« 役人大喜びの小宮山大臣の年金開始年齢引き上げ~定年延長 | トップページ | キムジョンイル死亡とか従軍慰安婦とか半島ネタが多い週明けですが »

2011年12月19日 (月)

鉄対応IH調理器を陶器なべ対応にできる裏技

鍋の季節になりましたが、先日ひょんなことでIHでも土鍋が使える方法を体験しました。
古い住宅でシステムキッチンでない我が家では、台所ではガスレンジを使用していまして、鍋のときだけ卓上IHを使っているんですが、そのおかげでIHで土鍋を加熱できるという体験をすることができました。
そもそもIH対応の土鍋があるのに、うっかりIH対応じゃない鍋で調理をしてしまったことが原因ですが、いざ卓上IHに移す段階で使った土鍋がIH対応じゃないことに気づいてあせりました。

”このまま台所で調理して器に装うだけにするか?”
”ぐちゃぐちゃになることを承知でIH対応の土鍋に移し変えるか?”
”IHの原理を踏まえた裏技を使うか?”

三択を迫られたわけですが、普段からやたら価格が高いが、熱効率が60%くらいでめちゃめちゃ悪く・余熱やけどの心配もあるオールメタル対応IHの必要性がなくなる裏技商品のアイデアを考えていた自分としたら、絶好のチャンス到来です。

”鉄板かフライパンを載せてそのうえに土鍋を載せれば、裏に鉄板を貼り付けてあるだけのIH対応の土鍋と同じだから大丈夫だよ!”

といいつつうまくいかなかったらどうしようとアヘアへしながら試してみたんですが・・・見事大成功でした(通常よりも出力を高めにしなければいけませんでしたが・・・)。

年配の方の家では、火がこわいからIHにしたいけど、IHに替えると使い慣れた鍋が使えなくなるということで迷われている人が少なからずいらっしゃいます。そうゆう人には、今回つかった鉄対応IHを万能にする使い方は、役立つことができそうです。

Photo

もっともこの裏技・・・、超高温になって危険な鉄板の後処置がめんどうでして、十分冷めるまで、片付けできないというのが玉に瑕でしたが、邪魔にならない形状の耐熱持ち手なんかつければ・・高温のまま撤去できるわけで、ちょっとした改善策で実用化できそうです。

もっともこんなことをブログで書くと、百円ショップですぐ商品化して、粗雑なつくりの中国製でやけど事故が多発するという心配もあります。
せめて、新潟県の燕三条に多い誠実な日本の食器メーカーが商品開発してくれて、安全性が担保されれば、鉄対応IHの販促品として大いに活用したいと思いますが・・・燕三条の食器メーカーさん・・・いい商品提供期待します!

にほんブログ村 経済ブログ にほんブログ村 政治・社会問題 にほんブログ村 風力発電・太陽光発電

|

« 役人大喜びの小宮山大臣の年金開始年齢引き上げ~定年延長 | トップページ | キムジョンイル死亡とか従軍慰安婦とか半島ネタが多い週明けですが »

「太陽光発電関連情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528455/53519161

この記事へのトラックバック一覧です: 鉄対応IH調理器を陶器なべ対応にできる裏技:

« 役人大喜びの小宮山大臣の年金開始年齢引き上げ~定年延長 | トップページ | キムジョンイル死亡とか従軍慰安婦とか半島ネタが多い週明けですが »