でこの同僚に対する冤罪を政治利用して総理の座に居座れたカンという人物が総理やってるわけですから・・お話になりません)

かっての”鈴木宗男たたき”の国会つるし上げショーの登場人物を思い出すと、正義の味方面してガセネタリークに便乗するあさましい議員の様子がみえてゲンナリしてしまいます。

外務省職員がリークした”ムネオハウス”というガセネタを質問してスターになった、日本共産党の佐々木議員はいまだに平然と議員をやっていますし、同じく外務省職員がリークしたガセネタを連呼して、”あなたは疑惑の総合商社”とののしった当時の社民党の辻元議員は、副大臣も経験し、いまでは社民党を離党して、永久議員就職目指して民主党前原グループ入りを画策しているありさまです。

かっての”ライブドア裏献金疑惑メール問題”で、ガセネタで自民党武部幹事長を追求して議員辞職に追い込まれた民主党議員の永田さんを思い出してください。

ガセネタであったことが分かった時点で、追求を撤回謝罪すればよかったのに、当時の民主党代表の前原誠司氏に、強行突破のレールを歩かされたあげく、はしごをはずされ、議員辞職に追い込まれました。そして最終的にはなぞの転落死という悲惨な最期を遂げています。

どちらもガセネタをもとに、国会で追求したということは同じですが、ガセネタで追求しても一方は無罪放免、一方は議員辞職・・この両者の違いは、真実がどうかということでなく、マスコミが乗っかるかどうかにより生じたという事実は、わが国のおかれた危うい状況を如実にあらわしていると思います。

そもそもヤミ献金の受け渡しの目撃証言とか、証拠のメモとか、散々ガセネタを報道したマスコミ編集幹部は、いまだに一連の虚偽報道の謝罪をしていません。ヤミ献金情報がガセネタだということを百も承知のマスコミ幹部が、”逃げずに国会で説明責任を果たせ”とかよく言えたものです。説明責任をはたすべきは、ガセネタを垂れ流しして、小沢氏の政治活動を妨害した連中のほうでしょう。

日本の国会議員の皆さん!党利党略はいいから、いい加減本来の仕事をしてくださいよ!

自らの誤報を認めたくないために”小沢氏の「政治と金」問題”というガセネタを百回言って真実にしようというような”心が捻じ曲がった”マスコミ編集幹部連中の尻馬に乗って、冤罪の政治利用をしている暇があったら、国民のための緊急課題に取り組んでください!

円高対策で世界一の金融資産をフルに活用して、海外優良資産を買い占めるとか、希少資源の権益を確保するとか、未来の日本のために着手するべきことは山ほどあるでしょう!

知事会が求める福祉施設の施設規格基準、事業規格基準を緩和する特例措置をすすめるだけで、待機児童問題、在宅待機高齢者問題も大きく緩和できるんですよ!

日本の政治を担うものとして、政局スキャンダルしか語れない経済オンチのあほが編集幹部やってる日本のマスコミなんか脇においておいて、”今、何をなすべきか?”にまっすぐに取り組んでください!

にほんブログ村 政治・社会問題

にほんブログ村 風力発電・太陽光発電

にほんブログ村 団塊の世代

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2010年11月16日 (火)

10月ユーザー発電量・辛坊治郎みたいなうそつきセールス

この時期になると、やや北向きで午後には西隣のビルの陰になる当社の太陽光発電3.21kwは悲惨な成績です。

先月の発電量は221kwhでシステム1kwあたりの月間指数は68.8で、比較的条件がいい三菱5.18kwシステム(南東)463kwhで月間指数89.5と比べるとかなり厳しい数値です。
方位としてはあまりよくない西南西設置の三菱3.8kwシステムでも323kwhで月間指数は85.0ですから、いかに当社のシステムの条件がわるいかがよくわかります。

以下にデータを掲載しますので参考にしてください。画像をクリックすれば拡大しますのでデータ確認できます。

当社設置シャープ3.21kwシステムデータ 東北東(西隣ビルの影あり) 
201010321ene
三菱5.18kwシステムデータ 南東

201010mx518se

三菱3.80kwシステムデータ 西南西

201010mx380wsw

以上の実データを見ると、日が低く日照時間が短くなる秋冬は、発電量が大きく落ち込むことが改めてわかると思いますが、この低い数字でも、メーカーが出すシュミレーションの数字のほうがはるかに低い予測を出していますから驚きです。

三菱にしても、シャープにしても、実際の発電量は、メーカーシュミレーションの予測発電量と比べたら、はるかにいい実績です。実発電量は、メーカー予測の110%~120%位の達成率ですから、この二社がいかに慎重なメーカーかということがよくわかります。

まあ悪く言えば”極端な事なかれ主義の臆病気質”ともいえるわけですが、実発電量が予測より下回るよりはいいのかもしれません。

実は某メーカーのい某機種は、メーカーシュミレーションよりも実績が下回りすぎて、クレーム発生が多いようです。そのメーカーの創業者の経営哲学に一目おいてますので、あえてメーカー名の名指しはしませんが、じわりと悪い評判が広がりそうですね。

これから国際競争の時代になって、メーカーも横並びということもなくなるでしょうから、有名メーカーならばどこも同じということもなくなるかもしれません。安易な利益を求めて海外生産を増やして品質を落としていないか、メーカーの体質もみきわめる賢い消費者にならないと、泣きを見ることになりますから要注意です。

ところで、先日お客様のところで、でたらめを言い歩いているセールスがいることを知り唖然としました。一番実用実績が長いシャープ(44年)の製品のことを、”10年しかもたない”と事実無根のデマを言いふらしているんですが、お客様はまさか有名メーカーを扱ってるセールスが”うそをいうわけがない”という思いで、デマを信じ込んでいて大いにずっこけてしまいました。

情報弱者を食い物にするような訪問販売セールスの世界では、”うそはいったもん勝ち”が成り立つとういうことをあらためて思い知らされました。最近の偏向マスコミ報道に通じるものがありますね。

公共の電波への信用を悪用して、平気ででたらめを吹聴できる”息をするようにうそがつける”遺伝子を持つ男=辛坊治郎などという人物もいるわけですから、海千山千の訪問販売セールスの中には、辛坊治郎の親戚みたいな人間がごろごろいるのかもしれません。

普通の人間ではとても考えられないですが、辛坊治郎みたいに顔色ひとつ変えず平然とうそがつける人種がいるのは事実です。くれぐれも注意が必要です。

うそつきは泥棒の始まりという言葉がありますが、うそつきは辛坊のはじまりですね(爆)

参考 過去記事

息をするようにうそをつける遺伝子を持つ男=辛坊治郎 3連発

たかじん・辛坊治郎の悪質データトリック・・8月8日公共の電波でうそつき扱いされた西尾幹二氏


息をするようにうそをつく辛坊治郎の動画+書き起こし

小沢氏を擁護する人間は金をもらっていると断言する辛坊治郎(動画+書き起こし)

にほんブログ村 政治・社会問題

にほんブログ村 風力発電・太陽光発電

にほんブログ村 団塊の世代

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月15日 (月)

瓦解するマスコミ・司法の正義の虚像=無党派市民の街頭行動ひろがる

10・24,11・5で無党派の一般国民が企画した検察とマスコミに対する抗議街頭行動が、相次ぐ飛び入り参加続出で、出発時の3倍に膨れ上がるという大成功を収めてきましたが、ここにきてそれが全国に拡散する動きが出てきました。

全国デモ情報
http://www.asyura2.com/10/senkyo99/msg/372.html

名古屋集合場所案内図 11月21日午後1時30分集合午後2時出発  

矢場町 若宮大通 高速高架下(ランの館前)

1121nagoya

 

大阪集合場所案内図 11月20日 午前10時45分~11時45分
靱公園 東側中央

1120osaka

政治活動経験もない素人なのに、自ら立ち上がり行動を開始した人たちには、心から敬意を表します。ぜんぜん企画に関係しておらず気恥ずかしいかぎりですが、せめて勝手に情報拡散して助太刀させていただきます。

名古屋の発起人の近藤さんは、まったくの政治活動未経験のシルバー世代の方のようです。客観的事実を無視した印象誘導報道にあけくれるマスコミのひどいありさまに、義憤にかられて行動を起こされたそうです。

まじめにこつこつと働いて、年を重ねてきたような世代の人たちにしてみれば、信じきっていたマスコミに裏切られた怒りは相当なものだと思います。

日本的な美徳を守り、人を疑うことを知らず生きてきたまじめな人が多い日本です。

その正直者大国の日本にあって、伝えるべき事実をあえて隠蔽する一方で、憶測レベルの事実とか、ガセネタを、平気で真実のように報道しながら大きな顔をしているのが、真実の番人であるべき報道機関のマスコミですから、本当ひどい話です。

おまけに、官房機密費、宗教団体資金、金融マフィア資金などのPR工作費をもらいながら、世論を動員して特定政治家を抹殺するという、政治意図をもって印象誘導をおこなっているマスコミ編集幹部もいるようで、とことん純真無垢な国民を馬鹿にしています。知らぬが仏とはよくいったものです。

三宝会という情報工作機関で談合し、世論工作請負をしていた連中は、真実を知り、怒りに燃え、阿修羅となった大衆の憤怒の炎にさらされる日は、そう遠くないという気がします。

もちろんマスコミ記者の中にも、ジャーナリストとしての信念を貫こうという立派な人たちが存在することも事実でしょう。しかし、最終的に編集権限をもつ編集幹部たちの恣意的な編集で、真実が裏切られ続けているというのが実態ではないでしょうか?

そうした事実に気づいたとき、”冗談じゃない!そんなもんで日本のために働く有力政治家をつぶされてたまるか!”となんとかしようと行動するのは当然のことだと思います。

日本人はマスコミと検察・司法を信じすぎでした。

それを逆手にとれば、検察とマスコミのコラボを使って、都合の悪い人物を簡単に貶めることができる現状のあやうさに、もっと早くから気づくべきだったと思います。

属米一辺倒の外交のあり方を見直そうと、日中国交回復を断行した田中角栄総理は、アメリカ議会での公聴会での発言者の証言により始まったロッキード事件により政治生命を奪われました。(アメリカ発の証言の胡散臭さを疑わなかった当時の日本が悲しすぎます)

アメリカとの通商摩擦で、強引なアメリカ政府に、アメリカ国債売却をにおわせた橋本龍太郎総理は、マスコミのネガキャンの中で選挙に負け、郵政政局がはじまるタイミングで、日歯連献金事件で沈黙に追い込まれ、最後はなぞの死をとげました。(小泉フィーバーの背景には、独自のロシア外交をすすめた橋本つぶしがあったと思います)

アメリカに対してドル建てでの資金供与を拒否し、円建て条件を頑なに要求した中川昭一財務大臣は、薬物投与疑惑がある酩酊会見で辞任に追い込まれ、マスコミのネガキャンの中で落選し、日本保守再生に再起を期している中で、なぞの死を遂げました。(麻生政権がアメリカ金融マフィアの要望どおり、郵政資産を提供していたら、あれほどマスコミの総攻撃を受けることもなかったでしょう。)

そして、自立国家としての理念をかかげ、郵政マネー防衛策を選択し、防衛・金融で対米自立路線を模索し始めた小沢氏は、実体がない”政治とカネ”問題でマスコミのバッシングにあい、単なる会計処理の期ずれで秘書が逮捕されるという不当な攻撃にさらされています。

マスコミが不確定情報のガセネタを”関係者の声”として、疑惑を拡散肥大化する印象誘導を牽引し、世論の支持を受けて検察が政治家を逮捕するというおきまりのパターンにのせられるのは、もうやめにしたいと思います。

正義の味方という虚構の仮面をかぶった検察・マスコミの体面を守るために、どれだけ多くの日本という国を愛し、日本国の国民のためを思う有能な人材が陥れられ、その社会生命が奪われてきたか?わたしたちは冷静にふりかえるべき段階にたたされているのではないでしょうか?

一連の政治家のスキャンダルをすべて外国情報機関の陰謀というつもりはありませんが、真実の番人であるはずの報道と司法が、特定の政治的意図の下に政治利用されていたということは明確な事実だと思います。

またわが国の報道・司法というものが、自らの非を認めないどうしようもない保身体質により、最後の最後まで、自己防衛のためにうそを突き通す存在であるということも、明確な事実だと思います。

”これまで信じていたものを疑ってみる”、”自分の力で真実を探してみる”、そうしたあたりまえの積み重ねが、ひとりひとりの国民の一歩一歩が、今ほど求められている時はありません。

この一歩こそが”自立と共生”という地球の未来への扉を開く一歩だという思いを込めて、私自身も、来週の名古屋デモにはじめて参加しようと思っています。

マスコミ報道に乗せらてばかりだった過去に決別し、自ら情報選択し意思表示ができる、自立した国民の姿をともに表現しようという人の輪が、ひとりでもふたりでも広がれば幸いです。

以下再掲 

9月14日民主党代表選挙・投票直前の小沢一郎の演説(抜粋)

”世界でもっとも層が厚かった中間所得層が解体され、ごく少数の富裕層と数多くの低所得層への分化が急速に進んでいます・・・一番大切にされなけれ ばならないお年寄りがいなくなっても誰も気づかず、就職できない多くの若者が絶望感にさいなまれ・・・・社会の仕組みそのものがこわれ・・・日本人の精神 風土も荒廃し始めています・・・改めて申し上げます・・政権交代が実現したのは、こんな日本をなんとか変えてくれという国民の悲痛なまでの叫びからだった はずに思います・・”

”私には夢があります・・役所が企画したまるで金太郎飴のような町ではなく、地域の特色にあった町づくりの中で、お年よりも小さな子供たちも近所の 人たちも、お互いが絆で結ばれて助け合って生きていく社会・・青空や広い海や野山に囲まれた田園地帯と大勢の人が集う都市が調和をもたらし、どこでも一家 団欒の姿が見られる日本・・・その一方で、個人個人が自らの意見を持ち、諸外国と堂々と渡り合える自立した国家日本・・・そのような日本につくりなおした いというのが私の夢であります”

”日本人は、1000年以上前から共生の知恵として”和”の文化を築きました。われわれには共生の理念と政策を世界に発信できる能力と資格が十分にあります。”

”われわれに期待されているのは、いびつになってしまったこの国の形と日本人の生活をもう一度よみがえらせる大改革なのであります。”

以上

世界は、いままでの市場原理という、強奪競争原理に変わる新しいルールを必要としています。

”日本人は、1000年以上前から共生の知恵として”和”の文化を築きました。われわれには共生の理念と政策を世界に発信できる能力と資格が十分にあります。”この小沢さんの言葉の持つ意味を共有できる、真の大和ごころがよみがえる日本国であることを願ってやみません。

にほんブログ村 政治・社会問題 にほんブログ村 風力発電・太陽光発電 にほんブログ村 団塊の世代

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月14日 (日)

小6少女イジメ自殺の背景=在日・同和がフィリピンハーフを民族差別した事件

マシュマロマンさんのブログをみてはじめて知ったんですが、愛知県から転向した先の群馬県桐生市で、強烈ないじめにあって自殺した女の子のお母さん、フィリピン人だったんですね。

桐生といえばパチンコ大手メーカー”平和”の本拠地で、在日朝鮮・韓国人とか半島系帰化人が多いイメージと同時に、”橋のない川”に代表される同和地区のイメージが強いです。

ブルーハーツの名曲”Train Train”の歌詞じゃないですが、”弱いものたちが、さらに弱いものをたたく”みたいに、”チョーセン人”や”部落民”の少年少女もよってたかって、フィリピンの混血少女を苛め抜いて自殺に追い込んだ構図が頭に浮かび、いや~な気分になりました。

それとともに、正直いって、いままでの半島系に対する差別言動を繰り返してた自分自身に対して、頭をが~んとやられた感じでしたね。

マシュマロマンさんのブログ

http://blogs.yahoo.co.jp/chugamo2008/34484311.html

群馬県桐生市でのいじめ自殺の報道

http://news.livedoor.com/article/detail/5100643/

戦後日本の政財界の上層部にがん細胞のように巣食って、そのえげつない所業の数々で、土着のお人よしの日本人を食い物にして、日本の美徳を踏みにじってきた、半島系の帰化人に対しては、鬼畜米英同様に、敵愾心をもっていた自分です。
連中をいじるにあたり、あえて差別的言動もかましていたんですが、なんの罪もない女の子が、人種差別で袋叩きにされている理不尽さをみると、いくら権力のあるやつといっても差別言動で叩くのはやめにしようという気になりました。

”金髪白豚野郎”の”白人”からは、”黄色い猿野郎”と小馬鹿にされているような日本人の自分が、同じアジア人をいじるのも情けない話ですからね。

父親が半島出身者の入り婿だったらしい小泉純一郎元総理なんかもそうでしたが、親が半島出身であるというコンプレックスがある権力者に限って、江戸の敵を長崎で討つように、日本の伝統・美徳を土足で踏みにじるようなことを平気でしてくれちゃう傾向が多いわけです。
いんちきセールス会社とか、マルチ販売会社とか、人材派遣会社でピンはねしてる連中とか、偽ウヨクの連中とかにも、半島系の帰化人が多いですが、そんな相手をみつけると土着の日本人の自分としては、相手が一番打撃を受ける傷口を集中して攻撃したくなるというのも正直なところだったんで、まことに悩ましい限りです。

”息をするようにうそがつける”とか、”自己中心的ですこしでも批判されると、逆上して火病を発生する”とか、”異常に性欲が強い”人間の比率が、土着日本人に比べて高いのは、客観的事実ですが、すべての半島系帰化人がその性癖があるわけでないでしょうし、反面、土着日本人でも、その三要素が強いひともゼロではないでしょうから、人種をとりあげることはやめにしないといけないですね。

”息をするようにうそがつける遺伝子を持つ男”というように個人の性質をあげるだけで、人種には触れないようにしなくちゃだと思いました。

そういえば、ジャパレゲで”湘南の風”というグループが”LAP~One Love”というイジメをテーマにした曲歌ってるんですが、すごくハートに突き刺さります。

日本中で、不当ないじめにあっている少年少女たちに、エールの意味でその歌詞を伝えます。

以下  ”湘南の風” アルバム”ラガパレード”収録”LAP~One Love”より抜粋引用

さあ聞くんだ みじめなイジメが生んだ

不平等な世界の一人として 

向き合い どう闘うんだ

くだらねえ争いばかりだ

身近にあるこんな実例 見て見ぬふりツレを見捨てる

奴と同じじゃ腐るいずれ 

なら俺らは言う

全てじゃなくていいんだ 教えてくれ何があったんだ?

狭い枠でなんか怯えてるぜ 何と闘ってるんだ?

そう俺にもある 人には言えない苦すぎる過去も

近づく事が 最初の一歩 

話せばいいんだ 

さあ勇気を出して

そうさ 実際お前とあいつの間に全く差なんてないのに

なぜ愛のない遊び またひとつ空く窓際の席

しつこく散々えばった ざけんな あいつのどこが強えんだ

いつも我慢を選んだ 負けんな お前はもっと強えんだ

友よ クラスで省かれても くだらねえって笑って

悔しかったらあいつの 胸ぐらをつかんで 言うんだ!

俺は負けねえ決して負けねえ

そして歪んだ憎しみよりも愛を生め

奪い合えば 憎しみ合う

分け合えば 安らぎあう

奪い合えば まだ足りず

分け合えば すこし余る・・・

以上 ”湘南の風” アルバム”ラガパレード”収録”LAP~One Love”より抜粋引用

にほんブログ村 政治・社会問題 にほんブログ村 風力発電・太陽光発電 にほんブログ村 団塊の世代

| | コメント (1) | トラックバック (0)

不正署名を混入させた犯人は誰か?名古屋市議リコール署名・46万人の意思を踏みにじる選管への抗議デモ(動画)

本日、46万のリコール署名の審査を引き伸ばし、署名効果を無効化させた名古屋市選管に対する抗議デモが行われたようです。
1113
中日新聞によると、審査対象となった11万の調査の途中経過では、約2万6千件が署名したと回答しているようですが、署名した記憶がないという回答のほうは40件あったそうです。現場の住民感覚ですと不正が行われていた実感はなく、不正のでっちあげのためのカルト宗教団体の自作自演の可能性すらあるわけで、そうした可能性を考えない報道には疑問を感じます。(彼らが絡むと、東村山市市議をビルから投げ落として転落死させておいて自殺として処理された事件みたいな隠蔽捏造が、平気で起こりそうで気もち悪いです)

報道内容を見ると、一部不正記入があったことを大きくとりあげることで、署名活動すべてをマイナスイメージで貶めかねない内容で、やっぱマスコミは既得権側のメディアだと実感しました。

記事だと2~3名勝手に名前を使われたという人の声が、感情を込めて大きく取り上げられていますが、ほんとうかどうか?実体がない小沢氏の”政治と金”問題でも、一連のガセ証言を犯罪の証拠であるように報じて、冤罪に加担してきたマスコミ報道の前歴を考えると、記事の裏の編集者の意図が垣間見えてしまいます。

※参考 名古屋市議リコール署名の審査状況報じる マスコミ記事

中日新聞

http://www.chunichi.co.jp/article/feature/vsshigikai/list/201011/CK2010111302000171.html

読売新聞

http://www.yomiuri.co.jp/feature/20100402-465846/news/20101112-OYT1T00065.htm

 

審査先延ばしを独断した名古屋市の選挙管理委員会の伊藤委員長は、ご存知のとおり、某政党に所属した元市議会議員で、某巨大新興宗教団体との関係が濃厚な人物です。その巨大新興宗教団体では信者に強烈な署名禁止指令を出していて、署名してしまったその団体の信者が”踏み絵”を踏まされるような問い合わせを受けたら、”署名した記憶はない”と答えざる得ないことだってあるはずだし、郵送のやりとりだけで、用紙にマルを記入する内容で、本当に本人が返答したか定かでない確認方法です。

たしかに記事でとりあげられている二名も実際に署名していないのは事実でしょうし、ルールに反して対面で署名をとっておらずルール違反で無効というのも事実でしょう。

しかし、記事で印象誘導させるように書かれているように、勝手に名簿から名前を記入する犯罪的な手口が使われたかというと、2万6千対40という数字から見て、大いに疑問です。

実は、市議会側が勝手に署名用紙に偽造署名をもぐりこませて、不正の証拠と騒ぎ立ててもわからない密室での審査というのがものすごく気になります。なにせ過去に組織的替え玉投票の前歴がある某政党が市議会側にいるわけですから、なにがされるか分かりません。現場の住民感覚として、勝手に不正の署名が、行なわれている空気はぜんぜん感じませんでした。あったとしたら判別不能を悪用したワナとしか考えられません。

悪魔のシナリオを考えれば、わざと不正署名を紛れ込ませ、審査延長して注目を集めておいて、実際に署名していないのに問い合わせが来たという実例を多発させ、河村支持グループのイメージを落とす作戦の存在を想定することだってできます。なにせおとなりの韓国では、そうした謀略政治があたりまえらしいですから、半島系の帰化議員が少なからず存在する名古屋市議会のことです。日本人にはありえないエゲツナイ手口だって想定したほうがいいかもしれません。

もっとも、そこまでのことがなかったとしても、不正署名の真相をたどったら、”そういえば知人から依頼されて同意したのを忘れてた””家族のだれかが口約束してて忘れていた”というオチが大半だったりするんじゃないでしょうか?

客商売で口約束のアポイントを忘れられ無人のお宅に訪問する羽目になった経験が、何十回とある自分からすれば簡単に想像がつきます。なかには”そんな約束していなかった”というお客さんもいて、唖然とさせられたことも何度もあります。

営業の勘違いか、お客様の勘違いかそんなことはありえることで、そのレベルの話を、46万人署名を無効にすることを容認させる世論誘導に使われかねない編集の仕方というのはどうかと思いますね。

”署名名簿に書かれた本人が署名事実を否定した”という事実をとりあげるにしても、悪意全開で書くか、実情を斟酌して書くかで違うわけで、そこにマスコミ編集者の印象誘導意図があったりすると思います。

そんな40件をあげつらって、不正があったといういいがかりをつけるのはどうしたものでしょうか?

署名にけちをつけるための悪意に満ちた印象誘導のような気がして仕方がありません。
そんなことで、本人が印鑑持参で街頭にかけつけて署名した46万以上の署名の価値が毀損されるというのは残念なことです。

参考資料 審査のため調査対象となった署名者に郵送された確認用紙

Photo

聞くところによると、名古屋市選管の月報酬は、普段ほとんど仕事がないにもかかわらず月37万円ということで、ほかの市町村の平均の倍でかなりの高額だそうです。一時金あわせて実働80日で年収1600万円ももらっている名古屋市議の報酬もそうですが、なんか名古屋は既得権天国でうんざりしてしまいます。

参考記事 名古屋市選挙管理委員が他の市町村の10倍の報酬であることをつたえる新聞記事

http://www.chunichi.co.jp/article/national/news/CK2010111202000020.html

(不正署名であるような記事に抗議が殺到したエクスキューズであるかのように翌日に出たのがこの記事・・いかにも風見鶏編集長の様子が垣間見えます(爆))

こんな連中が法令に反して署名の審査を引き伸ばして、市民が自発的に署名するためにぞくぞく街頭に集まってくるという真夏の奇跡を生んだ46万人の民意をふみにじるわけですから、何とかしてくれの気分です。
せめて日当3万円くらいにしたらいいんじゃないでしょうか・・・そしたら選管の報酬10分の一になりそうですけどね。市議会も日当5万円にしたら実働80日、年収400万円で妥当な線に落ち着くように思います。

11月13日の名古屋市選管への抗議行動の参加者は150名くらいでしたが、 自民・民主・公明・共産と既存政党ことごとく敵に回した中で、たいしたものです。広く告知されていたら、千人くらい集まったんじゃないでしょうか?

残念ながら仕事で参加できませんでしたが、その分来週11月21日の検察マスコミに抗議するデモには参加しようと思います。一連の動きを見ていると、時代は新しい政党の誕生を求めているように感じています。

にほんブログ村 政治・社会問題 にほんブログ村 風力発電・太陽光発電 にほんブログ村 団塊の世代

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月12日 (金)

ネット工作が活発化?

にほんブログ村のブログランクを見ている人ならお気づきだと思いますが、上位にいた小沢擁護のブログのINカウンターがはたらくなったかのような投票数激減現象が起きています。また、ガセネタということが明らかになりましたが、尖閣衝突で海上保安庁職員で殉職者が出たという怪情報もネット上を拡散する事態が発生しました。

ネット工作といえば、小泉政権下のチームせこうといわれる電通PR班が有名ですが、統一教会系の世界○○○の書き込みに始まった”イラク日本人人質自作自演疑惑”ガセ情報拡散工作、反米派ブログのアクセス妨害・掲示板投稿妨害などが多発したイラク戦争当時を髣髴とさせる、こうばしいカオリがプンプンします。

ネットユーザーの人は注意が必要です。”うそを百篇言って真実にしよう”という連中が相手ですから、最後は個人の”勘”という感性が頼りになります。

ブログランキングのINカウンター投票妨害は、ブログのトップページアドレスで仕掛けられることが多いので、最新記事の個別記事のバナーからランキング投票されることをお勧めします。

なお知らない間にネットに迂回アクセスさせられている方もあるかと思いますので、接続状況の確認、リニューアルをお勧めします。

以下にDNSのリニュアル手順の画像をアップしておきますので活用してください。

Photo

スタートメニュー・プログラム・アクセサリーからコマンドプロンプトを開く。

コマンドプロンプトでipconfig/releaseを入力して変なサーバー呼び出しを削除する。

次に ipconfig/renewを入力して、DNSサーバーとの更新状態をリニューアルする。

Photo_3

これだけでDNSポイゾニングとよばれるマルウェアによるNETアクセス妨害とか解消されることが多いので参考にされたらいかがでしょうか?

以上、応援いただける方は個別記事ページからのクリックよろしくお願いします!

PS 名古屋ほか全国で予定されるマスコミ・検察の捏造に抗議するデモについて後で記事にします。

にほんブログ村 政治・社会問題 にほんブログ村 風力発電・太陽光発電 にほんブログ村 団塊の世代

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 7日 (日)

マスコミ各社は真実を報道しろ!11.5デモはぞくぞく飛び入り参加で1200名参加(動画紹介)

11月5日に、外苑~原宿間で実行されたデモは、平日夕方6時30分集合にもかかわらず、第一集団500名、第二集団700名で合計1200名参加の大盛況で、10月24日の銀座のデモを上回る参加があったそうです。最初動画中継が始まったときは、第一集団の500名しかわからなかったので、平日夕方では集まりにくいと思ってみていましたが、沿道から続々参加する人を吸収して膨れ上がった第二集団をあわせると、軽く1200名にいってる感じらしく、あらためて、事実をゆがめて露骨な世論形成を生業としてきたマスコミに対する怒りの大きさを実感させられました。

115

思えば戦後65年、日本が戦争に敗れ占領されて以来、マスコミの情報操作により、日本国民のほとんどがゆがめられた真実を信じ込まされてきたのだと思います。今、その洗脳が、ひとりひとりの勇気ある行動により、解かれようとしています。
マスコミのうその情報の洪水にのまれることなく、自ら真実をつかみとり、自立する気高い気心に、敬意と感謝の気持ちでいっぱいです。
純粋に真実を守ろうという気持ちを持つ人がこんなにたくさんいて、参加できない人も、ネット中継をみてエールを送って見つめていると思うと、日本中で灯火がひとつひとつ灯っていくような、あたたかい気持ちにさせてもらいました。

11月5日デモ中継録画動画
APF NEWS http://www.ustream.tv/recorded/10655214

岩上安見メディアhttp://www.ustream.tv/recorded/10649171

昨年の3月からはじまる小沢氏の”政治と金”問題という話は、民主党が前原代表だった時代のガセメール事件と同じレベルの本当はガセネタ話だと思います。
ガセメール事件とは、ライブドアから当時の自民党幹事長の武部氏にやみ献金が行われ、民主党議員だった永田氏がその証拠のメールを入手したということで大騒ぎになった事件ですが、最終的にガセだったということが明らかになり、国会で質問した民主党の永田議員は議員辞職・民主党執行部は全員総辞職という結末を迎えました。(永田氏は後に飛び降り自殺?彼は創価学会の選挙違反疑惑を探っていてガセメール事件は、永田抹殺のために仕組まれた陰謀という説は一部でささやかれています。)
今回の小沢氏の政治と金騒動も、もとをただせば、怪しい人物が持ち込んだガセ証言がきっかけだと思います。”やみ献金を渡した””闇献金を台車で運んだ””証拠書類を処分した””裏金受け渡し現場を目撃した”という情報が持ち込まれ、そうしたガセネタに飛びついた検察・マスコミが誤爆してしまったというのが真相じゃないでしょうか?

おかげで、現職の国会議員まで逮捕して調べたが、通常訂正で済むような会計の記載ミスしかなかった(土地取引でなく土地登記を基準にすれば記載ミスともいえない)というのが実情でしょうが、いまさらごめんなさいともできず、とにかく鈴木宗男さんのパターンで、世論に乗っかって、”でっち上げだろうと何でも有罪にしてしまえ!冤罪もみんなで作れば怖くない!”というめちゃくちゃが通されようとしているんだと思います。実在しない二回目の検察審査会の審査員による強制起訴議決もその一環じゃないでしょうか?ひどい話です。

本来ならばマスコミが、ガセ情報を大々的に報道してしまった誤りを素直に認めればいいし、検察も誤認逮捕だと認め謝罪すればいいのですが、エリート意識が強い人って、自ら非を認めることが大嫌いでほんとうに性質が悪いんですね。
職場でもいると思いますが、エリート面してる人に限って、屁理屈をこねて自分の責任を他に論理的に転嫁する達人だったりしますから・・そうした生活感覚・現実感覚でマスコミと検察の悪あがきを見てみると本質がよく分かるんじゃないでしょうか?

屁理屈をこねくりまわさなくても、普通に働きまじめに生活している人間だからこそ、皮膚感覚で真実が踏みにじられる危機感を感じるというのがあるのかもしれません。今回のデモで、ほとんどの参加者が普通の人というのは、その危機感をストレートに共有してるからだと思います。
デモ参加者は、いままで政治組織と無縁なところで普通に生活していたが、あまりにも異常な司法やマスコミ報道のあり方に、社会的危機感を抱いてやむにやまれず参加したという人ばかりです。動画でインタビューに答えているひとたちの意見は共感できることばかりです。

一連の小沢冤罪事件のように、マスコミが司法権力とスクラムを組めば、簡単にひとりの人間の社会生命を抹殺できるわけで、恐ろしい話です。多くの参加者が、”これは小沢さん鈴木さんだけの問題でなく、国民ひとりひとりにかかわる問題だ””見逃したら日本が暗黒支配されかねない大問題なんだ”という主旨の発言をされていましたが、まさに本質的な問題意識をもたれていると感心しました。

本来であるならば、でたらめな検察審査会による強制起訴の問題でも、政治家こそが、党派を超えて取り組むべき大問題だと思いますが、小沢氏を政治的に抹殺するためとか、民主党をたたくためとか、足の引っ張り合いしかできないクズな与野党の政治屋連中が国会でとぐろを巻いていてほとほと嫌になります。直接デモ参加者のまともな国民の声を聞かせてやりたいものです。

検察審査会を悪用すれば、検察とマスコミが組めば、でっち上げ事件を起こして、どんな有力政治家でも簡単に抹殺できます。そんな危険性に無関心でいられる政治屋連中は、公正な社会実現よりも保身が一番ということなんでしょうか?情けない限りです。

にほんブログ村 政治・社会問題 にほんブログ村 風力発電・太陽光発電 にほんブログ村 団塊の世代

おまけ

コンゴの車椅子のストリートミュージシャン スタッフ ベンダ ビリリ 

”スタッフ・ベンダ・ビリリ”・・内面の真実を見極めろ!の歌詞より

”政治家は無能だ だから自分たちの力で立ち上がって生きていく

政治家は無能だ だから自分たちで互いに助け合って生きていく

さあ犬のような生活から抜け出すんだ!”

内戦で国がめちゃくちゃになったアフリカ・コンゴで
頼みの政治も汚職まみれで救いのない中でも、前向きさを失わないリアルな 叫びが響きました。

サウンドもGJです。

スタッフベンダビリリ

Staff Benda Bilili, Paléo Festival Nyon (concert complet)
アップロード者 paleo. - 音楽動画、アーティストのインタビュー、コンサートやその他色々。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 4日 (木)

10月発電記録

11月になると日が暮れるのが早く、5時にはかたづけを始めないとすぐに暗くなってしまうので工事は大変です。急に冷え込んできましたが作業をするにはちょうどいい感じです。猛暑で頭ががんがん痛くなりながら屋外で作業していた数ヶ月前がうそのようです。

日が短くなったせいで各地のユーザーさんから寄せられる発電記録も軒並み大幅減ですが、自然に左右されるところが太陽光発電の弱点でもあり、逆にいいところでもあるかと思います。こうして太陽と向き合う生活をしていると、天地があって人が生かされているという感覚がつねにあります。

今月から秋冬モードに入ります。発電量が大幅減少する設置条件が悪いユーザーさんの発電量を紹介します。

シャープ4.96kw 東西面設置 両隣の家の影の影響あり

10月発電量  350.1kwh 1kwh=48円換算で16,800円

201010sh496we

三菱4.16kwh 東南西3面設置 台形モジュール

10月発電量 311.8kwh 1kwh =48円換算14,966円

201010mx416wse

シャープ5.12kw 東南東設置 

10月発電量 414kwh 1kwh=48円換算 19.872円

201010sh512ese  

シャープ5.28kw 南南東設置

10月発電量 447kwh 1kwh=48円換算21,456円 

201010sh528sse

システム定格出力1kwあたりの指数でみると70~85で厳しいですね。この時期に設置する人は発電量が伸びないので不安になられる方もたまにいらっしゃいますが、年間トータルで見てみますと帳尻が合ってきますのでご安心ください。

プラスがあるからマイナスがあり、マイナスがあるからプラスがある。

そんな気持ちで季節の移り変わりを楽しんでください。

にほんブログ村 政治・社会問題 にほんブログ村 風力発電・太陽光発電 にほんブログ村 団塊の世代

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 3日 (水)

11・5マスコミの偏向報道を許さないデモ開催情報・・前代未聞!市民に糾弾されるマスコミ

10月24日組織動員もなくネット上の口コミだけで実数で1000人もの国民が集まった”検察検審を糾弾するデモ”(小沢支援デモ(動画) http://yokotakanko.cocolog-nifty.com/blog/2010/10/post-758a.html)を主催した”権力とマスコミの横暴に抵抗する国民の会”が、11月5日に”マスコミの偏向報道を許さないデモ”(明治公園午後6時30分集合)を行われるそうです。残念ながら今回も参加できませんが、名古屋からエールを送ります。
115

デモの詳細は主催者のブログ(http://kennryoku-teikou-kok.cocolog-nifty.com/blog/2010/10/post-28f3.html)をご覧ください。各人光るものを持ち寄るというドレスコードですので、中にはクリスマス電飾持ち込む人もいそうで、動画中継が楽しみです。(1万人以上のデモでもマスコミは無視するでしょうが、フリージャーナリストのネット動画中継は予定されてます)


真実に目を瞑り、特定勢力の意図をうけたかのような露骨な印象誘導を繰り返すマスコミ報道の恥知らずな現状には、ほとほと幻滅させられる今日この頃です。
しかし、その冤罪製造機関ともいえる異常なマスコミ報道のおかげで、マスコミに叩かれる小沢という人物に興味を持ち、その実像を知り、支援しようという気持ちになれたんですから、天のめぐり合わせは面白いですね。

真実の番人であるはずの報道人のくせに、ネット上でも入手できる事実を確かめることもせず、機密費もらって毎晩クラブ通いしているような編集幹部が、平気で現場取材を封殺する。そんな編集幹部が、情報ゴロからもらったガセネタに飛びついて、欲ボケした頭で勝手なストーリーをつくって、日本の未来を担う有能な政治家を冤罪に落とし込めるわけですから、文字通り国賊だと思いますね。
国民の声を代表するような顔をしているマスコミが、国民から抗議されるという前代未聞の国民デモの動画を世界に発信することで、日本の報道機関のインチキぶりを広げてもらいたいものです。

この名古屋でも、不毛な河村市長つぶしで本領を発揮した、税金泥棒の市議会議員に対するリコール署名が、1か月で46万名分も集まるという奇跡的成果が実現しました。しかし、市議会OBで形成される選挙管理委員会(委員長名・伊藤年一・イ・スンイル)の後だしじゃんけんの言いがかりで、法令に反して審査期限を延長し、実質無効状態にされるということが平然と行われています。おかげで、スケジュールが大幅に狂ったようで、ずれたスケジュールでリコールが実現された場合には、市長・市議会不在で来年度予算が組めず暫定予算しか組めなくなるという状況に追い込まれてしまいました。

どうも市議会派の連中は、それを理由に住民投票でのリコール阻止を狙ってようで、それに気づいた頭の回転のいい市民の怒りは沸騰状態です。

今まで、国民は、地方議員でも、国会議員でも、政治を稼業としてきた人たちにさんざん失望させられてきましたが、どこかでなんとかしてくれるという期待をもって見守ってきんではないでしょうか?マスコミについても真実しか報道しないものと信じきっていたんじゃないでしょうか?しかし、実態は、都合の悪いことは一切報じないくせに、うそか本当か分からないガセネタは、”関係者によると”報道で垂れ流して印象誘導に利用する有様で、あまりにもの腹黒さが浮き彫りになり唖然とさせられてばかりです。

彼らを信じて、こつこつとまじめに働いて生きてきたのが日本国民です。その堪忍袋の尾が切れるときがきたのかもしれませんね・・・。こんな当ブログの記事にも共鳴して、直接応援のメールをいただいたりしています。時代は大きく変わるのかもしれません。


再来年には本格的なドル崩壊がおきそうです。ドル建てにされている日本の金融資産は三分の一くらいに激減するでしょう。輸入のためのお金に事欠くようになれば、生きるうえで欠かせない食糧もエネルギーも外国からの輸入に頼っている日本では、国民のなかの多くの人間が飢餓線をさまようはめになるかもしれません。
そうした近未来が予見できる今だからこそ、能無しの議員や、マスコミ幹部に、高いギャラを払ってる余裕はないと、なんとかしろと危機意識をもって自立した無名の国民が立ち上がり始めたのだと思います。

既得権に守られピンはね益で富裕層ぶってる連中も、マネーゲームをしている余裕がないことに気づくべきです。

欧米先進国の世界金融バブルの本格的崩壊はすぐそこにまで来ている気がします。

・・その先にあるアメリカマフィアの損失補てん=肩代わりによる日本の金融資産消滅=日本沈没・・。

近未来の激動の時代を乗り越えるには、富裕層も、マネーゲームに費やされているような不毛な蓄財を吐き出し、国民全員で生き抜くため、最低限エネルギー・食糧確保のインフラ整備に参加しなればならない段階だと思います。

マスコミ報道はけっして伝えませんが、世界自由貿易市場の拡大は、貧困の増大と、一握りの富裕層の資産の肥大化という現象と表裏一体で進行しています。
グローバル化で世界が発展し成長しているというのは、トータルで見た場合の話で、そこに生きる個々人の視点からみたら、逆に大部分で貧しさが広がっているというのが実態ではないでしょうか。

豊かな自然に恵まれ、自給自足で暮らしていけたはずのアフリカの人たちがどうして何百万人も餓死するような状態に追い込まれたのか?

近代農業を取り入れ生産量を飛躍的に伸ばした分豊かになるはずのインドの農民が、どうして借金づけの経済困窮に追い込まれ、何万人も自殺においこまれるようになったのか?

世界一の経済大国アメリカで、何千万人も医療費が払えず満足な医療を受けられないのはどうしてか?

コイズミ総理に痛みに耐えてがんばれといわれ以来、10年もがんばった挙句、サラリーマンの給料が下がり続けているのはどうゆうわけか?

優良な中小企業でも投資資金を貸しはがされているのに、世界中でマネーがだぶつき投機先を求めてさまよっているのはどういうことか?

これらのことを見るだけでも、マスコミが振り撒いてきたグローバリズム神話というものが、いかにいんちきかということがよく分かります。

マスコミ報道は、グローバリズムがはらむ単純な法則を隠蔽しています。

ピンはねできるものは世界規模でピンはねできるので、一握りのピンはね競争の勝者は、莫大な資産家になります。反面、大多数のピンはねされる側の人間は、世界規模で、ピンはね率の高い、富の再配分が極端に低い労働者と競争させられるわけですから、どんどん貧しくなるのはあたりまえのことです。

こうした、ひとりひとりの人間にとっては、不幸の拡大再生産になりかねないグローバル経済原理の実情をマスコミはけっしておおっぴらには解説させません。

本来ならば問題点を明らかにした上で、それを解決する新たなルール作りが必要なのです。

それを制御する政策を提示することもなく、グローバル信仰を振り撒く単純馬鹿が民主自民のネオコン連中ですが、それを世論誘導で支えているのがマスコミです。

彼らを若いということで持ち上げる反面、TPP 参加慎重派を、まるで抵抗勢力のように印象誘導しているマスコミ・・・その罪は限りなく重いと思います。


11月5日が、集結した数千人の市民により、いんちきマスコミが糾弾される記念すべき日になることを祈ります。

そして、実在しない二回目の検察審査会議決により不当に政治生命を抹殺されようとしている小沢一郎氏を、不当な印象誘導報道から守る力になってくれればと期待します。

グローバリズムの歪みを超克し希望に導くヒントを、小沢一郎氏の演説から感じ取ることができました。こんな思いを持つ数少ない政治家のひとりである小沢一郎が冤罪で抹殺されるような日本国であってほしくありません。

以下に演説の抜粋を再掲します。小沢氏の言葉を思い浮かべながら、その彼を抹殺しようとするマスコミ報道に怒りを燃やし、11・5に集まった人たちに共にエールを送ってもらえれば幸いです。
Dsc00435

暗雲を切り裂く光を日本最古(470年前)の犬山城天守閣からのぞむ

以下 書き起こし
9月14日民主党代表選挙・投票直前の小沢一郎の演説(抜粋)

”世界でもっとも層が厚かった中間所得層が解体され、ごく少数の富裕層と数多くの低所得層への分化が急速に進んでいます・・・一番大切にされなければならないお年寄りがいなくなっても誰も気づかず、就職できない多くの若者が絶望感にさいなまれ・・・・社会の仕組みそのものがこわれ・・・日本人の精神風土も荒廃し始めています・・・改めて申し上げます・・政権交代が実現したのは、こんな日本をなんとか変えてくれという国民の悲痛なまでの叫びからだったはずに思います・・”

”私には夢があります・・役所が企画したまるで金太郎飴のような町ではなく、地域の特色にあった町づくりの中で、お年よりも小さな子供たちも近所の人たちも、お互いが絆で結ばれて助け合って生きていく社会・・青空や広い海や野山に囲まれた田園地帯と大勢の人が集う都市が調和をもたらし、どこでも一家団欒の姿が見られる日本・・・その一方で、個人個人が自らの意見を持ち、諸外国と堂々と渡り合える自立した国家日本・・・そのような日本につくりなおしたいというのが私の夢であります”

”日本人は、1000年以上前から共生の知恵として”和”の文化を築きました。われわれには共生の理念と政策を世界に発信できる能力と資格が十分にあります。”

”われわれに期待されているのは、いびつになってしまったこの国の形と日本人の生活をもう一度よみがえらせる大改革なのであります。”

書き起こし 以上

PS 緊急追伸

本日16時よりニコニコ動画で生中継がされ小沢一郎ネット会見が開かれ、政治資金問題についても質問に答えるそうです。

http://live.nicovideo.jp/gate/lv31110371

にほんブログ村 政治・社会問題 にほんブログ村 風力発電・太陽光発電 にほんブログ村 団塊の世代

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年11月 1日 (月)

民主も自民も政局ばかりでゲンナリ!国と国民のための政治を求む!

政権交代直後の鳩山政権は、曲がりなりにも新エネルギー産業を軸にした経済成長戦略、セーフティネット補強による内需てこ入れなど、積極的に政策実現をすすめようとしてたと思います。その意気込みに後押しされるように、世界金融恐慌の中でも、内需主体で景気浮揚の明るい兆しを垣間見れていました。営業現場でも、いいムードを感じていました。

しかし、普天間の県外移設を模索した鳩山総理が、マスコミの袋叩きに会いはじめてからというもの、せっかくの景気回復に水を差され、雲行きがあやしくなったのは事実だと思います。

異常なネガティブキャンペーンが、先行き不透明感を増大させ、消費心理を冷え込ませるということに無自覚な、経済オンチのマスコミは、当時は無邪気に鳩山小沢たたきにまい進していましたが、現場の営業感覚でも、マイナス効果をひしひしと感じていました。マスコミ主導のマイナスマインド効果で4~6月はきっと落ち込みひどいだろうと感じていましたが、統計も予想通り急落です。マイナスキャンペーンにまい進してマスコミ不況を引き起こしたマスコミ各社は、TBS筆頭に極端な業績悪化に見舞われ、朝日新聞までリストラに着手しているようで、自業自得のあほ丸出しです。

その後の、火事場泥棒のような菅センゴククーデターが行われてからというもの、状況はさらに悪くなり、皮膚感覚で感じる景気の潮目は、劇的にマイナスに変わりました。

そんなタイミングで、空間軸・時間軸が欠落した、勘が鈍い、平面思考の玄葉めひかり大臣が、政策決定権限を握り締める地位に定着したわけですから、マスコミのいんちき世論調査とはうらはらに、あらゆるものが空回りして、坂道を転げ落ちるようにどつぼにはまっているのは当然の帰結です。

どこの会社にもいる、契約キャンセルとか、事故とか、未回収焦げ付きとか、不幸を呼び寄せるブラックホールみたいなキャラクターが、”玄葉めひかり大臣”だと思いますが、民主ネオコンの中でも”とくに頭が固い”彼が、政策立案司令塔に抜擢された時点で、民主党政権沈没は決定的になったのではないでしょうか?

センゴク内ゲバ長官にしてもカン総理にしても、国とか国民の行く末をみすえたヴィジョンがないからこそ、ブラックホールの頭の固いネオコン僕ちゃんに重要な仕事を任せてしまえたのでしょうね。

この半年間は、カン・センゴクという人物が、パワーゲームを自己目的化する政治屋にすぎなかっだったということがはっきりした半年間だと思います。
カン・センゴクというパワーゲームしか眼中にない政治屋と、前原・玄葉というような、コペルニクス的転換をしないまま中高年になったような、認知力が欠如した、民主若手といわれる中高年が、この国の政治権力を握り締め、もてあそんでいるわけですから、国の行く末にたちふさがる暗雲が、どんどん黒く大きくなるのは当然です。

その一方で、対する野党はどうかといえば、自民なんかは、いつのまにか世代交代と称して、民主のお子様中高年と同じタイプのネオコン連中をそろえて、”自民党は生まれ変わった”とかやってるわけですから、民主と50歩100歩でほとほとあきれてしまいました。

補正予算の国会審議をめぐっても、野党は、ありもしない”政治と金”を引き合いにして小沢氏の国会喚問実現を条件に、審議拒否の取引材料にしてますが、マスコミで報じられた一連のやみ献金受け渡しの証拠・証言がガセネタだったということを知ってて、そんな茶番を演じているのでしょうか?
マスコミがあえて報じない事実関係を冷静に見てみれば、わざわざ時間をとって、国会招致で本人の覚えがないことを問いただしても、”ないことはない”・・あるいは”公判中でそちらで明らかにするので差し控えさせていただきます”と答えるしかないと思います。そんな国会招致に何の意味があるのでしょうか?
鈴木宗男さんの時も、ありもしないガセネタを元に質問攻めにされ、国民世論が印象誘導されましたが、今、野党が要求している小沢氏喚問が、小沢氏を陥れるための印象誘導を目的とするものだとしたら、逆に道義的責任に問われるのは、冤罪を利用して、小沢氏まっ殺に政治利用しようとする野党の政治屋連中のほうじゃないかと思います。

”そんな暇があったら、経済・外交と国難に対処する議論をもっと深めろよ!”といってやりたい気分です。

これから15年先の日本を考えれば、国民が生きていくために最低限必要な食糧・エネルギーを輸入するだけの外貨を、高齢化による労働力の減少で、今のように稼げなくなる可能性を想定しなければなりません。
しかし、希望はあります。国際競争では外貨を稼ぐ生産に従事できない高齢者でも、国内で自ら生産できる体制ができれば、今のように輸出で外貨が稼げなくなっても、その不足を補うことも可能です。
また、新エネルギー型へ産業構造の転換がすすめば、過度に輸入に頼らないエネルギー供給構造を確保することもできます。
今のうちに、高齢化の将来を見越して投資・インフラ整備されていれば、輸出で思うように外貨を稼げない高齢化社会になっても、生きるための最低限の食物・エネルギーを自給することは可能で、それこそ将来の日本のために早急に着すべきことのはずです。

そうした肝心のことをさておいて、経済オンチのマスコミ幹部のレベルにあわせてありもしないガセネタの政治と金でカラ騒ぎするしかない国会議員だとしたら、河村市長つぶしを第一に考える名古屋市議会の議員といっしょで、いなくてもいい存在です。
税金の無駄ですから、議会なんかなくしていっそ軍事政権にして、国民一人一人に最低限の生活を保障してくれという気分です。

連日連夜、ろくに情報収集もしないで、酒池肉林におぼれている機密費乞食のマスコミ幹部のB級シナリオにつきあってると、今早急に必要なものは何か?というは大切なことも見えなくなります。
今の日本がおかれている状況を、構造的に把握し、時間経過を想定して将来像を把握すれば、ネオコンの前原大臣がいってる近視眼的な農業切捨て恫喝もありえないと思うのですが、ほんとうにネオコンというのは、勘という認知力が欠如した平面論理思考の単純馬鹿なのかもしれません。

1.輸入によって調達している食料・エネルギーを購入するための外貨を稼ぐ、輸出産業の企業の株の6割以上を外国人株主に支配されていて、利益の多くが海外流出する構造を見ない裏読み能力の欠如
2.将来の食糧危機に備えたエネルギー・食糧の自給体制強化=安全保障の危機意識の欠如・・10年先も読めない近視眼
3.重要性比較を、実態価値を体現しない貨幣市場価値ベースのGDPで行い”1.5%のために98.5%が犠牲になっていいのか?”とぶち上げる無知と無恥の二重奏

そんな社会人経験のないネオコンの前原なんみょう大臣が次の総理候補らしいですが、日本に堕ちるところまで堕ちよということでしょうか?・・・土着日本人の自分の感性は、生理的嫌悪感と怖さを感じている今日この頃です。

にほんブログ村 政治・社会問題 にほんブログ村 風力発電・太陽光発電 にほんブログ村 団塊の世代

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »