« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月30日 (金)

消費税賛成の有識者は国内経済の惨状をわかっていない世間知らず

消費税の賛否を問うヒアリングでは予定通り増税実施に賛成の意見が多いようですが、世の中の景気の流れを読めない鈍感な連中が有識者と称して、高いギャラをもらってご意見番をして、国の決定を左右しているというのは恐ろしいことだと思いましたね。こんなんで日本は大丈夫かと思います。

いま増税を見送ると国際社会から国債が暴落して長期金利が高騰するという話で増税賛成に誘導される大きな流れができていますが、実際に起こるのは逆のことではないでしょうか?増税しても国内景気の撃沈で大幅減収になる一方で、消費増税というカードを切ったために増税余力がないと判断され、財政不安が増幅して、長期金利が高騰するシナリオのほうがよっぽど現実的で警戒すべきシナリオではないかと、現場の空気を肌で感じる自分は思います。

名古屋周辺でも、消費税の駆け込み需要をあてこんで多くの新築分譲が売り出されていますが、6月に2990万円だったものが2000万円以下になっているところもあって、投売り合戦の様相を呈しかけています。
Photo
家を買いたいという潜在需要はあると思います。でも先行きが見えない中で、不安定雇用で年収300万円以下でギリギリでやりくりしている世帯が、3000万円の買い物に踏み切れるかというと疑問ですね。せいぜい1900万円以下の物件じゃないと怖くて手を出せないというのが現状です。

そうした新築物件に限らず、多くの耐久消費財の本来の購買層である若年層が低所得に押し込められている現状で、さらに彼らの可処分得を削り取る消費増税をおこなったらどうなるかということは、アフォでもわかる簡単な話です。

そんな簡単なこともわからないで、つくづく有識者というのはすごい卓見の持ち主だと感心してしまいますね。

死んだ知識に縛られながら小理屈の迷宮に閉じ込められるような人たちは、生きた現実を感じ取る感性が摩滅してしまうのかもしれません。知識は豊富だが世間のことがわからないアフォな人たちのことを日本では有識者というのかもしれません(爆)

マネーゲームで浪費されたり、天下り団体の無駄遣いのプール金など、実体価値の生産と結びつかない、発展的な経済循環に回らない死に金をなくし、国内の生きた金の循環を復活させること・・・そのために障害になっているものが何かを見極め、そこにメスを入れようとしたら、最初にするべきことは消費増税ではないというのは明白です。それが感じ取れない世間知らずのKY野郎を、有識者として重宝がってる政府もマスコミもアフォのかたまりですか?

とりあえずカルト教団の巨額の事業収益に対する課税強化とか、公務員共済年金の3階部分を全廃するとか、景気を後退させるリスクがない無駄にカネを遊ばせているターゲットに的を絞って、増税・コスト削減を真っ先にやるべきです。そうした肝心なことへの言及をまったく放棄して、消費増税しか見えない連中には、高待遇を受ける資格がないです。どいつがどんな発言をしたかをしっかり記録しておいて、将来日本が撃沈したときに、日本の惨状を呼び込んだ張本人として落とし前をつけてもらいたいです。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2013年8月28日 (水)

私には夢がある ワシントン大行進から50年に想う

50年前の今日は、黒人の公民権を求めて25万人によるワシントン行進がおこなわれた日です。

黒人の公民権を認める法律を通そうとするJFケネディ大統領に呼応する25万人の大行進がおこなわれ、その集会でキング牧師の有名な演説「私には夢がある」が行われました。

Photo

以下引用

絶望の谷間でもがくことをやめよう。友よ、今日私は皆さんに言っておきたい。われわれは今日も明日も困難に直面するが、それでも私には夢がある。それは、アメリカの夢に深く根ざした夢である。

私には夢がある。それは、いつの日か、ジョージア州の赤土の丘で、かつての奴隷の息子たちとかつての奴隷所有者の息子たちが、兄弟として同じテーブルにつくという夢である。

私には夢がある。それは、いつの日か、不正と抑圧の炎熱で焼けつかんばかりのミシシッピ州でさえ、自由と正義のオアシスに変身するという夢である。

私には夢がある。それは、いつの日か、私の4人の幼い子どもたちが、肌の色によってではなく、人格そのものによって評価される国に住むという夢である。

今日、私には夢がある。

私には夢がある。それは、邪悪な人種差別主義者たちのいる、州権優位や連邦法実施拒否を主張する州知事のいるアラバマ州でさえも、いつの日か、そのアラバマでさえ、黒人の少年少女が白人の少年少女と兄弟姉妹として手をつなげるようになるという夢である。

今日、私には夢がある。

私には夢がある。それは、いつの日か、あらゆる谷が高められ、あらゆる丘と山は低められ、でこぼこした所は平らにならされ、曲がった道がまっすぐにされ、そして神の栄光が啓示され、生きとし生けるものがその栄光を共に見ることになるという夢である。

これがわれわれの希望である。この信念を抱いて、私は南部へ戻って行く。この信念があれば、われわれは、絶望の山から希望の石を切り出すことができるだろう。この信念があれば、われわれは、この国の騒然たる不協和音を、兄弟愛の美しい交響曲に変えることができるだろう。この信念があれば、われわれは、いつの日か自由になると信じて、共に働き、共に祈り、共に闘い、共に牢獄に入り、共に自由のために立ち上がることができるだろう。

まさにその日にこそ、すべての神の子たちが、新しい意味を込めて、こう歌うことができるだろう。「わが国、それはそなたのもの。うるわしき自由の地よ。そなたのために、私は歌う。わが父祖たちの逝きし大地よ。巡礼者の誇れる大地よ。あらゆる山々から、自由の鐘を鳴り響かせよう。」

引用以上

このキング牧師の夢の実現の一歩となった黒人の公民権を認める法律を作ったケネディ大統領もキング牧師も暗殺されてしまいますが、50年の時を経てはじめての黒人大統領としてオバマ大統領が誕生するわけですから感慨深いです。

この大行進で皆が口ずさんだのが「We Shall OverCome」ですが、その曲がアップされたYOUTUBEのコメント欄で、あの時代にアメリカの人たちが抱いた人類愛はどこへいってしまったんだろうという問いかけに、こたえてくれたアメリカ人の少女がいたんですが、そのやり取りを思い出しました。

”WeShallOvercome”あるアメリカ人からのコメントに思い起こされた”君が代”

http://yokotakanko.cocolog-ifty.com/blog/2011/03/weshallovercome.html

[わたしには夢がある]と語った「キング牧師」の想いも、[数千数万年の時をかけ愛に満ちた君が代を育んでいこう」という「君が代」の作者の想いも同じだと思うと、あらためて金儲けのために戦争を後押ししている連中が憎いですね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年8月26日 (月)

ユダ金戦争屋が戦争を欲している

シリア軍がサリンを無差別殺戮に使ったというニュースが世界中に衝撃を与えていますが、直感的に「湯だこ」の謀略じゃないかと「うそくさく」感じてしまいます。

確かイラクもクルド人に対してサリンを使ったとか、同時多発テロの後の炭疽菌テロの兵器化された炭疽菌の黒幕だとか言う印象付けがなされ、イラクの大量破壊兵器保有疑惑からイラク戦争へのシナリオが描かれたわけですが、結局のところサリンなどの大量破壊兵器は見つかりませんでしたし、アメリカ炭疽菌事件の兵器化された炭疽菌もアメリカ軍内部で培養されたと思わせる証拠がでてきて、容疑者の自殺で真相が藪の中になってしまいました。

今回のシリアサリン事件も同様のユダ金戦争屋らしい「くさいシナリオ」がぷんぷんしてしまうのは正直な感想です。

ユダ金に支配されたメディア情報をうのみにすれば、シリアというのはとんでもない連中で、罪のない人たちの虐殺をやめさせるためにシリを政府をつぶすべきという世論にのってしまいがちですが、冷静にいんちきシナリオでマスコミに踊らされた、アフガン戦争、イラク戦争の真実はなんだったのかということを思い起こす必要があると思います。

アメリカ炭疽菌事件

結局、アメリカの国家権力を支配するユダ金戦争屋にしてみれば、戦争は利益をかせげる公共事業なわけですから、定期的に戦争を起こす必要があるということなんじゃないかと思います。

※つぎの戦争ターゲットといわれるシリア周辺

Photo

問題は安全地帯から相手を攻撃できる空爆だけでは、戦争に勝てないということで、アフガニスタンとかイラクのように、ゲリラ戦にもちこまれたら泥沼にはまり、自国の兵士の犠牲が増えてしまうというジレンマを抱えざる得ないということです。

集団自衛権のもとに、日本の自衛隊が参戦し、ユダ金戦争屋の傭兵として玉よけになってほしいというのが連中の本音でしょうが、日本の政府にはそのような要請をはねのける愛国心を示してもらいたいと思う今日この頃です。

日本への原爆投下は侵略者への当然の報いと公言してはばからない湯だこの戦争屋の利益のために、露払いの盾として、日本の自衛隊が利用されることは絶対許せないです。

アメリカは友人ですが、「ユダ金」は日本の友達ではありません。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

藤圭子さんのニュースを聞いて三上寛さんの「夢は夜ひらく」を思い出しました

宇多田ヒカルさんのお母さんでもある藤圭子さんが亡くなられて彼女の「夢は夜ひらく」がさかんにテレビで流れていましたが、この替え歌を歌っていた三上寛さんの「夢は夜ひらく」を思い出しました。

010051803

八百屋の裏で泣いていた
子供を背負った泥棒よ
キャベツ一つ盗むのに涙はいらないぜ~

四畳半のアパートで
それでも毎日やるものは
ヌード写真に飛び散ったカルピス拭くことよ~

中学生のころラジオの深夜放送がはやっていまして、そこで何回か聞いただけだったと思いますが、メロデイーにマッチした強烈な歌詞が、いつまでも頭のすみにこびりついてた記憶が残っています。


藤圭子さんの「夢は夜ひらく」は名曲ですが、改めて聞くと三上寛さんの「夢は夜ひらく」も深いですね。

青森津軽小泊村出身の三上寛さんは、東北の貧しい農家出身であるかのようなイメージを与えますが、裕福なインテリ一家に生まれ育ったからこんな曲を歌える余裕があったという当時のDJの話は説得力がありましたね。
たしかに本当の貧しい家に生まれたんなら、普通に歌謡曲の歌手をめざしたんじゃないかと思います。

逆に本当に貧しい旅芸人の家に生まれた藤圭子さんは、どうだったんでしょうね。

つねに上昇志向の人だったということですが、結果が見える年齢になったことで、生きる意味がみえなくなってしまったということでしょうか?

「生きる意味」というのは理屈じゃなく、感じるものだと思いますので、人の死にあれこれ解説するのは無粋なことだと思いますが、老いという結果に絶望したことが理由だとしたら、藤圭子さんの選択はかなしいものだったと思います。

冥福をお祈り申し上げます。

藤圭子さんの夢は夜ひらく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月22日 (木)

東電の海洋放射能汚染で世界中から損害賠償請求を起こされる

「海への放射性物質の流出はない」と将来の損害賠償責任を逃れるためにうそを重ねてきた東京電力ですが、隠しきれない汚染水の大量流出の発覚で、ついに海洋汚染の事実を認めました。とんでもない話です。
防ごうと思ったら防げた海洋汚染防止対策を、コスト削減のためにケチった挙句に、汚染水の海への流出という致命的な事故を拡大させたわけですから、うそつき東電もそれを認めてきた政府もアフォというほかありません。
東電に融資した銀行の利益、最大の天下り先の東電を守りたい霞ヶ関の利益、東電の株式を所有している機関投資家の利益を守るために東電を破産させず延命させた判断が、将来、日本が海洋汚染の損害賠償で破産しかねない重大な事態を生んでしまいました。

放射性物質による海洋汚染拡大のイメージ

Photo

Photo_2

少し前に二年前の津波で流された岩手の漁船が日本海側で発見されニュースになりましたが、海流に乗り太平洋を一周して、フィリピンまで回ってきて、台湾から日本海側に漂流してきたらしいです。それと同じで、福島原発事故の放射能も世界中に拡散します。ただその流出が事故発生当時だけなら、目に見えて影響を与えるほどの量にはならないわけですが、常に高濃度の放射能汚染物質が太平洋に流れ続けたとなると、とんでもないことになるわけです。

実際どの程度の流出があるのか、真相は藪の中ですが、測定のために近づくだけのことすらできないレベルの汚染水が地中から染み出し続けているわけですから、深刻な問題に発展するのは時間の問題です。

世界中から損害賠償請求されたら何兆円という程度で済む話じゃないですから、資金的に対応能力がない東京電力を破産処理して、利害関係者の全損で資金を調達しつつ、不足分は国家防衛予算と位置づけて大胆な予算額を確保し、根本的な対策を早急にすべきだと思います。

東京電力の利害関係者の平均年齢が60歳として、のこりの寿命はせいぜい20年でしょう。国の未来を考え、東電に投資した自己責任の損失を受け入れる度量を示してもらいたいです。だいたい海洋汚染がなくても損害賠償をまともにしたら経営破たんする東電の株価が600円以上あること自体がクレージーです。もういいかげん引導を渡すべきだと思いますね。

自分が死んだ後に、日本国がとんでもない窮地にたたされ数百年の苦界に沈められることを考えたら、余命20年の自分たちの金銭的利害なんて喜んで放棄できると思うのですが、そうならないから政府も変な延命策を講じて事態を悪化させているわけでいいかげんにしてほしいです。株主も、銀行も、霞ヶ関も、最近の日本の富裕層のひとたちは義侠心を忘れた守銭奴ばかりが増殖して困ったものだと思います。

にほんブログ村 政治・社会問題

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2013年8月20日 (火)

日本の子供の味覚破壊の尖兵マックをやめてモスシンパになろう☆

Gn2009103002

今から十数年前、感染した人間の脳がスポンジ状になり廃人になりやがて死にいたるという狂牛病が欧州で猛威をふるい、原因物質として問題視されていた肉骨粉が日本に大量に輸入されていた時期に、激安マックの販売が重なったことで、欧州から消えた肉骨粉が日本の安売りマックの材料になっているんじゃないかという怖い話がひろがっていました。

そのころからマックから足が遠のいたんですが、外資ハゲタカへの日本株底値売り大放出の仕掛け人の竹中ヘイゾウがマックの株主であるという話を知って以来、完全にマック嫌いになってしまいました。

そんな自分でしたが、ドライブスルーという便利なものに乗ってしまって、主要道路沿いに口を広げて待ち構えているドライブスルーについつい吸い寄せられるようになって体に悪いと知りながらマックの毒食にお世話になっている最近の自堕落ぶりです。

マックというのは憎らしいくらいにドライブスルーの店舗が多いんですが、対するモスバーガーというのはめったにないのがつらいところでした。

マックで働いている人に悪いですが、食に対する思いやりという点でモスバーガーとは雲泥の差があるマックですから、このマックがモスバーガーに変わってくれたら。。。とひそかに思っていました。

ところが、面白いニュースに出会いました・・・最近のマックは経営不振で、撤退するところが増えて、代わりにモスが出店するケースが増えているそうです。

※参考ニュース マック跡地にモスが進出「値段より価値で勝負」と開発責任者

日本人企業のモスバーガーと典型的なアメリカ商法のマック・・・マックの凋落を尻目に、食にこだわったモスバーガーがマックの跡地に出店して着実に業績を伸ばしているというニュースを見るに付け、日本再生のヒントはここにもあったと感慨ひとしおでした。

Photo

機械的にはじき出される「利潤追求の効率」を追い求めるだけでは、満たされない「人として守るべきもの」を重んじれる企業が良質な商品を育て、顧客層を育て、精神的な豊かさを社会に還元していく・・・あるべき日本社会のベースを育ててくれる良質な企業には、神様が応援してくれる。日本の未来のヒントとなるいいニュースだと思いました。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月19日 (月)

日本農業の生き残りの鍵は脱スーパー規格=おいしいもの表示の模索

近代農業の常識に反して徹底して自然農法をきわめておいしいりんご作りを達成した津軽のりんご農家の木村さんの映画「奇跡のりんご」は先日まで公開されていましたが、ユダ金メジャーが主導する「農薬づけ」「化学肥料づけ」「遺伝子組み換え」のグローバリズム農法と一線を画して、日本の農業が独自の付加価値を生産しながら市場競争の中で生き残る道を示していると思いました。
Photo

流通効率が高い規格化された1代品種(F1種)、農薬に強い遺伝子組み換え品種を、大量の農薬と肥料で効率的に大量生産する機械化農業との価格の面だけで競争したら勝ち目はないわけですが、味で勝負したら明らかに自然農法のほうが勝っているのは明確です。

その辺を軸に日本の農業の未来を描いたら十分勝ち目もあるはずですが、問題は、今の日本には一部のブランド産地を除いておいしいということを評価する流通基準がないということです。

日本の農作物の大部分の流通の起点となっている農協の規格でいくと、大きさ、形の基準だけ評価がされて、結果的に規格化された一代品種(F1種)を大規模農法で、化学肥料と農薬を大量に使いながら機械的に効率的に生産したほうが収益が上がるような仕組みにしてしまっているところがあるように思います。

まさに日本の農業を守るはずの農協が、海外の農産品と同じ土俵で戦うように推進してしまっているところがあるわけで、TPPで市場開放されたらひとたまりもないようなところに追い込まれているのが現状だと思います。
「アメリカとか中国の農作物は見た目はおいしそうでもまずい!」このことは、日本の大規模機械化農法による農作物にも同じことがいえるわけで、そこに着目して世界と戦い生き残る道をさぐるヒントが隠されていると思います。

おいしいにんじんもまずいにんじんも区別なく流通評価されている量販店主体の市場のあり方にメスをいれ、新しい流通基準を創ることで、いままでの見た目と価格だけで勝負させられていた土俵と違う土俵を提示していくべきではないでしょうか。

具体的には、固定種表記とか、農薬、化学肥料の使用履歴とか、わかりやすくする指標を作ったらいいと思います。「おいしさ」の目印となるそうした指標が定着してきたら、値段が多少高くても売れるわけですから、関税による保護以外の後押しになるといえます。

もっともそうした「おいしさ」で戦う土俵を作ったとしても、小さいころからスナック菓子とかファストフードにならされ、繊細な味覚が破壊された日本国民ばかりになってしまったら、「猫に小判」でおなじにんじんなら安くて量が多いほうがいいという消費市場になってしまうわけで、元の木阿弥です。小さいころから日本人の持ち味である繊細な味覚を育てるという「食育」にも目を配りたいです。

※参考サイト
(株)田舎元気本舗 「固定種とF1種のちがい」
http://ing-hompo.com/modules/post/index.php?content_id=102
Photo_2

こうした日本「固定種」にこだわる農業生産者とそれに呼応する消費者のネットワークが、草の根の日本再生のベースになると期待したいですね。

にほんブログ村 政治・社会問題 にほんブログ村  風力発電・太陽光発電

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月15日 (木)

あるブログ記事で知った東芝カタログ記載の発電シュミレーションのえげつなさ

ブログ村の注目記事で見つけた記事で、東芝がOEM供給を受けているフィリピン生産のアメリカサンパワー製品の販売促進のために、ほかのメーカーではありえない特殊な計算条件による発電量予測をしていることを知りました。

参考記事

太陽光発電における素子温度上昇による損失率のメーカー別一覧表
http://solarrank.exblog.jp/20923013

旧サンヨーのHITがアモルファスの活用で熱による損失が少ないのはわかりますが、バックコンタクトにし、なおかつセル間の隙間をなくして受光面積を広げることで面積あたりの発電量を高めたとはいえ、基本はシリコン結晶タイプであることは変えようがなく、東芝(サンパワー製)が温度上昇による損失をアモルファス以上に極端に少なくできるわけがありません。
にもかかわらず、あたかも温度損失がないように錯覚させるデータ抽出をしていまして驚きました。

なんだこれはと調べてみましたら、ほとんどのメーカーが全国一律の温度によるロス計算の条件にしている冬10% 春秋15% 夏20%という数字を、府中工場内での温度補正係数にして冬2.4%春秋6.19%夏9.7%で計算しているだけのことなんですね。ほかのメーカーも厳密に温度補正を出したら算定ロスはもっと低くなると思いますが、各地で数字を出せないのであえて他社と横並びの数値で算出しているだけなのですが、全国の数値予測まで府中での特定条件の数値で計算して、ずば抜けて優れているように錯覚させる「大胆さ」は日本人離れしていると思いました。

Photo

まったく同じつくりの商品をシャープでもOEM供給受けて販売していますが、発電量予測が同じになるはずなのに大きく違うということは、「単純に計算条件が違うだけ」ということが一目瞭然です。ちなみにシャープでは同じバックコンタクトタイプの場合で冬8%春秋12%夏16%にして計算してあります。東芝のあつかましさがよくわかるというものです。

そんなことを知らない一般ユーザーなら「東芝の製品はものが違う」とまんまとだまされることは間違いないわけで、福島原発事故の口火となった原子炉メーカー東芝・・・・やることが大胆すぎて卒倒してしまいます。

東芝OBの西室氏が日本郵政の代表となったと思ったら、いきなりユダ金保険に窓口を明け渡しましたが、廉価版の太陽光パネルは中国製というように、根っからの売国根性がしみついた企業じゃないかとつくづく嫌悪感を誘発させてくれるしだいです。

参考過去記事
訪問販売で大ブレークの東芝太陽電池の秘密
http://yokotakanko.cocolog-nifty.com/blog/2013/05/post-870d.html

にほんブログ村 政治・社会問題 にほんブログ村 風力発電・太陽光発電

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6,7月発電量

当社の駐車場に大屋根をつけて20kwの太陽光発電をつけて2ヶ月が経過しようとしています。まだモニター機器をとりつけていないので、発電記録は売電メーターでみるしかないですが、6月25日から7月25日で見た場合に月間で2700kwhほど発電していました。

パワコンは日本製の安川電機さんの産業用10kw2台を使用し、パネルはあえて中国メーカーのものを使ってあら捜しをしようと狙ったんですが、パワコンが日本製というのがよかったのか、真南で、空冷効果がある設置条件がよかったのか、意外といい数字だったんで複雑な気分です。もっとも日本製の一番の売りは耐久性長期安定性などの信頼性ですから、今後の展開に期待してみます。

さて猛暑の中各各地から送られた記録を掲載します。

シャープ 5.28kw 名古屋市 南南東 南東のマンションの日影被害あり

6月511kwh

201306sh528sse
7月594kwh
201307sh528sse

シャープ 5.12kwh 美濃加茂市 東南東

6月577kwh
7月640kwh

201307sh512ese

三菱 7.2kw 豊田市 南 

6月824kwh

7月954kwh

201307mx720s

三菱 4.62kwh 一宮市 西 南 東 三面設置

6月510kwh

7月573kwh

201307mx462wse

三菱 4.75kw 南西

6月500kwh
201306mx475sw にほんブログ村 政治・社会問題 にほんブログ村風力発電・太陽光発電

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タダより安くても太陽光発電を付けないお宅が多いのはどうしてか?

太陽光発電を利用している多くの人は、太陽光発電がタダより安い=設備費用の支払いよりも収入が多いということを実感していると思いますが、それだからといって一般家庭での普及が伸び悩んでいるというところに、太陽光発電という商品の特殊性がよく出ていると思います。
わかりやすく言えば、「月1万円程度のお金をくれるといわれてもいらない」と感じるお宅がそれなりの件数存在する商品ということです。これが自動車や家電商品とかだったら「とりあえずもらっておこう」となるはずですが、自宅で太陽で電気を創るということに価値を感じる人は意外と少なくて、むしろ設置するリスクのほうを感じてしまうお宅のほうが多いということなんでしょうか。

とはいえ、分割払いを利用すれば、初期費用ゼロで設置できますし、分割払いの金額よりも売電収入とか節電金額を合わせた経済メリットのほうが大きくなって、設置することで得られる補助金を考えると、むしろ収入増になるという事実を信じられないお宅も多いのかもしれませんので、そのことだけは伝えていきたいと思います。

わかりやすい実例として4.24kwのシステムを税別130万円で設置して分割払いにした場合を考えて見ます。

※参考画像 4.24kw見積費用例(クリックで拡大)
424kw

初期費用ゼロですべて月々の均等分割払いにした場合支払いは約8900円
年間の経済効果は約20万円ですから

※参考画像 4.24kw導入経済効果予測(クリックで拡大)
424kw_2

差し引きしたら毎月1万円近くの収益があがります。
それに加えて補助金が20万円ちかく受給できるわけですから、金銭的な損得だけで考えたら確実にメリットが出てきます。

今回例として取り上げたケースは、工事費が安い一面設置のカラーベスト屋根で最も費用対効果が出るパターンですが、瓦屋根で寄棟多面設置でも、支払いより収益が多くなりますし、少なくとも補助金分は目に見える収益となります。

なおかつ将来に蓄電体制が整備されれば、わが国の脱石油・脱原発のエネルギーインフラの一端を担える・・・ということを考えたら、もっと設置を考えるお宅が増えてもいいのではないかと思うのですが、一般住宅での設置は昨年の半分のペースに落ちていて・・・・どうして設置が増えないのか不思議です・・・・。どうしてなんでしょうね。

にほんブログ村 政治・社会問題 にほんブログ村風力発電・太陽光発電

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »