« ”電田プラン”支持の鹿野農水大臣!休耕田をコンクリートで固めちゃって本当にいいんですか? | トップページ | 文学部系知識人集め財務省と官邸の代弁をさせた復興会議 »

2011年6月28日 (火)

民主両院議員総会にげんなり!議員のサラリーマン化を生んだ小選挙区制

本日民主党の両院議員総会が開かれたようですが、カン総理の居直りに対する不満がたまっているようなので、代表の解任動議とか、執行部にたいする解任動議とかの具体的な動きがあるかと思いきや、不満をほえるだけのガス抜き大会だったようですね。

具体的な議案に議決をするわけでないのに一同に会して、意見をいったところで、言うほうが、言いっぱなし、言われたほうは、知らん振りで終わるのなら、単なる時間の無駄だと思います。

民主党がいらない政党であることがはっきりした日だったと思います。

ちょうど、面白い世論調査結果があるんですが、カン総理が来年もいるだろうと思う投げやりな人の数がこんなにある世論調査結果に、民主党がこの二年間、多くの国民に植えつけた”政治に対するニヒルな感情”がよく現れていると思います。

参考・・・ダイヤモンドおんらいん世論調査

カン総理が来年まで居座ると予想する人がこんなにいる!
Photo
Photo_2

結局日本人というのは、えげつないほどの執着を見せられると、同じ土俵に立ちたくないから、さっさとエサをくれちゃう淡白なところがあるんですよね。
高額所得番付で上位の人の多くは、もともとは日本人じゃない人が多いらしいですが、カン総理同様、ニヒルな日本気質に便乗した賜物かもしれません。

結局は、何百人と議員がいて、それぞれが国民の意見をもって集まったとしても、執行部がその意見を黙殺したらどうしようもなく、ひとにぎりの執行部が勝手にまとめた意見に従うしかないのなら、国会議員ってなんなのかと思いますね。

選挙の公約も何も反故にして、官僚と談合した執行部がすすめる路線を追認させられるだけ、それに反対でも、せいぜい両院議員総会で怒号をあげる程度で、本気で動かす動きをしない。

民主党議員も、カン総理と同じで、国のため、国民のため、何を実現するかということではなく、自分の立場を如何に守るかが大事なひとたちの集まりなんだと思い知らされました。それはここ10年の自民党も同じで、結局、自民党も民主党も、根っ子の部分は同じサラリーマン病という同じ病にかかっているんだと思いますね。

それを変えようと思ったら、議員一人一人が独立した意志を行使できる、あるいはもっと意思疎通ができる小集団をベースに意志を実現できるシステムを再生させないといけないでしょうね。

そのためには、いまのような一握りの執行部を中心とした官僚的な党運営を必然化させ、議員をサラリーマン化させる、”小選挙区制”そのものを見直すべきだと思います。

小選挙区制度で、党執行部の力が絶大になったことで、執行部を制圧すればあとの議員は頭数でしかないという状況が生まれました。それが今の政治の体たらくを産んでいるといえます。

党議拘束なんかやめにして、政策ごとの議連中心の政治にかえたほうがよっぽど活力がある政治が生まれるはずです。

いまのままの制度で、それぞれの政党の数人の執行部の政治ごっこのために、何百人も議員を集めて、国会を開くことに意味などない気がします。各選挙区で選ばれる議員が、執行部の手駒の頭数でしかないのなら、最初からひとにぎりの政治執行部を選挙で選べばいいんじゃないかと思うからです。
結論はひとにぎりの政党執行部が独占しているわけですから、明治維新みたいに元老と御前会議でいいんじゃないですか?むだな人件費とか選挙経費の節約になります。

大声で不満をいうだけしか能がない議員、だまって執行部の金魚の糞になるしか能がない議員、意志を実現できない無駄な頭数のために多額の税金を使うのなら、震災被災者の支援に使ってもらいたいものです。

できレースの株主総会みたいな今日の民主党両院議員総会を見るにつけ、執行部が意見を封殺するしかない政党は、政治への絶望を生む害悪でしかないと痛感しました。

政党政治も、小選挙区も、ゼロベースで考え直すときだと思います。

にほんブログ村 政治ブログ にほんブログ村 政治・社会問題 にほんブログ村 風力発電・太陽光発電

|

« ”電田プラン”支持の鹿野農水大臣!休耕田をコンクリートで固めちゃって本当にいいんですか? | トップページ | 文学部系知識人集め財務省と官邸の代弁をさせた復興会議 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

本当に今の民主党の議員の不甲斐無さには
情けなさを通り越して、軽蔑さえ覚えます。

40人程の執行部というグループが400人の議員の行動を決めているのです。

選挙でペラペラと訴えた言葉は、とっくの昔に忘れたようで、
議員の高額歳費と先生と呼ばれる優越感から
落ちこぼれたくない気持ちしか
残ってないようです。

菅総理は「脱原発」で解散をして、勝利出来る見通しがあるのでしょうか。
選挙全敗の岡田氏が幹事長で・・・・・

こんな国会議員達は、早く選挙で落ちてくれ!!

投稿: 新党 一人 | 2011年6月30日 (木) 00時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 民主両院議員総会にげんなり!議員のサラリーマン化を生んだ小選挙区制:

» 「新エネルギー政策」争点の8月衆院選は「国民の生活が第一」を壊し民主党を大敗させる [国民の生活が第一は人づくりにあり]
 原発依存を減らす「新エネルギー政策」を争点とする8月衆院選は「国民の生活が第一」を壊し民主党を大敗させる。 国民は管内閣の増税路線・法人税は減税だが震災復興に名を借りた経済悪化政策を肌で感じているのだ。... [続きを読む]

受信: 2011年6月29日 (水) 10時33分

« ”電田プラン”支持の鹿野農水大臣!休耕田をコンクリートで固めちゃって本当にいいんですか? | トップページ | 文学部系知識人集め財務省と官邸の代弁をさせた復興会議 »