« 2015年7月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年9月22日 (火)

国会前に集まった学生たちに感じた祖国愛・日本愛

今回の安保関連法案反対の草の根運動をリードした学生たちの動きは、昔の革命ごっこの自己陶酔が半分はいっていたような左翼安保闘争の学生運動とまったく違うもので、多くの国民の心を揺さぶりました。

運動のベースにあるものが、政治イデオロギーでなく、「70年間日本が大切にしてきたものを守りたい」という日本に生まれ育ったひとりの人間としての自然な感情だったということが多くの共感を生んだのだと思います。

共産主義・自由主義・国家主義という理屈ではなく、「日本人としての自然な気持」をベースにしているという点では、勝共イデオロギーのあべ総理などの「日本人としての美意識のかけらもない」反日ウヨが大繁殖している自民若手と比べたら、よっぽど「日本的」といえるのかもしれませんね。

70年前、アメリカとの戦争でボロボロに破れ、なにもかもをなくなってしまった焼け野原の中に立ち尽くした日本人・・・、
愛する人を奪われ、愛する街を破壊つくされたのに、その憎しみを人類愛に昇華させ、戦後復興をなしとげた日本人・・・
そうした先人の積み重ねてきた重みのある「平和国家日本」という看板を、たいした理由もないまま簡単に下ろしてしまっていいのか?

抑止力がどうとか軍事的な合理性とかいろんな理屈を超え、「特別な存在であった日本」を守りたいという率直な気持ちが今回国会前に集まった人たちの根っこにあったのだと思います。

70年前の8月15日、アメリカへの降伏を告げる天皇陛下の玉音放送に、くやし涙を流した祖父母や父母たち、
それでも「戦争だけはもう二度としてはいけない」という信念をかたくなに貫きながら今日の日本を創り上げてきた祖父母や父母たち、

そうした戦後日本を生きてきた日本人一人一人のかけがえのない思いに寄り添えば寄り添うほど、またその人たちが築いてきた「平和な日本の歩み」を愛すれば愛するほど、「軍拡の他に道はないのか」と真剣に考えるだろうし、別の道を進むなら「納得できる理由を聞きたい」と思うのは当たり前だと思います。

9月18日深夜、国会前に4万人も集まったのは、そうした戦後日本に対する祖国愛を持つものとしての当たり前の感情の発露だったのだと思います。
0914000

PS

それまで計算高い立身出世主義者みたいであまりいい印象をもってなかった民主党議員の演説が、あの日ものすごく心に迫ってくるものだったんで驚いたんですが、民衆の真心の海に心を洗われ、彼自身一皮むけたのかもしれません。

それにひきかえかっての国民政党だった自民党の姿は無残でしたね。反日ウヨと自己保身ヒラメの悪臭軍団へと変貌してしまった自民党・・・・今回の法案でもするべき修正要求の意見もないし、総裁選では、無投票のためのえげつない切り崩しをするし・・・。

いくら「恨の文化」のコリアン交じりの長州人とはいえ、そんなにあべ総理に異を唱えるのはこわいことなんでしょうか?

自民の劣化ぶりにはほとほと失望させられました。懐が深い保守の矜持を持ったかっての自民党はどこにいってしまったんでしょう。
世代替わりで世襲バカボンばかりになり、腹黒官僚と反日ウヨにまんまと牛耳られ、国民を踏みにじる政治を爆走するしかないKY自民の行く末は、簡単に予見できます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月11日 (金)

ホームページリニューアルしました

太陽光発電部門のホームページを開設しました。
http://www.yokotakanko.co.jp/taiyoukou/

Photo_2

国内生産の太陽光発電設備をつかって1kwあたり25万円をめざす・・・・というかなりの薄利努力の見積もり公開はじめ、実際の発電量公開とか、これまでNGだった立地に対応した特殊な施工方法の紹介とか盛りだくさんの内容になっていると自負しています。

とくに、政治に痛めつけられ、子供手当カット・増税・物価急上昇で、家計のやりくりが大変な状況に追い込まれている子育て世帯を、太陽光発電の薄利販売で応援しようということで、「子育て世帯応援企画」というコーナーをつくりましたので注目です。
売電収入から設置費用を差し引いても毎年10万円くらいは貯金ができるくらい破格の条件設定で、国産太陽光発電が設置できる企画を用意していますので、うちで施工可能な東海地方在住の子育て世帯の方はぜひご覧になってください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月 8日 (火)

静かなるアフガン 本当の日本愛は属米でも媚中でもない!「日本らしい第三の道を求める!」天皇陛下の大御心とともに

この歌は多くの日本人の気持ちを代弁してくれている。

JAPAN

歌:長渕剛     作詞:長渕剛     作曲:長渕剛

Oh Japan! Where are you going?
Oh Japan! What are you doing?
俺たち この先どこへ 流れて行くんだろう
Oh Japan! Where are you going?
Oh Japan! What are you doing?
貫き通す意地の 壊れたこの国で

強い者と 戦う時はただただひたすら
自分を信じればいい
弱い者に真実を語る時は 少しだけ気をつけろ
裏目裏目に 愛が転がる

誰かの弱さを ひき上げたいなどと
うぬぼれた己れの 恥を知ったなら
夕陽が青春を まっさかさまにずり堕ちて行く前に
事実をどてっ腹で 受けとめろ

※Oh Japan! Where are you going?
Oh Japan! What are you doing?
俺たち この先どこへ 流れて行くんだろう
Oh Japan! Where are you going?
Oh Japan! What are you doing?※

だけど 俺は この国で 生まれ 育ってきた

「平和な国だね」と友に語れば
「堅い話はおよし」と誰もがすり抜けた
文化は地に堕ち歴史は教訓ならず 世紀末の雨に
頭のてっぺんから ひっかぶるのか

俺たちはまるでどす黒い油にまみれた
ペルシャ湾の水鳥みたいに 息絶えだえ
それでも必死に 天高く飛び立とうとしてるのは
富の向こうに何かを見つけたいから

(※くり返し)

そして 俺は 二人の子供を 抱きしめてる

△Japan! Where are you going?
Oh Japan! What are you doing?
Believin' in myself Believin' in yourself△

(△くり返し)

Qwo1qfjb

静かなるアフガン

歌:長渕剛     作詞:長渕剛     作曲:長渕剛

海の向こうじゃ 戦争がおっ発(ぱじ)まった
人が人を殺し合ってる
アメリカが育てたテロリスト
ビンラディンがモグラになっちまってる

ブッシュはでっかい星条旗を背に
ハリウッド映画のシナリオをすげかえる
悪と戦うヒーロー
アフガンの空 黒いカラスに化けた

※ほら また 戦争かい
ほら また 戦争かい
戦争に人道(みち)などありゃしねぇ
戦争に正義もくそもありゃしねぇ※

黒いカラスにぶら下がる ニッポン人
僕らはTV(テレビ)で
銃弾に倒れる兵士を見てる
空爆に両足ふっ飛ばされた少女の
瞳から真っ赤な血液(ち)がしたたりおちる

日の丸と星条旗に僕は尋ねてみたい
戦争と銭(かね)はどうしても必要ですか?
広島と長崎が吠えている
「もう嫌だ!」と 泣き叫んでいる

(※くり返し)

あゝ 早く アフガンの大地に
平和と緑よ やどってくれ!
あの時の少女の瞳をこわさないで
僕は祈る 静かなるアフガンの大地
僕は祈る 静かなるアフガンの大地

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブルーハーツ「青空」と天皇陛下の「御製・・・・四方の海」

安保法案に疑問を呈する国民の自発的な動きがさざ波が広がるように広がってますね。
少なく見ても4万人もの人間が国会周辺に集まったというのは、ここ40年ありえない現象で、驚かされました。
(6年前の普天間の沖縄県外移転を模索した鳩山政権のとき代替移転先として浮上した徳之島住民の反対集会のときは、4倍増しの主催者発表1万人をそのままスルーして報じて県外移転挫折を後押ししていた産経新聞が、今回は、国会前に集まった人数の主催者発表数が多すぎるという詳細な検証記事を書いていたのには笑えました。主催者発表3倍増しは慣例なのに何をいまさらなんですが、その粘着ぶりのいじましさがいかにもコリアン混じりのなりすましが多い新聞社らしくて笑えましたね)

そもそも今回の法案に国民の不安感が煽られたのは、アベ総理自身の海外での言動だったと思います。
まだ法案が下ならしの段階で、欧米諸国訪問時「日本も従来の枠を超え、積極的責任を負う」ということをさかんに演説で打ちだしていました。そのニュースに接するたびに「集団的自衛権の行使で、中東で欧米が担っている軍事的な行動に日本も積極的に参加することになるんんだろうな」と感じていたことは確かです。
アメリカ従属を離れるためには、新生大東亜共栄圏ともいうべきベトナム・フィリピン、タイ、マレーシアなどの諸国との集団安全保障構想があって、そのための一歩として、アメリカへの協力強化という姿勢を隠れ蓑に集団的自衛権行使容認に踏み出そうとしているんだろう、本音では脱米自立で日本国再興を志向した祖父岸信介の遺志を果たそうとしているという風に感じていました。

ところが、国内向けにはいつの間にか論調が変わってきて、最近では、日本防衛のアメリカ軍への攻撃への反撃という個別自衛に近い形での限定的集団的自衛権行使ということが強調されるようになったわけで、どっちが本当なのかわけがわからないというのが多くの国民の印象じゃないでしょうか。
さらに、広範な集団的自衛権行使に対する歯止めをもうけるための法的担保のための修正は拒否しつづけるという意味不明な対応を続けられてしまうと、いくら理屈を立てて説明されしても、ごまかしのためのいいわけにしか聞こえないというのが一般的な受け止め方じゃないでしょうか?

戦後アメリカCIA協力メディアとして育てられた読売系とか、「会長交代でアベ様のNHK」中心に、「安保法案・・・・自国防衛上の穴を埋めるための限定的な集団的自衛権行使のための法律で大騒ぎする内容でない」というフォロー報道をくりかえし流していますが、従来なら功を奏した世論誘導のための理屈付けが、国民の感覚的違和感の壁に阻まれ、浸透していかないのも、当初繰り返されたアベ総理の海外での言動・・・「積極的集団的自衛権行使をにおわせる演説」との整合性が取れないからなんだと思います。

本当のところは、福島原発の汚染水処理での完全コントロール発言みたいに、海外演説でのアベ総理の集団的自衛権積極的行使発言も、虚栄心から出た架空の大言壮語だったということなのかもしれません。
それならそれで、当時の海外での演説での発言を撤回するか、法律で明文化して、自国防衛行動中にたまたま先に米軍が攻撃された場合の反撃という限定されたものする方がわかりやすいのではないでしょうか。

わたしとしては、国際道義に基づく集団安全保障で、日本として自立して責任を負う必要はあると思いますが、米国に従属する形で集団的自衛権の行使の枠をなし崩し的に拡大するのは、自衛隊の米国傭兵化に通じる気がするので賛成できません。

この70年間、一番戦争をしかけてきたのはアメリカです。そしてその背後には、国際正義というよりマネーの豚の欲望がからんでいたりするわけで、その意味では、アメリカというのは警察機関というよりある意味でみかじめ料と引き換えにほかの暴力団から守ってくれる暴力団みたいなものにすぎないのではないでしょうか?
その暴力団とのつきあいでみかじめ料だけでなく武器供与・武闘要員供与しないといけなるまではまる道を進むなら、自立した外交防衛体制を創りながら、健全な国際警察体制をつくる道を進むべきじゃないかと思います。

今回の安保法案をめぐる国民の漠然とした不安と不満というのも、日本が誇りを持って日本らしく進むべき道から外れていくんじゃないかという、本質を察知する直感的なものが一番大きいと思います。

先の大戦の開戦時に昭和天皇は、日露戦争開戦時に明治天皇が詠まれた御製
「四方の海みな同胞と思う世ぞなど波風の立ち騒ぐらむ」を詠まれました。

今上陛下の大御心も同じだと思いますし、国民の総意も同じだと思います。

天を敬い人を愛し、助け合い共に生きる・・・・敬天愛人、共生協和の日本人のこころの象徴であられる天皇陛下の想いを忖度すれば答えははっきり見えてきます。 

日本国民として日本の生きる道はどうあるべきか・・・そこに答えがある気がします。

そういえば先日、震災4年半のNHKの番組で、30年ほど前のブルーハーツの「青空」という曲を福島出身のシンガーソングライターの片平里菜さんがカバーして歌っていましたが、日本が分かれ道に立っている今だからこそ、よけいに歌詞のひとつひとつが心に染みました。

Photo


青空 THE BLUE HEARTS 作詞作曲 真島昌利

ブラウン管の向う側
カッコつけた騎兵隊が
インディアンを撃ち倒した
ピカピカに光った銃で
出来れば 僕の憂うつを
撃ち倒してくれればよかったのに

神様にワイロを贈り
天国へのパスポートを
ねだるなんて本気なのか?
誠実さのかけらもなく
笑っている奴がいるよ
隠しているその手を見せてみろよ

※生まれた所や皮膚や目の色で
いったいこの僕の何がわかるというのだろう
運転手さんそのバスに
僕も乗っけてくれないか
行き先ならどこでもいい
こんなはずじゃなかっただろ?
歴史が僕を問いつめる
まぶしいほど青い空の真下で※

(※くり返し)

青い空の真下で 青い空の真下で
青い空の 青い空の


偽りの理屈でつくられたアメリカ的な覇道の正義ではなく・・・人としての本当の道を選ぶことができる日本でありたいと思いました。
日本人に脈々と受け継がれてきた「和」のこころを今改めてかみしめながら、世界情勢の変化への対応の仕方を考えたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月 7日 (月)

8月発電量 知多常滑昭和呈・・化学調味料を使わないらーめん

スーパーに並ぶ「ぶどう」の産地というと山梨とか長野ですが、愛知県知多の大府・東浦は知る人ぞ知る「半端なくおいしすぎる」ぶどうの産地として有名です。地元直売で十分売り切れるので一般的な流通に流れませんから、シーズンは「ぶどう」目当ての来訪者でにぎわいます。
そんな知多のぶどうの最盛期も過ぎようとしている今日この頃ですが、一度は食べてもらいたい個性的ならーめん屋さんに出会いました。

常滑にあるらーめん考房「昭和呈」というお店なんですが、化学調味料をいっさい使わないことを売りにしていて、自然の魚介素材のだしの組み合わせだけで、どんな味ができるか、興味津々で代表的メニューとおぼしき飛魚正麺(醤油)にチャレンジさせてもらいました。
(残念ながらトップメニューとおぼしき飛魚正麺(塩)は完売でした)
Photo
※国道247号線沿線で常滑市街地を抜け、美浜に向かう途中にある掘立小屋の店
(店内にトイレがない)
Photo_2

自家製麺だけあって麺はしゅばしゅばもっちりの完璧なでき・・・問題のスープは魚介系のだしの風味が濃厚でかなり個性的・・・ただしっかり手間ひまをかけて炒りこんで下ごしらえをしてあるようで、魚介特有の生臭さは皆無でした。
扱いが難しい魚介系の複数のだしを完ぺきにマイルドなうまみに昇華させてあって、とてもおいしくいただけました。
化学調味料を使わないとこんなにやさしい味になるのかとあらためて感心させられたしだいです。
Photo_3

ヴィジュアルはいまいちでしたが、他にない貴重な体験ができる一品ですね。

かなり不便な立地にあるお店ですが、遠路わざわざ訪問しても、それに値する「食との出会い」があったと思います。


住宅用 事業用 8月記録を一挙紹介します。
クリック拡大

一宮 三菱4.62kw 寄棟三面設置
201508mx462swe
名古屋 シャープ5.28kw(隣接マンションの影あり)
201508sh528sse

事業用

知多美浜 48kw20度
201508mx4870

豊橋 49kw5度
201508mx4980

稲沢 12kw10度
201508mx1260

豊田 19kw20度
201508mx1980

名古屋 16kw5度
201508mx1680

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年7月 | トップページ | 2015年10月 »