« 天皇皇后両陛下の東北慰問・・まごころのべースにあるもの | トップページ | 太陽光発電の訪問販売の雇用形態の裏事情に大企業とブラック企業の相互依存を見る »

2011年4月29日 (金)

自分自慢のために政治をする政治家たち

世の中のエンジンである経済は、利潤の追求の上に成り立っています。それを踏まえれば、”政治はそれぞれの利害集団の損得取引の手段である”という割り切った見方も当然のことながらありだと思います。
しかし、既存の経済原理だけではカバーできない、”人道的価値を下支えするもの”としての政治の理想的意味合いも常に大切にされるべきものだと思います。

最近、菅総理の続投を支持していた人たちまで、菅政権の継続に異を唱える人が増えてきていますが、政治の理想的意味合いを下支えする、人道的価値の守護者であるべきリーダーとしての、人間的資質が欠けていることを実感させられる人が多いのだと思います。

人間性の評価というものは得点集計のように合理性で構成されるものではありません。

その人となりから滲み出てるものから何を感じさせるかというものです。

いくら得点を稼ごうと、策を考え手を打っても、まったく別の土俵で点数を稼ごうとしても的外れの努力になります。

利害得失を超え、小手先の策を捨て、”人間としての誠”だけをを真ん中におき、愚直に、いまできるやるべきことをこなし続けること・・・困難なときほど、シンプルなスタンスが求められてくると思います。

しかし、自分も含めて頭でっかちの人間ほど、本質を見失い、自分の能力を過信して、思いつきの策を弄するあまり、かえって墓穴をほってしまうこともありがちです。


カン・センゴク政権といわれる、民主党内の入試偏差値が高い”お子様中高年たち”の政権運営を見ていて感じるのは、頭でっかちの人たちというのは、おもいつきのプランを理屈立てすることは得意でも、肝心の局面を打開する現場力がないということです。
偏差値の高い人たちでも、あわせて現場力も兼ね備えているというのが普通で、そうゆうひとたちが世界のトップクラスで戦える日本企業を支えているわけで、それがかえって政治に流れた人たちの底の浅さを際立たせています。

今回の震災でも、政治家のぼくちゃんたちは、”みんなの知恵をあつめて最高の復興プランをつくろう””企画立案こそ頭がいい僕ちゃんたちの力が発揮できる場所だ!”と気合を入れて取り組んだのかどうか?アホみたいに会議を乱立させたみたいで、程度の低さをさらけだしちゃってます。

※参考記事 ダイアモンドオンライン 菅政権の「会議乱立」が招く震災復興への致命傷(財部誠一)・・・企業の震災復興と政治の落差がわかりやす記事

http://diamond.jp/articles/-/12057

Takarabe


よく頭のいい新入社員が、根性営業の場にまわされて、逃げるように退社する時、

”自分は企画の仕事をするためにこの会社に入りました。今のままでは、自分の才能が活かせないのでやめさせていただきます。”

というパターンが少なからずアルようです。

ですが、じゃあ企画をやらせてうまくいくかというと、学生の研究発表会みたいなマニュアルのつぎはぎみたいな企画で、”現場感覚に裏打ちされた躍動感がない!”というレベルなのが見えています。
その手の企業社会不適合の人間たちが、安易に自己実現のツールとして”政治家”を志したりするものですから、自分自慢のガキのような浅はかな政治がのさばっているわけで、国民にはいい迷惑な話だと思います。

政権交代直後・・大量の新人議員を生んだ民主党ですが、当時の小沢=鳩山体制では、”新人の現場力”をつけるために、”新人の一番の仕事は、次の選挙で勝つこと”と選挙区でのどぶ板活動を一番の仕事とさせました。
当然”自分探しで政界入りした僕ちゃんたち”は、間が抜けたイケ面の学くん補佐官みたいに”小沢さんは、政策つくりをさせてくれないんです。僕たちの知識が活かせないんです。”と泣き言をいってたみたいですが、同じような僕ちゃん議員が”皆さんの才能を生かせる政策立案の場を与える”と約束した菅支持に回ったんでしょうね。

その結果が今日ですから、今の悲惨な政権中枢のふがいなさは、なるべくしてなったものだといえます。

ほんとうの企画とは、現場の息吹を吹き込まれてはじめて、リアリティが生まれ、説得力が生まれるものだと思います。理屈で語れない、体で感じるもの・・・それは、机の上でいくら考えても身にならないというのが真実で、それを体得できないうちは、切れ味のアル企画立案をたてることはできないはずです。
多くの企業が、新人に、現場でどろどろの仕事をさせ、それを超えたものにのみ次のステップを与えるはずですが、表面的な合理性を越えた中でしか身に付かない”現場力”=日本企業の力の源泉”を大事にしているからにほかなりません。

自民の二世議員にしても、民主の偏差値の高い僕ちゃんにしても、”現場力”を身に着けることなく、社会の頂点に祭り上げられている・・・そんな連中がわかった顔して国を動かしているわけです、国民にしてみれば迷惑な話です。リコールされた名古屋市議会じゃないですが、大胆なリセットを望みたい気分です。

にほんブログ村 政治・社会問題 にほんブログ村 風力発電・太陽光発電

|

« 天皇皇后両陛下の東北慰問・・まごころのべースにあるもの | トップページ | 太陽光発電の訪問販売の雇用形態の裏事情に大企業とブラック企業の相互依存を見る »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自分自慢のために政治をする政治家たち:

« 天皇皇后両陛下の東北慰問・・まごころのべースにあるもの | トップページ | 太陽光発電の訪問販売の雇用形態の裏事情に大企業とブラック企業の相互依存を見る »