« 高級官僚・天下り官僚のボーナス・退職金を無利子国債の現物支給にしたらどうだろう? | トップページ | 未来のためというよりピンはねされるための財政再建じゃないのか? »

2011年1月21日 (金)

アメリカのバブルのつけ払うTPPよりベトナムとのFTAのほうがお得だと思う

世界経済のネタ帳という便利なサイトを発見しました。
http://ecodb.net/
各国の経済統計にアクセスして、グラフ化できるという”優れもの”のサイトですが、ここで菅政権が爆進中のTPP交渉参加国のデータを入力してグラフ化して見ましたら、TPPよりも、ベトナム・マレーシアとのFTAのほうが百倍おいしいことがわかりました。
以前当ブログの記事”TPPは平成の開国というより平成の売国”で書いたとおり、純金度が高いわが国の金貨と、純度が著しく低いアメリカの金貨を交換させられるはめになるということをますます確信したしだいです。
 
GDP購買力平価データとか名目GDPと実質GDPの差がわかりやすいGDPデフレータなどで、TPP交渉参加国の比較をして、互いに交換する金貨の純金度比較と仮想してみてみると、シンガポールとアメリカがバブル化していて、日本だけが実質価値より低い値段で交換する状況でその分損することがよくわかります。

Gdp

Tppgdp


Tpp

Tppgdp_2

将来の市場成長余力を、わが国の経済成長のうまく原動力に取り込むという視点で、おいしいパートナーをさがすには、現在のGDPと人口を見てみるとひらめくものがあります。どうみてもベトナムの可能性がぴか一です。TPPよりなにより、ベトナムとFTAを実現して、パートナーシップを強化することとのほうが先決だと思いますが、カン総理の頭の中は公費でグルメ三昧のばちがあたって脳みそが溶け始めたのでしょうか?

マネーゲームで市場をゆがめる欲豚がのさばるような国は蚊帳の外において、日本らしい共生協和の世界市場を形成するパートナーをはじめから作るべきだと思いますが、アメリカのケツの穴をなめることで、延命を図ってるかのような菅政権のことです。あえてアメリカはずして、国益を追求なんてまともな芸当は期待できそうにないのがつらいところです。

もう、アメリカの顔色を伺うばかりで、日本をないがしろにするような政権は要りません。
日本の国と国民のために政治を動かそうという、当たり前のことができる政権をのぞみたいものです。

にほんブログ村 政治・社会問題 にほんブログ村 風力発電・太陽光発電 にほんブログ村 団塊の世代

|

« 高級官僚・天下り官僚のボーナス・退職金を無利子国債の現物支給にしたらどうだろう? | トップページ | 未来のためというよりピンはねされるための財政再建じゃないのか? »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

日ベトナムEPAは、2010年10月に発効していますが...

投稿: 山口琢磨 | 2011年5月27日 (金) 23時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528455/50648902

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカのバブルのつけ払うTPPよりベトナムとのFTAのほうがお得だと思う:

» 動きが凄い [みやびのブログ]
金原油先物相場が凄い動き。いつ来るかが問題なんだけど、こればっかりはねぇ・・・独立国大和 全世界に及ぶ試練とは?まぁ日本国内でも知っている人物は当然いるでしょう。ご主 ... [続きを読む]

受信: 2011年1月23日 (日) 22時50分

« 高級官僚・天下り官僚のボーナス・退職金を無利子国債の現物支給にしたらどうだろう? | トップページ | 未来のためというよりピンはねされるための財政再建じゃないのか? »