« 一番有効な成長戦略は官の大リストラで消費税凍結することだ思う | トップページ | 低投票率の地方議会選挙☆投票率にあわせて議員報酬減額すべき »

2013年6月19日 (水)

名古屋市職員不正採用=口利き事件で不起訴処分の名古屋の検察も口利き仲間か

名古屋市職員採用で、有力議員の口利きで採用に便宜を図った名古屋市の職員が懲戒免職という重い処分を受けました。
Photo

公正中立であるはずの職員採用試験でこのような不正が当たり前のように行われていることに愕然とさせられましたが、もっと愕然としたことは、検察がそうした不正行為のあった事実を認めながら、重大な刑法違反ではないということで起訴猶予ということで、最終的に不起訴になったことです。
その意味では、今回の名古屋市の重い処分は納得できるものですが、肝心の口利きの大元の市会議員はお構いなしというのはどうなんでしょうね。口利きを処罰する法律がなく道義的責任を問われるだけですが、釈然としません。

小沢一郎氏の政治資金の収支報告書が問題となった「陸山会事件」では、”政治家へのヤミ献金という口実で会社のお金を横領した”水谷建設元社長のガセ証言を鵜呑みにして、「実在しない闇献金」を隠蔽するためという推論で、単なる期ずれ記載を「政治資金規正法違反」で起訴をした検察ですが、今回の名古屋市職員の不正採用の「口利きに答えるため」の書類偽造については、起訴猶予にするというのはどういうことなんでしょう。
Photo_2

自民党のボス的市会議員である渡辺議員の口利きで不正がおこなわれたということですが、贈収賄でもないし、政治資金規正法でもないし、刑事処罰の対象でないというのがなんともいえないところですね。

結局議員の口利きというより、関わった市の職員が採用試験の採点結果を改ざんしたという文書偽造の罪で起訴されただけだったんですが、それすら不起訴となったということは、口利きによる不正採用は、日本の司法は刑事罰の対象としないということなんでしょうか?
名古屋に限らず裏返せば口利きが横行しているということかもしれませんが、それにつけても司法への不信がまたひとつ重なった出来事です。

にほんブログ村 政治・社会問題 にほんブログ村 風力発電・太陽光発電

|

« 一番有効な成長戦略は官の大リストラで消費税凍結することだ思う | トップページ | 低投票率の地方議会選挙☆投票率にあわせて議員報酬減額すべき »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 名古屋市職員不正採用=口利き事件で不起訴処分の名古屋の検察も口利き仲間か:

« 一番有効な成長戦略は官の大リストラで消費税凍結することだ思う | トップページ | 低投票率の地方議会選挙☆投票率にあわせて議員報酬減額すべき »