« 「金ころがし」を集めるアベノバブルに未来はない・・・美濃忠「栗蒸し羊羹」を食べながら、「茨城県岩間」の「栗の家」を思い出しました | トップページ | 追悼やなせたかしさん☆アンパンマンのうたに日本人の死生観を見る「時は早く過ぎる 光る星は消える だから君は行くんだ微笑んで」 »

2013年10月21日 (月)

一度食べたらくせになる愛知県各地のご当地土産のお菓子☆9月発電量

自分の子供の頃は、愛知県の各地にご当地お土産の定番みたいなものがありまして、津島に行けば「くつわ」、犬山なら「げんこつ飴」、知立なら「大あんまき」、知多なら「生せんべい」というように近所の誰かがどこかに出かけるたびに各地のご当地お土産のご相伴に預かることがたびたびあって、結構楽しみだったことをなつかしく思い出します。

どれも江戸時代からあったもので、久しぶりにいただくとへんな添加物がないもののおいしさというものを改めて実感させられますし、昔ながらの価格を維持している経営努力に感動させられます。儲けを犠牲にして伝統を守ろうという、半分ボランティアなのかもしれないですね。

せっかくいいものを創っているのにどこも寂れ気味のようで残念な限りです。

すこしでも多くの人に食品添加物に頼らない本来のおいしさというものと、庶民目線の商売人の心意気というものが伝わって欲しいと思います。

Photo

Photo_6

上がくつわで下があかだ

一度食べたらくせになる津島にしかないお菓子・・・くつわ。弘法太師が1200年前に伝授したいわれる「あかだ」をルーツに江戸時代に創作され大ブレークしたらしい。現在津島神社前に江戸時代から続く3店舗が残っていて、それぞれの味比べがたのしみ。

Photo_2

Photo_5

知多の新四国八十八か所廻りをした祖父母のお土産の定番だった半田田中家の生せんべい・・・国産材料にこだわりながら200円という価格はりっぱすぎます。

Photo_3

一見普通のどら焼きのただの変型判だと思うかもしれませんが、わかる人にはわかります材料製法にこだわっているだけあって味が違います。

Photo_4

犬山城のご城下に軒をならべていたお土産物屋さんもめっきり数が少なくなりました。きなこと水飴をブレンドし固めたシンプルなげんこつの形の飴・・・。


愛知に限らず、多くのご当地菓子が定着したのは江戸時代で、鎖国時代とはいえ、庶民レベルでもそれなりに豊かで文化的な生活を楽しんでいたんだろうと思いますね。ものづくりの創意工夫ルーツは江戸時代のご当地グルメだったんだと改めて感心させられます。

明治維新以来、西洋文化礼賛で走ってきた日本ですが、物質的な豊かさと裏腹に精神的な豊かさを失ってきた部分もあるわけで、ここらで江戸時代の文化を見つめ直すというのもありじゃないかと思う次第です。

9月発電量

三菱7.2kw 南向き 940kwh システム定格出力1kwあたり 130kwh

201309mx720s

三菱4.62kw 西 南 東 三面設置 519kwh システム定格出力1kwあたり112kwh

201309mx462wse

シャープ5.28kw 南南東 隣接マンションの日影被害有り 

539kwh システム定格出力1kwあたり102kwh
201309sh528sse
だいぶ日が傾いてきて日照時間も短くなりました。これから2月後半まで発電量の伸び悩む季節になります。

|

« 「金ころがし」を集めるアベノバブルに未来はない・・・美濃忠「栗蒸し羊羹」を食べながら、「茨城県岩間」の「栗の家」を思い出しました | トップページ | 追悼やなせたかしさん☆アンパンマンのうたに日本人の死生観を見る「時は早く過ぎる 光る星は消える だから君は行くんだ微笑んで」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

太陽光発電記録(ユーザー)」カテゴリの記事

コメント

とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!

投稿: 株の初心者 | 2013年12月19日 (木) 12時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一度食べたらくせになる愛知県各地のご当地土産のお菓子☆9月発電量:

« 「金ころがし」を集めるアベノバブルに未来はない・・・美濃忠「栗蒸し羊羹」を食べながら、「茨城県岩間」の「栗の家」を思い出しました | トップページ | 追悼やなせたかしさん☆アンパンマンのうたに日本人の死生観を見る「時は早く過ぎる 光る星は消える だから君は行くんだ微笑んで」 »