« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月21日 (月)

自分たちの給与650万円アップを強行採決した名古屋市議は生ごみだと思う

名古屋市議会で自民民主公明3党の強行採決により、圧倒的多数の市民の意志により、800万円に減額されていた市議会議員給与が倍近い1450万円にあげられることになりました。

名古屋市議会リコール成立から6年たち、河村名古屋市長の与党である減税日本の勢力も相次ぐ不祥事で激減し、もう大丈夫だと思ったのでしょうが、この国で政治にかかわる人間の多くが、いかに人間の屑であるかよくわかりました。

他の市町村と比べて低いうんたらかんたら、800万円ではとても生活できないうんたらかんたら・・・なんなんでしょうね。

副業OK、実働80日で活動費は抜きにした個人年収で800万円、減らされても日当10万円は十分においしい仕事だと思いますがどうなんでしょう。活動にお金がかかるということですが、活動の大半は選挙の事前運動ともいうべき特定の支持者に対するおつきあい・口利きがメインなわけで、大多数の市民にしてみたらどうでもいい事に金がかかるわけです。
またほかの自治体の議員と比べて安すぎるということですが、本当のことをいえば、逆に他の自治体が高すぎるのであって、せめて国民の平均年収の1.5倍の名古屋と同じレベルににするべきなんじゃないでしょうか。
Photo_2
(現在の日当10万円でももったいないと思える名古屋市議のみなさんの画像)

今回の給与爆アゲ採決により市民の税金が毎年4億5千万も人間のくずの餌として消えていくことが決まったわけですが、なんともやりきれない思いでいっぱいですね。

あともう千円あったらというぎりぎりの暮らしをしている市民がどれだけいるか、名古屋市議会の生ごみ連中はわかっているんでしょうか?

ちなみに最近母子家庭世帯の子供の貧困が世間で問題になっていますが、名古屋市でも年収200万円以下の母子家庭世帯は、1万4000世帯あります。今回の生ごみ議員の給料をそちらに回したら、1世帯3万円も援助できることができ、進学をあきらめなくて済む児童も多く出ると思うのですが、どうなんでしょうか?

※平成20年名古屋市ひとり親実態調査資料より

Photo
名古屋市議会の自民民主公明の議員さんたちは、そうした世帯への援助こそ無駄がねで、有能な自分たちにふさわしい給与が支払われることこそが、世の中のためになると思っているようですが、本当に身の程知らずのどうしようもないクズ野郎だと思います。 

これを機会に再度リコール運動をして、全国のくずの政治ゴロの温床になっている地方政治家の高すぎる給与にメスを入れ、本当の地方自治のきっかけにしてもらいたいものですね。

PS 原発利権の地方政治のボスのバカ息子の下着泥棒が復興大臣になるようなあほな政治はいいかげんやめにしてほしいです。

資料
今回の議員給与爆アゲ強行採決をした市議会議員 所属政党別一覧
(クリック拡大)
Photo_3
実は口利きしてもらった恩で某党に投票したんですが後悔しています

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月14日 (月)

郡山の「I Love You & I Need Youふくしま」動画を消したビクター担当者は日本人じゃないのか

1年前まではYOUTUBEで見られた「ライブ福島の郡山会場の動画」が、消されていました。
会場には原発事故のためにふるさとを追われた福島のひとたちが多く招待されていて「I Love You & I Need Youふくしま」を歌う姿に心を揺さぶられ、当ブログ記事でも取り上げたんですが、震災5年ということで見ようとしたら見れなくて愕然としました。
Fukusima

過去記事
福島を見捨てるな!あらためて3年前のサンボマスター「I Love You & I Need Youふくしま」を聞く
http://yokotakanko.cocolog-nifty.com/blog/2014/03/3i-love-you-i-n.html

YOUTUBEに削除要請をしたビクターエンターテイメントの担当者にしてみたら、法的には著作権保護の当然の権利を行使したということなんでしょうが・・・・「武士の情け」がない無粋なビクターの担当者の感性を「DNAレベル」で疑ってしまいましたね。

おそらく「なりすましの血」が濃い「団塊」か「団塊ジュニアのアラフォー」なんでしょうが、この連中のふりまわす土着日本人では考えられない「無粋な合理主義」が日本のこころをずたずた破壊してくれたおかげで、日本の精神風土が荒廃したということもいえるわけです。
「日本ルネサンス」=「日本主義回帰」の原点となりつつある東日本大震災被災地の福島人のこころの動画を抹殺してくれちゃうという今回の所業に因縁を感じたりしますね。

PS

福島と全国の気持ちをつなげる保存すべき貴重な動画だったと思うので著作権うんにんでブロックするのなら責任を持ってDVDなどを製作してもらいたい、それができないのならブロック解除してほしいと要望をよせることにしました。

0570-010-115 ビクターエンターテイメント お客様相談室

問い合わせてみました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2月発電量・・・災害は数限りない悲しみを生みました。でも無数の愛も育てたんですね。

東日本大震災から5年ということでいろんなメディアで特集が組まれていましたが、あらためて「東北人は心がある人が多いなあ」と感じさせられました。災害の悲しみの中でも、愛を紡ぎ、人々の絆を紡いできたからこそ、東北人という独特の人間性が育まれてきたのだと確信しました。

世界一自然災害が多く、太古より幾度も圧倒的な自然の力の前にたたきのめされてきたのが日本人です。

どんなに富と権力を誇っている人間でも、大自然の前には、一片の塵にすぎず、はかなく消し飛ばされてしまうという事実をいやというほど見せつけられてきました。

だからこそ、たとえ個としてははかない存在でも、地域を超え、世代を超え、ひとの絆をつなぎ育てていくことで、はかなく消えゆく個の命の定めを超え、未来への希望を紡いでいくことの意味を深く遺伝子に組み込んでいったのではないでしょうか?

・・・・君が代は千代に八千代にさざれ石の巌となりて苔の生すまで・・・・
今は絶望と悲しみにあふれた細石(がれき)の山のような世の中も、1万年、10万年と世代をかさねていけば、苔(植物=いのち)を育む巌(大地)となり、愛を育む希望の世界にかえられる・・・・という我が国の「君が代」の作者の万葉歌人がこめた、限りある個の定めを受け入れながらも、悠久の時を超えたこころの絆に希望を託していきましょう、という思いをあらためてかみしめました。

記録にも残らないような名もなき存在の自分ですが、人々の希望のしずくが集まる悠久の大河の一滴であることに誇りをもち、出来る限りの生を全うしていこうという思いを新たにしました。

2月発電量(クリック拡大)

一宮 三菱4.62kw三面設置 

201602mx462swe

名古屋 シャープ5.28kw(南東マンションの影あり)

201602sh528sse

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »