« TBS報道特集VS岩上動画中継の対比でわかったマスコミ偏向の作られ方 | トップページ | アメリカのバブルのつけ払うTPPよりベトナムとのFTAのほうがお得だと思う »

2011年1月18日 (火)

高級官僚・天下り官僚のボーナス・退職金を無利子国債の現物支給にしたらどうだろう?

民間企業の場合、経営状況が悪いとボーナスのかわりに自社製品の現物支給とかになったりしますが、財政赤字の責任を負う高級官僚・天下り官僚にも、ボーナスとか退職金のかわりに無利子国債発行をして、現物支給するというのはどうだろうかと思いつきました。

どうせ金銭的に余裕がある高級官僚とか天下り官僚です。
現金を支給しても消費よりも貯蓄から外貨投資に回るだけで、国内の景気浮揚には貢献しませんので、猫に小判状態になります。
それならば、現金のかわりに無利子国債を発行してボーナス退職金のかわりに支給することで、国債の利子負担を減らし、財政負担を減らし、その分国民負担になる増税を減らして、国内景気収縮を防ぎながら、財政健全化をすすめれるのではないでしょうか?

もっとも、天下りで無駄使いを重ねて、日本国の財政収支バランスが悪くなれば、現物支給された国債の価値がどんどん下がるわけでして、10年20年後に紙くずになるかもしれないものを現金のかわりに支給されても困る、という高級官僚・天下り官僚の方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、官僚の人たちが進めた政策が正しく、日本が持続的成長を確保し、日本国のファンダメンテルスが上がりつづければ、国債の価値が下がることもないはずです。
むしろ、国家を担っているという誇りをもたれている高級官僚の方々のプライドにふさわしい自己責任を全うできる報酬システムになるのではないでしょうか?

赤字国債を発行しつづけると、いつか引き受けてがいなくなるので、財源確保のために増税を避けて通れないというのが、菅総理とか与謝野大臣の主張です.

しかし、財源確保の有力手段として、増税の前に、お金に余裕がある官僚のボーナス退職金を、無利子国債で現物支給するという、景気を冷やさない財政再建の裏技をぜひ検討してもらいたいものです。

3000万円の退職金を、額面3000万円の国債で払うというプラン、自分の尻拭いを自分で行える官僚冥利につきるしびれるプランではないでしょうか?自信をもっておすすめします!

増税の前に、天下り官僚のボーナス・退職金を何とかしろという方、応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 政治・社会問題 にほんブログ村 風力発電・太陽光発電 にほんブログ村 団塊の世代

|

« TBS報道特集VS岩上動画中継の対比でわかったマスコミ偏向の作られ方 | トップページ | アメリカのバブルのつけ払うTPPよりベトナムとのFTAのほうがお得だと思う »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528455/50622910

この記事へのトラックバック一覧です: 高級官僚・天下り官僚のボーナス・退職金を無利子国債の現物支給にしたらどうだろう?:

« TBS報道特集VS岩上動画中継の対比でわかったマスコミ偏向の作られ方 | トップページ | アメリカのバブルのつけ払うTPPよりベトナムとのFTAのほうがお得だと思う »