« 貪欲すぎる”マネーの欲豚”こそ諸悪の根源・・ビンラディン死亡で歓喜の馬鹿騒ぎのUSAってアフォですか? | トップページ | 小選挙区議員定数削減と票格差是正を同時に実現する方法 »

2011年5月 5日 (木)

”利己主義を脱した国民が増税に賛成するようになった”という堀田力の正体

”さわやか財団”理事長という肩書きで、さわやかな善人の代表みたいな顔して、やたらテレビで登場している元東京地検特捜部検事(当時対米自立外交を進めようとした田中角栄を見事失脚させた)の堀田力という人がいます。
Photo

参考 堀田力氏の「さわやか」でない横顔について
http://slashdot.jp/~vn/journal/475349

昨日のNHKの大越工作員の番組で震災の被災者支援のボランティア活動の紹介をしていたと思ったら、最後の締めが、震災復興のための増税推進の世論誘導だったんであんぐりしてしまいました。

今回の震災で日本人が他人を思うようになったのはいいんですが、それを増税賛成と結びつける話の進め方は、”さすが工作員!”という感じでした。
世論調査で32%の国民が増税に賛成というグラフを示し、”かっての国民は利己主義で自分に損になる増税のようなことは絶対反対だった。それが32%ものひとが賛成するようになったのはすばらしいことだ!”という話の進め方だったんですが、”おいおい!官僚の焼け太り反対!増税反対!の人間は利己主義者かよ!”といわずにはいられませんでした。

だいたい”さわやか財団”って通産官僚の天下り団体のJKAのぶらさがり団体じゃないですか?いうなれば国民の税金を、交付金という形で天下り団体経由でもらって、そこから高額な報酬もらってるくせに、そうした無駄な税の使い方はそのままにして、増税反対は国民の利己主義?・・冗談じゃないですよ。

ひとの善意につけこんで公共の電波を使って増税を正当化するとんでもない”たぬきおやじ”だと思いました。頭にきたんで税金のおこぼれで報酬を得ている堀田力の実像を暴いてみます。

堀田力が理事長を務めるさわやか財団の一番の収入源は、JKAなどからの交付金です。
(クリックすると拡大)
Photo_2
JKAというのは、競輪・オートレースなど地方公共団体の公益ギャンブルのサポートを目的とした通産官僚の天下り団体ですが、
そのJKAの収入の多くは、税による交付金に依存しています。
(クリックで拡大)

Jka

国民にしてみれば、なくてもこまらないような公営ギャンブルのイメージアップの広報活動ですが、交付金としての250億円拠出されているんですね。その一環としての社会貢献にたいする交付金として、さわやかな気持ちを社会にひろめる”さわやか財団”に2200万円ほど毎年支給されていて、それが、年1000万以上はあるだろう理事長の報酬として支払われているんじゃないでしょうか?

そうしたとってつけたような”社会貢献活動ブリっこ”の団体の役員報酬(天下りが多い)を社会貢献活動の項目で税金を使うことを温存するために、景気を底抜けさせてまで増税を進めようというほうがよっぽど利己主義的と思います。

自立外交を目指した愛国政治家を失脚させた”ご褒美”で、”さわやかな善人”としての”安定した老後”を約束された世論工作請負人の堀田力さんにしてみれば、自分のさわやかな魅力で”増税推進の世論誘導”という任務遂行しか頭にないのでしょう。

あのひとのよさそうな笑顔のすきまで一瞬垣間見える”細い目の奥の鋭いきらめき”・・・彼の本性を見抜いているひとは何人いるでしょうか?あのニセ会津の渡部恒三に通じるものがあります。

にほんブログ村 政治・社会問題 にほんブログ村 風力発電・太陽光発電

|

« 貪欲すぎる”マネーの欲豚”こそ諸悪の根源・・ビンラディン死亡で歓喜の馬鹿騒ぎのUSAってアフォですか? | トップページ | 小選挙区議員定数削減と票格差是正を同時に実現する方法 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

まったくです。
thunder

政治献金でも小沢を悪人と決め付けていました。それから嫌いになりました。
自分だけが善人面しやがって。

スピード違反キップ(政治資金規正法)で宰相の座を強奪した大悪人です。特捜の暴走を止めさせるには堀田のような偽善者の仮面を剥ぐ事です。

ありがとうございました。

投稿: YAMACHAN | 2011年5月 5日 (木) 16時49分

驚きました! 
アメリカが田中角栄首相を追い落とすために仕組んだロッキード事件で、この男「堀田力」が刺客だったのですね?
いわゆる「堀田力=売国奴」ということですね。
ところで、「最高裁事務総局」の天下り企業「富士ソフト」や「インテック」へ顧問として天下りしていた連中が、天下りの実態が暴露されそうになって、一斉に役員を逃げ出したらしいですが、堀田力や堺屋太一という男の名前が出ていました。
これで糸が繋がってきて真実が判りました。
ありがとうございました。

投稿: gaogao | 2012年3月19日 (月) 22時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528455/51581957

この記事へのトラックバック一覧です: ”利己主義を脱した国民が増税に賛成するようになった”という堀田力の正体:

« 貪欲すぎる”マネーの欲豚”こそ諸悪の根源・・ビンラディン死亡で歓喜の馬鹿騒ぎのUSAってアフォですか? | トップページ | 小選挙区議員定数削減と票格差是正を同時に実現する方法 »