« 2014年8月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月25日 (火)

衝撃★アベノミクスで実質賃金は下がり続けていた

つくづくマスコミというのはうそつき村だと思います。編集幹部の連中が官房機密費で買収されていたのか、総理の後援会の某企業のやりちんハウスで肉食接待を受けていたからなのかは知りませんが、アベノミクスで景気がよくなったという報道をくりかえして、国民を洗脳してきましたが、とんでもない事実を隠ぺいしてきたみたいですね。
GDPの値がおそろしく悪かったということで、ようやくアベノミクスの実像報道が表面化するようになりましたが、厚生労働省の雇用統計を見てみたら、1年以上前からアベノミクスのおかげで実質賃金が下がり続けていたことがはっきりわかります。
アベノミクスの金融バブルのマネーゲームでおいしい思いをしたひとは別にして、大部分の国民は円安誘導の物価上昇で実質給与がおおきく下がり、逆に生活が苦しくなったというのは事実のようです。

名目賃金から物価上昇を割り引いて実質賃金が産出されるわけですが、実質賃金推移の統計資料をみると、大部分の国民にとってはアベノミクスがとんでもない結果を生み出したということがはっきりわかります。
厚生労働省実質賃金統計資料(クリックで拡大)

Jpg

Photo

統計を見れば一目瞭然ですが、アベノミクスで日銀黒田総裁の「どあほうバズーカ」が炸裂するたびに実質賃金が切り下がっているわけですから、勤労者のひとりとしてあぜんとしてしまいます。

戦後日本の奇跡の復活は、欲豚が少ない国民性のために富の再分配で国内経済循環を拡大再生産してきたからにほかなりませんが、そうした根本を見ようとしないで、トリクルダウン理論にしがみついて、実体価値創造に結び付かないマネーゲームに帰結する「豚に真珠」政策を推進する反日ウヨ政治では、本当の意味での経済の好循環は生まれないと思いますね。

守銭奴の天下り幹部官僚とかマネーゲームの欲豚に蓄積する富をがっつり没収して、購買意欲は旺盛なのにワーキングプアで消費ができない超ビンボーな若者とか子育て世代にばらまけば、実体価値のある富の拡大再生産循環につながると思うのですが・・・・マネーゲームの新興成金にしっかりサポートされている反日ウヨな「頭でっかちな愛国ごっこにおぼれて、地に足の着いた祖国愛を見失った連中」に期待するだけ野暮というものでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2014年8月 | トップページ | 2014年12月 »