« 帰化系(ユニクロ)VS土着系(トヨタ)トップの感性の違い・・・同じ経済人でもこうも違うTPPの語り口 | トップページ | 外資の”治外法権”を認めるTPPのISD条項の意味も理解できないアフォは不信任すべき »

2011年11月13日 (日)

LIVE福島を見て改めて思う!日本のふるさと東北をユダ金の餌食にしてはならない!

一昨日ノダ総理がTPP参加に向けた協議開始を表明をしました。TPPで求められる非関税障壁の撤廃で、農地の外資規制・転用規制解除がすすみ、廃業に追い込まれた農家の土地がユダ金外資も含めた大手資本に組み込まれることで、日本のふるさとの姿が大きく変わろうとしています。

やがて、TPPで増大した大手資本による化学肥料漬け、農薬漬けの単純大規模農業は、土地をやせさせ、何兆もの微生物の働きがかさなってはじめて生まれる、自然に育まれた深いうまみのあるおいしい農産物の生産力は、どんどん消滅していくことになるでしょう。
その結果、日本の農業の命であるおいしい農産物がだんだん作れなくことになりますが、すぐに変化が表面化しないというのが怖いところです。気づいたときには、日本の農地が荒らされすぎて、後に戻れないほどの状況になっているという可能性も考えなければなりません。

ですから、道の駅の直売所を利用して生産農家からの直接購入をする・外国産ばかりのスーパーでは買わない・地場野菜を扱う地域密着の中小スーパーを応援する、など、日本を愛する消費者としてできるところで微力ながら支えになって、日本の農地を守りたいと思います。

ところが、”入試偏差値が高かっただけ”の、”現場の中で蓄積される暗黙知が欠如した”、”机上の空論バカ”の”官僚”とか、”民主・自民のネオコン”は、同じ品種の種をつかえば同じ味の作物が作れると勘違いしているようで、”農業の再生”を、大規模化・資本の集約化・大資本の参入自由化など、経営効率にのみとらわれた機械的合理性の延長線上で”農業の再生”を考えているようですが、それは大きな間違いです。

日本のおいしい農作物の高い品質は、きめの細かい農家の努力のうえに存在していて、それこそが競争力の源です。それが活かされるためには、価格・量だけに縛られず消費者がトータルに商品価値を選択できる売り場が確保されていることが求められます。

しかし、大規模量販店の進出で本当の商品価値を伝えた販売をしていた小売店が駆逐され、日本の農作物の商品価値を伝える販売経路が確保されていません。

そんななかで、TPPにより仕入れ原価が恐ろしく低くなれば、イオンGのように暴利が狙える農産物だけを品揃えするスーパーが増えてくるするのは見えていまして、いいものをつくっても利益重視のスーパーの都合で流通から排除される可能性は大いにあります。(いいものづくりをする日本の生産者に協力的だったアピタの品揃えが、TPP後を意識してなのか、最近外国産にシフトしているのが気になります。)

おいしい日本の農作物を求めて買い物にいっても、外国産しか売ってなかったらしょうがなしにそれを買うしかありません。おそらくイオンのバリューブランドなど、日本産にカリフォルニア産をブレンドして原価を下げて利益率をあげる得意のぼろもうけ商法を多発させるのはミエミエで、スーパーの食品売り場の営業方針が決め手になって、日本の農家の流通がストップされることも大いにありえます。(そうしたふざけた売国スーパーでは買い物をしない不買運動をぶつけてやりましょう!)

現在日本一のおいしいといわれる福島の農作物が、放射線未検出のものまで風評被害で流通から排除され、どんなにいいものをつくっても廃棄処分にせざる得ない状況に追い込まれていますが、その中で直接流通をしようとした農家が独自に放射線を調べた結果、土に放射性物質がまかれても、いい土壌が作られていれば作物には吸収されないということが明らかになってきました。

原発事故で放射性物質が飛散したはずなのに、福島の農産物が放射能の安全基準をクリアできたのは、汚染数値をごまかしているだけだと感じている人が多いようですが、本当のところは、植物である農作物自身で吸収する成分を選択しているということです。
福島の農家が作物が最適に栄養を吸収できる土壌をつくっていて、そのおかげで農作物が有害物質を取り込まないで済んだというのが本当のようです。これは満足に食事ができるひとが、くさりかけた残飯をたべないのと同じ原理で、作物が必要とする最適な土壌環境が作られているところでは、農作物による土壌の有害物質の吸収が抑えられるようです。

福島の農家は、そうした作物と会話するきめの細かい農作業を続け、土壌を育ててきたのですが、入試の成績がよかっただけの法学部卒の”わからちんの智恵なし”官僚や政治家は、TPPで日本の農業を合理化させようとしているわけで、わからんちんの大きなお世話です。

いくら科学が進歩しても、この世界のことで人間が把握できていることはほんのわずかのことだという謙虚な気持ちがあれば、規模と機械と薬物とに頼った合理化だけでものごとを画一化する間違いに気づくはずですが、ほんとうに入試の成績がよかっただけのアフォな連中は死ぬまで直らないんでしょうね。(もっともその入試の成績もよくなかったアフォが総理と外務大臣と財務大臣やってますが(爆))

そうしたアフォが思い込みで進める政策で、福島の農業がつぶされ、ユダ金に買収された農地転用で福島の農地・山林が世界の核のゴミ処分場にされるされるとしたら、たまったもんじゃありません。(世界中で原発が稼動していますが、どの国も核廃棄物処理の道筋が見えていません。そのため核のゴミ処分仲介ができた場合には、ぼろもうけ間違いなしです。)

ちょうど深夜にLIVE福島のドキュメンタリーをやっていたんですが、原発利権のいけにえになった福島を、この上、買収ユダ金のいけにえにして、TPPの犠牲にすることはあってはならないと改めて感じました。

LIVE福島の動画は、日本人として、どうしても守らなければならないもの・・・ふるさとを想う気持ちがストレートに伝わってきて、心を動かされました。

外務官僚・通産官僚に外堀を埋められ、政治がどうこうしても、売国政策がかってに進められる国です。被災地の農業が存亡の危機にさらされる、TPPの規制緩和をとめることはできないかもしれません。

ならば、日本を愛する、こころのこもった日本の農作物を応援する、日本人ひとりひとりの絆の力で、生産者直販流通体制を作り口コミでひろげることができれば、土を大事にする本来の日本農業を支えることができます。大手流通資本の店頭から排除されたとしても、日本を愛し、ふるさとを守ろうとする日本人の一人一人の力で、直接買い支えれえばいいだけです。

たとえ政府が勝手に進めたTPPで不利な条件を押し付けられたとしても、日本国民が力を合わせれば、ユダ金はじめとした、強欲な資本による、日本の農業破壊を阻止することはできます。

LIVE福島というイベントは、ただの音楽のお祭りにとどまらない・・・力を合わせて日本を守ろうという純粋な気持ちを奮い立たせてくれました。特に西田敏行さんの”あの街に生まれて”の場面は、ひとりひとりの姿に、日本人として守るべきものは何かということをつきつけられ涙が止まりませんでした。

福島県は、ラストサムライの地として、棚倉城・白河小峰城・二本松城・会津鶴が城と武士の時代をしめくくる最期の戦いの地となった土地です。損得よりも義を重んじ、勝ち目がない戦に、多くのラストサムライたちが死に花を咲かせて散っていった悲劇の地です。しかし、ひととして生き死んでいくことの意味を身をもって刻み込んでくれた土地です。

Souma

2011nomaoi

1060年の歴史を持つ相馬野馬追

その土地が、大震災と原発事故という二重苦を強いられ、その苦難に立ち向かう人たちが逆に日本中に勇気を送り、また、人間にとって大切なものが何かを伝えてくれる・・・歴史的運命のめぐりあわせを感じつつ、日本人のひとりとして、改めて福島を応援したいと感じました。

以下引用動画 LIVE福島より 

福島からあまりにも多くのものを奪った原発




 

 

この楽曲は、『TOKYO FM 携帯サイト』http://www.tfm.co.jpと、
PC用音楽ダウンロードサイト『OTOTOY』http://ototoy.jpで配信しています。

この収益の全額が福島県災害対策本部に寄付されます。
みなさんご協力お願い致します。

あれが阿多多羅山、
あの光るのが阿武隈川。
ここはあなたの生まれたふるさと、
あの小さな白壁の点点があなたのうちの酒庫。
それでは足をのびのびと投げ出して、
このがらんと晴れ渡つた
北国の木の香に満ちた空気を吸はう。
あなたそのもののやうなこのひいやりと快い、
すんなりと弾力のある雰囲気に肌を洗はう。

高村光太郎 樹下の二人より 引用以上

人として守るべき一番大切なものはなになのか?

そこに軸足を置くと、
口先上手の政治屋のつじつまあわせも、
経済評論家の上滑りの解説も、
空々しく、心に響かない、偽りの言葉ばかりだということがよく分かります。

にほんブログ村 政治ブログ にほんブログ村 政治・社会問題 にほんブログ村 風力発電・太陽光発電 にほんブログ村 経済ブログ

|

« 帰化系(ユニクロ)VS土着系(トヨタ)トップの感性の違い・・・同じ経済人でもこうも違うTPPの語り口 | トップページ | 外資の”治外法権”を認めるTPPのISD条項の意味も理解できないアフォは不信任すべき »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528455/53231482

この記事へのトラックバック一覧です: LIVE福島を見て改めて思う!日本のふるさと東北をユダ金の餌食にしてはならない!:

« 帰化系(ユニクロ)VS土着系(トヨタ)トップの感性の違い・・・同じ経済人でもこうも違うTPPの語り口 | トップページ | 外資の”治外法権”を認めるTPPのISD条項の意味も理解できないアフォは不信任すべき »