« 苦難の時代だからこそ、子供たちに国歌”君が代”の本当の意味を伝えるべきだと思う | トップページ | ヒモ亭主の一家に置き換えてみると増税=財政再建のいんちきがよくわかる »

2011年12月13日 (火)

最近ふくしま発の動画にはまってます

最近LIVEフクシマのサンボマスターの動画にはまって、涙腺がゆるみっぱなしですが、いわきのフラガールにも泣かせてもらいました。

LIVEふくしまでのサンボマスターの北会津出身の山口君もすごかったですけど、いわきのフラガールのみなさんもすごくハートを揺さぶってくれます。熱いです。

フクシマの動画を見ているだけでも伝わってくる”心が揺さぶられるソウルフルな精神性の高さ”はどこから生まれてきたんだろうと思います。
古くは平将門、戦国時代の須賀川の二階堂氏・幕末の会津・二本松・白河・棚倉の武士たちまで、不屈の信念を貫いてきたフクシマの歴史を刻まれたDNAが、世代を重ねながら現代の福島県人にもつながってるのかもしれません。

日本アカデミー賞を受賞した映画「フラガール」が見る人のこころを動かしたのは、計算された演出というよりも、参加したひとりひとりの無名の出演者の気持ちが創りだした場の空気が、大きなバックボーンとなって作品の力になったと思いますが(その意味で、監督の力というより、出演者の力によるところが大きかったので、あの年の最優秀監督賞は、嫌われ松子の一生の中島監督のほうがふさわしかったと思っています。)、それと同じ力がフクシマに生まれているのかもしれませんね。

Photo_2


君の涙を そして笑顔を

僕は 何時までも 忘れないから

星の見えない 夜には

夢見るのさ 目を閉じて

名もないような 花が

命を 震わして咲いている

(フラガール~虹を 作 ジェイクシマブクロ 訳 照屋実穂 より)

いわきスパリゾートハワイアンズダンシングチーム 全国キャラバン動画

いわきスパリゾートハワイアンズダンシングチーム 復活ステージ

昔茨城県北にいたころ、茨城県北部の北茨城の山の中の旧炭鉱住宅とか常陸太田の里川の土手とか、映画”フラガール”の名場面のロケに使われてたところを探し当てたことなど懐かしく思い出します。

今回の震災被害にあった茨城とか福島とか第二の故郷みたいな感じです。

今の福島の人たちの気持ちがすごく身近に感じれるだけに、苦難の中で生き抜こうという人の姿に涙があふれてくるのか・・・そんなこととは別に、ひととしての心が伝わるから感動するのか・・・とにかくこのところ、フクシマ関係の動画でこころの汚れを洗い流してもらうことが多いです。

最後に福島めぐりの動画2作


こころのふるさと福島を守っていこうと、力を尽くしているひとたちに、深く深く感謝します。

にほんブログ村 政治ブログ にほんブログ村 政治・社会問題 にほんブログ村 風力発電・太陽光発電 にほんブログ村 経済ブログ

|

« 苦難の時代だからこそ、子供たちに国歌”君が代”の本当の意味を伝えるべきだと思う | トップページ | ヒモ亭主の一家に置き換えてみると増税=財政再建のいんちきがよくわかる »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528455/53471032

この記事へのトラックバック一覧です: 最近ふくしま発の動画にはまってます:

« 苦難の時代だからこそ、子供たちに国歌”君が代”の本当の意味を伝えるべきだと思う | トップページ | ヒモ亭主の一家に置き換えてみると増税=財政再建のいんちきがよくわかる »