« 機密費証言の野中氏が官僚傀儡クーデターの影の立役者だった | トップページ | 請う拡散!この情報をみて、本気で、日本を食い物にするやつらから日本を取り戻す年にしたい!と思った »

2012年1月 9日 (月)

東北のロッカーがいい歌を歌ってた!絶望的な現実を受けいれた先に光が見えるのかもしれない

いまだにカラオケでよく歌われる名曲”M”を送り出した、あの一世を風靡した女性ロックバンドの”プリンセスプリンセス”が震災被災地支援の為に期間限定で再結成されるそうですが、被災からの復興ののろしをあげたLIVE福島に集まったミュージシャンの魂の歌が、多くのミュージシャンのハートに火をつけたという気がします。

”LIVE福島”では、一番心を揺さぶってくれた”サンボマスター”山口隆

紅白でのユーミンもこの人こんなに熱いハートの持ち主だったのかと驚かされましたが、時代が大きく変わるときは、ほんものの心を揺さぶる歌があふれ出てくるのかもしれません。

LIVE福島の郡山のステージで西田敏行さんの”あの街に生まれて”のときに、ギターをひいてた高橋優という秋田出身のシンガーソングライターがいるんですが、その彼が、絶望的な現実を正面から受け止め、世の中のいろんな闇をすべて抱え込んだ先に、愛という光をつかみとる境地が伝わる”素晴らしき日常”といういい歌を歌ってましたんで紹介させていただきます。

Photo

高橋優 素晴らしき日常


Photo_2

神を頼らずとも、日本人独特の各々が持つ等身大の内なる神に従い生き抜いた先に到達する解脱の境地・・・

苦しみ怒りの先に到達する愛の境地・・・仏教の苦界浄土の境地というか・・・曲がマイナーからメジャーに転調するところで見事に表現していて、若いのにこいつら”すごい”と感じました。

昔、長野県上田市の戦没画学生の遺作を集めた無言館というところで、20歳そこそこの戦没学生の手紙を読んだときに、20歳そこそこでなんでこうも本質を真ん中でとらえているんだという驚きを感じました。若く純粋な魂の持ち主というのは、今日のように”うそ”と”まこと”がめまぐるしく移り変わるような激動の時代には、多くの人の生身の姿から、生きる真をどんどん吸収していけるのかもしれません。

その一方で、この国を動かしている気になって得意になってる”くされ政治家”とか”くされ官僚”が、大切なものがぜんぜん見えない”お子様中高年の醜態”をさらしているわけですが、そんなクズの中高年と比べたら、半分しか生きていないこんな若い人間が”人が生きる真”を体得し、多くの若い連中がそれに共鳴して支持しているというのはすごいことだと思いました。

まさに”日本”の子供たちである彼ら・・・ほんのすこしこの国の未来に希望を見出せた気がします。

この若者たちのためにも、”大人”の責任として、この国の権力を握り締めている”腐れ官僚”と”腐れ政治家”の「お子様中高年」にはしっかり引導を渡してやって、美しい日本をひきついでやらねばと思う今日この頃です。

高橋 優 誰がために鐘は鳴る

にほんブログ村 経済ブログへにほんブログ村 にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へにほんブログ村 にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へにほんブログ村

|

« 機密費証言の野中氏が官僚傀儡クーデターの影の立役者だった | トップページ | 請う拡散!この情報をみて、本気で、日本を食い物にするやつらから日本を取り戻す年にしたい!と思った »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528455/53697226

この記事へのトラックバック一覧です: 東北のロッカーがいい歌を歌ってた!絶望的な現実を受けいれた先に光が見えるのかもしれない:

« 機密費証言の野中氏が官僚傀儡クーデターの影の立役者だった | トップページ | 請う拡散!この情報をみて、本気で、日本を食い物にするやつらから日本を取り戻す年にしたい!と思った »