« エネルギー自給時代へ★三菱電機EV対応太陽光蓄電パワコンSMART・V2H | トップページ | 夏は排熱の差で発電量に大きく差がついた7月発電量 »

2014年7月21日 (月)

「相馬」の詩人が突きつける福島の現実

何十万人もの人生を奪った福島の原発事故により、理屈あわせ職人の霞ヶ関官僚による後付けの安全基準がいかに悲惨な現実を生むかということを思い知らされました。しかし、その検証も、事故処理もそこそこに、なにもなかったかのように原発の再稼動が進められようとしています。

求められていた欧米並みの安全確保も実現されないまま、川内原発の安全審査が終わり、原発再稼動のカウントダウンに入ったようですが、福島の犠牲の上で得られた教訓を生かすこともなく、「とにかく再稼動させる」ことにまい進する意味がわかりません。

今回のような広域避難体制の確保どころか、マネーゲームがらみの買収された職員による誤作動(福島原発1号機の熱暴走の原因?過去記事参照)とかテロ活動を完全に防ぐ体制もできていないうえに、万が一の熱暴走発生時の最終防護装置などもできていない段階で、通り一遍の津波耐性と地震耐性でOKを出しそうなんですが、やはり巷でいわれているように「極度」の「暗愚」の世襲坊ちゃんで、霞ヶ関のシナリオで簡単に誘導される「パペット」坊ちゃんということなんでしょうか?

政治に二度と福島のような事故を起こさないという真摯な思いがあれば、容易に破壊工作員を潜入させれる電力会社にまかせるのでなく、国防施設並みの国家管理にすべきではないかという意見があってもいいと思いますが、「集団的自衛権」にはご執着のくせに、よりリスクの大きい「原発テロ」「マネーゲームテロ」にたいして「平和ぼけ」全開をかましているわけですから、つくづく「暗愚」なパペット坊ちゃん政権だと思います。

そんなアフォにまみれた永田町にうんざりさせられっぱなしの中で、福島県南相馬市在住の詩人若松丈太郎さんが突きつける「福島の現実」が心につきささりました。

福島の現実を受け止め、その犠牲の上に重ねられる日本の未来を見据えたとき、先にあるのは、今進められようとしているような「安直な再稼動」ではないはずだと実感します。

以下引用

「なかったことにできるのか」・・・若松丈太郎

いたるところの道にバリケードをしつらえ

人びとが入れない区域を設定した

人が手を入れない耕地には

いちめんにセイタカアワダチソウが茂る

人びとのこころに悲憤が泡だつ

夏に湿気のおおいこの国の風土では

人が住まない家屋のなかは

いたることろにじっとりと黴が生える

ありとあらゆるものを腐らせる

人びとのこころまでも患わせる

小児甲状腺がん発症者および疑いある者三百倍

「核災」関連死者千七百三十人超

避難者はいまも十万人超

このあと二年後も帰還できない人五万人超

燃料デブリ取り出しの願望的開始目標二○二○年

無惨としか言いようがない現実がある

あったことを終わったことにするつもりか

あったことをなかったことにするつもりか

おなじことをくりかえすために

いまあることをなかったことにできるのか

引用以上

|

« エネルギー自給時代へ★三菱電機EV対応太陽光蓄電パワコンSMART・V2H | トップページ | 夏は排熱の差で発電量に大きく差がついた7月発電量 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ラジオイラン日本語ニュース毎更新ニュース投稿
http://japanese.irib.ir/news

イスラエル戦争犯罪偏執狂ユダヤフリーメーソンが東電もNHKも新聞社も霞ヶ関全省庁(宮内庁法務省ふくむ)も検察も自衛隊も全部作った真犯人だから、こいつらにやらせる限り絶対に福一石棺桶化は達成しないよ。わざとやらないのだ。それは原爆投下も原発事故も同じ真犯人イスラエル戦争犯罪偏執狂ユダヤフリーメーソンが策謀したまさに悪逆非道の戦争犯罪だからである。

イスラエルこそアメリカ軍と似而非日本人政府を使って世界中で戦争犯罪を重ねている地球のテロの根源中枢魔窟国家であり、国連をでっち上げて世界中の他国に外交官特権治外法権をたてに無法暴力犯を潜入させ標的国家破壊戦争工作を地球上隈なく仕掛けている。

世界中の国々はただちに自国のイ スラエル大使館を閉鎖解体撤去し て外交官特権を剥奪し、国連でイ スラエルを敵国指定してイスラエ ル国の交戦権を剥奪せよ。

「イスラエルよ悪を為すな」

釈尊の言葉
「世に母を敬うことは楽しい。また父を敬うことは楽しい。」
「母と父とは子らに対して多大のことをなし、育て、養い、この世を見せてくれた。」
「母、または父が老いて朽ち衰えていくのを養わないで、自らは豊かに暮らす人、これは破滅の道である。」
「親の義務とは、子を悪から遠ざけ、善に入らしめ、技能を習学させ、適当な妻を迎え、適当な時期に相続させることである。」
「子らは、すみかであり、妻は最上の友である。」
「自分よりも愛しいものはない。同様に他の人々にも、自己は愛しい。故に自己を愛するものは、他人を害してはならない。」
「生き物を自ら害すべからず。また他人をして殺さしめてはいけない。また、他の人々が殺害するのを容認してはならない。」
「あらゆる生物にたいして暴力や悩みを与えてはならない。」
「世界はどこも、とどまってはいない。すべての方角も揺れ動いている。私は、安住の地を求め探したが、どこにもなかった。すべて、死や苦しみにとりつかれている所ばかりだった。殺そうとしている人々を見よ。武器をとって打とうとしたことから恐怖が起こった。すべてのものは、燃えている。欲望と怒りと愚かさによって。」
「怨みは怨みをもって止まず。怨みを捨ててこそ止む」
「人の価値とは、生まれや身分によるものではなく、清らかな行いによって決まる」

イスラエル大統領と首相宛

「この世の宝こどもたちを殺す軍事攻撃という悪逆非道をただちにやめなさい」


参照http://www.asyura2.com/14/senkyo168/msg/925.html#c56

投稿: 通りがけ | 2014年8月 1日 (金) 17時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「相馬」の詩人が突きつける福島の現実:

» 原発工事の裏金が政界対策資金に使われていたことが表面化、愛知県知事含む4県の知事が裏金受給 [国民の生活が第一は人づくりにあり]
 原発工事の裏金が政界対策資金に使われていたことが表面化、愛知県知事含む4県の知事が裏金受給、つまり原発工事は政界にとって金のなる木であり、安倍政権が原発再稼働を電力会社に約束している原因なのだ、参照お願い致します「九州川内原発の緊急事態応急対策拠点施設の再整備無しでの再稼働を認めるのは狂気の沙汰だ」 http://03501213kyoiku-koyo.at.webry.info/201407/article_10.html  電気料金で政界対策資金が賄われているのだから、原発再開を...... [続きを読む]

受信: 2014年7月22日 (火) 11時40分

« エネルギー自給時代へ★三菱電機EV対応太陽光蓄電パワコンSMART・V2H | トップページ | 夏は排熱の差で発電量に大きく差がついた7月発電量 »