« 日本農業の生き残りの鍵は脱スーパー規格=おいしいもの表示の模索 | トップページ | 東電の海洋放射能汚染で世界中から損害賠償請求を起こされる »

2013年8月20日 (火)

日本の子供の味覚破壊の尖兵マックをやめてモスシンパになろう☆

Gn2009103002

今から十数年前、感染した人間の脳がスポンジ状になり廃人になりやがて死にいたるという狂牛病が欧州で猛威をふるい、原因物質として問題視されていた肉骨粉が日本に大量に輸入されていた時期に、激安マックの販売が重なったことで、欧州から消えた肉骨粉が日本の安売りマックの材料になっているんじゃないかという怖い話がひろがっていました。

そのころからマックから足が遠のいたんですが、外資ハゲタカへの日本株底値売り大放出の仕掛け人の竹中ヘイゾウがマックの株主であるという話を知って以来、完全にマック嫌いになってしまいました。

そんな自分でしたが、ドライブスルーという便利なものに乗ってしまって、主要道路沿いに口を広げて待ち構えているドライブスルーについつい吸い寄せられるようになって体に悪いと知りながらマックの毒食にお世話になっている最近の自堕落ぶりです。

マックというのは憎らしいくらいにドライブスルーの店舗が多いんですが、対するモスバーガーというのはめったにないのがつらいところでした。

マックで働いている人に悪いですが、食に対する思いやりという点でモスバーガーとは雲泥の差があるマックですから、このマックがモスバーガーに変わってくれたら。。。とひそかに思っていました。

ところが、面白いニュースに出会いました・・・最近のマックは経営不振で、撤退するところが増えて、代わりにモスが出店するケースが増えているそうです。

※参考ニュース マック跡地にモスが進出「値段より価値で勝負」と開発責任者

日本人企業のモスバーガーと典型的なアメリカ商法のマック・・・マックの凋落を尻目に、食にこだわったモスバーガーがマックの跡地に出店して着実に業績を伸ばしているというニュースを見るに付け、日本再生のヒントはここにもあったと感慨ひとしおでした。

Photo

機械的にはじき出される「利潤追求の効率」を追い求めるだけでは、満たされない「人として守るべきもの」を重んじれる企業が良質な商品を育て、顧客層を育て、精神的な豊かさを社会に還元していく・・・あるべき日本社会のベースを育ててくれる良質な企業には、神様が応援してくれる。日本の未来のヒントとなるいいニュースだと思いました。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

|

« 日本農業の生き残りの鍵は脱スーパー規格=おいしいもの表示の模索 | トップページ | 東電の海洋放射能汚染で世界中から損害賠償請求を起こされる »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本の子供の味覚破壊の尖兵マックをやめてモスシンパになろう☆:

« 日本農業の生き残りの鍵は脱スーパー規格=おいしいもの表示の模索 | トップページ | 東電の海洋放射能汚染で世界中から損害賠償請求を起こされる »