« 政治家の仕事がつぶし合いなら血税で雇う必要はないだろう | トップページ | 法の網をくぐった建築物による日影被害を受けた気の毒なユーザーさん »

2011年12月 8日 (木)

カジノで被災地復興を考える政治家は本当に日本人なのか?

失われつつある日本人の生き様を、世代をつなぎながら大切に守ってきた東北人に対する敬意・・・心の奥に美しき日本に対する郷愁を持ちつづける日本のDNAをもつものにとって、今回の東日本大震災は、自分のふるさと、肉親を失ったと同じくらい、深い悲しみに突き落とされた出来事でした。

そして、その絶望的な状況の中から、”哀しい潔さ”を背負いながら決然と立ち上がり、ふるさとを再興しようとという被災地の人たちの姿は、かってアメリカとの戦争で、すべてを奪いつくされた廃墟の中から、新しい歩みをはじめた祖父や祖母や父や母の姿と重なり、大いに大和心を揺さぶられました。

ふるさとの山や川や海を愛し、天の恵みに感謝しつつ、他人を思いやりながら、その喜びを求めて、心を込めてものづくりに励んできた、日本人の原点とも言える生き方を守り抜いてきた東日本の被災地の人々・・・。その清廉かつ実直な生活の営みが再び取り戻されることこそが、被災地のみならず、すべての日本を愛するものの願いだと思います。

ところが、この国の権力中枢にいる政治家というのが・・・本当に心ない連中の集団だということがわかり愕然とさせられました。先日の国会での大門議員の質問の内容からすると、なんと、被災地の弱みに付け込んで火事場泥棒のように、震災復興の名目で一大カジノゾーンを計画しているというから、恐れ入ります。

参考画像(クリックで拡大・・大門氏が追及した政府の被災地カジノ計画)

Photo

Photo_2

東北の人の、心をこめてものづくりに励む心意気が、世界の製造業のサプライチェーンの必要不可欠な、他で代替できないくらい高度な生産拠点をつくってきましたし、心の底からおいしいと思える食材の宝庫となってきました。

今回カジノ計画を推進している連中は、その重大な事実をどうとらえているんでしょうか?

東北人のみならず、日本人として守るべき大切なものをあっさり捨てて、”カジノで稼ぎましょう””手っ取り早く稼げれば、助かるでしょう”という、お下劣な功利主義的合理主義的発想にとらわれた連中にこの国の権力中枢が占められているとしたら、本当に悲しいことです。

今回の震災で何が世界中の人の心を動かしたか?・・・日本が日本たるゆえんは何なのか?日本が原点回帰を問われているときに、何をなすべきかということを、日本人としての心がある政治家だったら、ぜひ安易な功利主義に流されないよう、守るべきものは何なのかを、もう一度考え直してもらいたいと思います。

にほんブログ村 政治・社会問題 にほんブログ村 風力発電・太陽光発電 にほんブログ村 政治ブログ

|

« 政治家の仕事がつぶし合いなら血税で雇う必要はないだろう | トップページ | 法の網をくぐった建築物による日影被害を受けた気の毒なユーザーさん »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528455/53434802

この記事へのトラックバック一覧です: カジノで被災地復興を考える政治家は本当に日本人なのか?:

« 政治家の仕事がつぶし合いなら血税で雇う必要はないだろう | トップページ | 法の網をくぐった建築物による日影被害を受けた気の毒なユーザーさん »