« 菅首相新年会参加者数をあえてスルーしたTBS報道のとほほ | トップページ | 最悪の12月発電量ですが、年間経済効果40万円以上というお便りも »

2011年1月 5日 (水)

ジコチュー総理が総理でありつづけることこそが、国民にとっての一番の不条理です

昨日の菅総理の年頭会見に、唖然とさせられた人が多いようです。

話の概要は

”平成の開国元年にする”・・・TPPの推進

”消費税導入の論議をすすめる”

”日米同盟を強化する”

”世の中の不条理を正していく、とくに「政治と金」の問題にけりをつけ、小沢氏にけじめをつけてもらう”・・・無罪なのにけじめをつけろってどういうこと?

”野党には大人の対応として、「国会の質問内容の24時間以上前の通告」「外交のための大臣欠席容認」を求める”

ということでした。

前三つは、衆院選で政権を民主党に託した民意を裏切り、参院選で否認された事実を無視していてとんでもない代物とはいえ、一応、新年の政権運営の方向性を打ち出す、年頭会見の政治方針表明の範疇におさまり、常識の範囲内のものだと思います。

しかし、後の3つは、政策以前の問題で、それを締めくくりに持ってきて強調する意味はなんなのでしょう。公共の電波を使って、先生に告げ口をする中学生みたいなレベルの話で、”この人、いい年して大丈夫か??”と感じさせるものでした。

Photo  ※人相・・年を重ねてからの人相は、人間性が具現化します

聞くところによると、小沢氏の新年会にわざわざぶつけた菅総理の新年会では、事前に客寄せに内閣改造を匂わせていて、えさに釣られる大量参加を見込んで200名分の高級食材を用意していたそうですが、45名しか来客がなく、不条理にも大量の食材を廃棄処分にしたそうです。
恥をかかされた逆恨みで小沢氏にパンチを与えたくなったんでしょうか?あまりにも唐突な年頭会見での離党勧告・議員辞職勧告恫喝でした。

さらに最後に言及した国会運営の件でも、野党の直前の質問通告攻勢で、十分な準備ができなかったというくやしさがにじみ出た個人の感情の発露の意味合いが強いですね。
官僚答弁にたよるしかなく、ディベートの菅のプライドを傷つけられた恨みを募らせていたようです。
”国民の皆さん!官僚答弁しかできなかったのは僕が悪いんじゃありません!野党が準備できないタイミングで質問通告してくるからなんですよ~!”
という言い訳を新年早々伝えたくて、年頭会見という公の場で限られた時間をつかってこぼすあたり、ジコチュー総理の面目躍如です。総理の資質以前に、大人としての見識が問われます。

こらえ性のあるないは、人それぞれですから、菅直人という人間が逆恨みしようがしまいが大きなお世話ですが、年の初めに、わが国の総理大臣が、公共の電波をつかって、告げ口中学生みたいなことやってくれちゃうわけですから、こつこつまじめに生活している大人の国民としてはたまりません(爆)

カン総理は、年頭会見にあたり”不条理を正す”ということを繰り返していましたが、そもそも、衆院選で民主党に投票した多くの国民が感じている、”民主党の一グループの火事場泥棒のおかげで、約束を踏みにじられ、好き勝手なことをされている”という”不条理”をどうとらえているんでしょうか?

コイズミ政権から続くグローバリズム偏重で、国内・とりわけ地方の経済基盤・生活基盤が大きく破壊され、日本の持ち味であり軌跡の経済成長のエンジンであった富の再配分=内需の持続構造が毀損された中、国民が民主党に期待したものとは、逆の方向をカン政権が目指している気がします。

戦後日本の成功モデルであった循環・共生の経済構造・社会構造を、グローバリズムの時代の変化に対応するようにリメイクして、”新たな日本らしさ”で、世界史の荒波を乗り越えることだったはずです。
そのスローガンが”国民の生活が第一””脱官僚”であり”新しい公共”であり”自立と共生”だったんじゃないでしょうか?
そのスローガンの下、官僚機構が必然化させていた無駄の構造にメスを入れ、吐き出させた埋蔵資金で、新たな経済循環のエンジンとなる環境・エネルギー・農業再生・社会で子育て支援をするーなどなど未来創造型の投資を行うはずだったのではないでしょうか?

そうした”脱グローバリズム”の政治ベクトルを掲げて闘ったことが、国民の圧倒的な支持を受け、政権交代につながったのにもかかわらず、鳩山小沢の後を引き継ぐはずのカン政権が行ってきたのは、裏切り行為の積み重ねとしかいいようがありません。

党内論議もなく、党内グループに過ぎない一部ネオコン連中の要望で、真逆の新自由主義への方針変更を行い、その時点では参院で通過するはずだった郵政資金防衛法案など、鳩山政権から引き継いだ法案をあえて先送りし、結果的にすべて廃案にすることで、政権交代後の成果をことごとく無にしてきました。
そうして選挙で支持された国民との約束をことごとく反故にする一方で、民意がNOをつきつけたコイズミネオコン路線への回帰をひそかにすすめ、アメリカマフィアと結託したマスコミ・官僚グループの支持をとりつけながら、自らの延命を最優先に確保してきたというのがカン政権の実際の姿ではないでしょうか?

昨年9月の民主党代表選で、棄権票が三分の一も出たなぞの地方票によるポイント差で、大勝した後のバツの悪そうなカン総理の顔は、裏で何が行われたかということを如実に語っています。

カン総理自ら信任選挙と位置づけた参院選挙で国民にNOを突きつけられながら、誰一人責任をとらなかったばかりか、国民に否定された方針の修正もしない”不条理”をどう説明するのでしょうか?
実在すら怪しい二回目の検察審査会議決とか、代表選挙ではインチキのにおいをプンプンさせながら、疑惑を晴らす情報公開を妨げつづける”不条理”を隠蔽し続けるつもりでしょうか?
自らが招いた”不条理”の数々に目を瞑り、ひたすら権力にしがみつき、国民にNOをつきつけられたネオコン路線に固執し続けるカン総理の存在そのものが、一昨年、民主党に希望を託し一票を投じた大多数の国民にとって”最大の不条理”だといえます。

その”不条理の根源”である張本人が、裏献金の事実がなく冤罪が濃厚な小沢氏を、”政治と金”問題で断罪し、実在した証拠を提出できず実在しなかった可能性が99.93%以上ある、二回目の検察審査会の起訴議決をもって、離党勧告・議員辞職に相当する”正すべき不条理”として言及するわけですから、これ以上の”不条理”な行いはありません。

このような”恥知らずなひとでなし”を総理として選択し、放置し続ける民主党の気が知れません。
所属議員による速やかな良識ある判断を求めます。

そして国民が真に望んだ”自立し共生する=日本再生”の道を再スタートさせることを切に願います。

にほんブログ村 政治・社会問題 にほんブログ村 風力発電・太陽光発電 にほんブログ村 団塊の世代

|

« 菅首相新年会参加者数をあえてスルーしたTBS報道のとほほ | トップページ | 最悪の12月発電量ですが、年間経済効果40万円以上というお便りも »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528455/50502223

この記事へのトラックバック一覧です: ジコチュー総理が総理でありつづけることこそが、国民にとっての一番の不条理です:

« 菅首相新年会参加者数をあえてスルーしたTBS報道のとほほ | トップページ | 最悪の12月発電量ですが、年間経済効果40万円以上というお便りも »