« 3月発電量・・・無化調の塩ラーメン「麺屋 一龍」 | トップページ | 東日本大震災孤児遺児に支援をつづけている愛知ボランティアセンター »

2016年4月10日 (日)

子育て応援企画はじめました・・・ささやかな手助けになるはずです。

太陽光発電の営業対象は子育て世帯が多いんですが、消費増税にアベノミクスの物価上昇が重なって、家計のやりくりが厳しくなったという声をよく聞きます。

扶養控除がなくなった分納める税が増え、手取りが減る分を補うはずの、児童手当の付加金も、参院選挙対策の高齢者向けの3万円ばらまきの財源のためにカットされ、ふんだりけったり・・・・、子供を保育園に預けて働いて、収入をふやそうとしても、保育料が安い保育園はどこもいっぱいで、割高な託児サービスを利用せざる得なく、働いても大して楽にならないという世帯の怒りは、ふつふつと煮え滾ろうとしている気がします。

「保育園落ちた」というネット投稿が子育てママの怒りの導火線になって、世論が盛り上がり、政府もあわてて子育て世代対策を打ち出したようですが、今まで何してたんだか・・・と選挙目当ての政治家のあさましい本性を露骨に見せつけられ、かえってあんぐりさせられました。

未来を担う世代が絞り採られ痛めつけられるような国に明るい未来などないはずで、もっと真剣に積極的に子育て支援に取り組むべきだったと思いますが、アメリカ戦争マフィアの顔色うかがいの集団自衛権とかどうでもいいことに力を割くいっぽうで、国民から金を巻き上げることばかりいっしょうけんめいになってる霞が関とか永田町とか、本当にこの国の上にふんぞりかえってる奴らはほんとうに即焼却処分がふさわしい生ゴミじゃないかと思ってしまいます。

そんな中、国民そっちのけで自己満足の政治ごっこにあけくれる世襲バカボン政府に対するささやかな意趣返しとして、太陽光発電設備を思い切った低コストで提供して、売電収入で家計の足しにしてもらおうという企画をはじめたんですが、結構問い合わせが多く好評です。本当に子育て世帯・・・生活大変苦しんでます。

参考画像(クリックで拡大)

201604web

201604web2

201604web3


|

« 3月発電量・・・無化調の塩ラーメン「麺屋 一龍」 | トップページ | 東日本大震災孤児遺児に支援をつづけている愛知ボランティアセンター »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528455/63461189

この記事へのトラックバック一覧です: 子育て応援企画はじめました・・・ささやかな手助けになるはずです。:

« 3月発電量・・・無化調の塩ラーメン「麺屋 一龍」 | トップページ | 東日本大震災孤児遺児に支援をつづけている愛知ボランティアセンター »