« 2016年4月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月20日 (月)

工作員疑惑=原子力規制委員会の田中委員長=老朽原発延長推進で安保リスクを極大化させる

ここにきて原子力規制委員会の田中俊一は、老朽化した原発運転期間の延長を次々と決めそうですが、本当の正体は、原発事故という日本国民に対する核地雷を着々と仕込む、工作員なんじゃないかと思う今日このごろです。

だ いたいひとたび事故が起こったら滋賀・岐阜だけでなく京都も大阪も名古屋も大被害を受ける原発の稼働の判断が、原発利権のおこぼれのある福井県民が選んだ 福井県知事によってゆだねられるというのも納得いかないですね。たかだか100万人の福井県民が選んだ福井県知事の判断で、2000万人の近畿中部の住民 が致命的な被害を受けることになるわけですから、なんともやりきれない気分です。

Photo

経済的には労多くして益なしということが明らかになりつつある原子力発電ですが、核武装の余地を残すためには原発稼働は不可欠なので、原発稼働を完全にゼロにすることで潜在的な核抑止力を完全にゼロにはしたくしたいという、安倍自民の本音があるのは理解できます。
ただし、それならそれで、原発事故に見せかけた目に見えない核攻撃のリスクを最小にできる場所・設備の選定を追求をするべきだと思いますが、それをしないままのべつ幕なしに原発再稼働をすすめるアベ政権というのは、なんなんでしょうね。

「国家防衛」「国家安全保障」という言葉に酔いしれる性癖のあるアベ総理ですが、その実態は何もわからんちんちんの「世襲バカボン」ということがますますはっきりしてしまいました。

有事の際は、直接原発攻撃をしなくても、たまたま周辺の送電網およびバックアップ施設を破壊するタイミングで、老朽化した高浜原発で想定外の人為ミスを仕込むことは十分可能です。
老朽化による事故を隠れ蓑に、福島原発事故(小爆発による偶発的ベントにより4号機の原子炉爆発=東日本壊滅を免れた・・・人為的には大惨事を回避できない状況であったことが最近明らかにされた)を再現させ、近畿、中部に壊滅的な被害を与えることも可能で、国際世論の非難を受けることなく日本への実質的な核攻撃を成功させる可能性が高くなります。
実際国会答弁でも、田中委員長は、意図的な破壊リスクは想定していないと断言しており、裏返せば、軍事的なリスク回避は担保されてないことが明らかになっています。

参考記事
福島原発事故はマネーゲームテロだった
(※ここで引用しているサイトは、ユダ金マフィアのおしかりを受けたためなのかどうなのか、その後ニューリアルしたらしく跡形もなく過去記事が消されていますが、画像化して保存された記事は、魚拓ならぬ記事拓になっています。そういえばそこで蝮の旦那という人物がでてきますが先日のマスゾエ問題第三者会見のヤメ検・蝮の善三弁護士ですかねw)

本当に国民の安全を考え、国の安全保障を考えるのなら、アメリカ戦争マフィア(オバマ政権と別の勢力)のご機嫌取りで集団的自衛権行使容認に突っ走ることよりも、原発事故を装った核攻撃の最大リスク・・・・福井の原発をなくすことを優先させるべきだと思いますが、まったく無頓着に関西電力の利権の都合で、安保リスクを極大化させる安倍政権の「国家安全保障」ってなんなんでしょうね。世襲バカボン政権ここに極まれりだと思います。

参考記事

日本の原発はテロに対する防御が甘すぎる!

http://blog.goo.ne.jp/kimito39/e/d5a93a7a847bce4a09418920671d5311

以下引用 NHKニュース

高浜原発1・2号機 40年超の運転延長 認可へ

6月20日 16時56分

運転開始から40年が経過した福井県にある高浜原子力発電所1号機と2号機について、原子力規制委員会は20日、施設の劣化状況の評価に問題はないとして、原発事故のあと導入された運転期間を原則40年に制限する制度の下で初めて延長を認める見通しです。

関西電力が運転期間の延長を目指している高浜原発1号機と2号機について、原子力規制委員会はことし4月、古い原発特有の課題になっている電気ケーブルの防火対策など、見直された安全対策が新しい規制基準に適合していると認め、今月には設備の耐震性などを記した「工事計画」を認可しました。
20日の会合では、許認可で残されている施設の劣化状況を評価する「運転期間延長認可」を議論し、問題はないとして最長20年の延長を認める見通しです。認められれば、原発事故のあと導入された運転期間を原則40年に制限する制度のもとで初めてとなります。
高浜原発1号機と2号機は来月7日が延長認可の期限ですが、設備の耐震性を確認するため実際に原発の設備を揺らす試験についてはこの期限の前には実施せず、補強工事が完了したあとの検査で実施することを規制委員会が了承し、原発の運転に反対する市民グループは「合格ありきの審査で原則40年のルールは形骸化している」などと批判しています。
これについて、行政法が専門で早稲田大学の首藤重幸教授は「必要な安全性の確認を審査という関門を通過してから実施することに疑問を感じる。原発事故のあと、原発行政にはより一層の国民の納得が必要になっていて、規制委員会は説明責任を果たさなくてはならない」と指摘しています。
原則40年制限制度と現状

原子力発電所の運転期間を原則40年に制限する制度は、安全対策の強化の1つとして福島第一原発の事故のあと、導入されました。
電力会社が40年を超えて原発を運転しようとする場合、原子炉などの劣化状況を調べる特別点検を行ったうえで規制委員会の審査を受け、期限までに必要な許認可が得られれば最長20年の延長が1回に限り認められます。

これまでに運転延長を目指し審査を申請したのは、高浜原発1号機と2号機、それに同じ福井県にある美浜原発3号機の3基です。
美浜原発3号機は、運転開始から40年を迎えることし11月末が審査の期限で、来月にも新たな規制基準に事実上合格したことを示す審査書案が取りまとめられる見通しですが、詳しい機器の耐震性など残りの審査が期限までに終わるかが焦点となります。
一方、運転期間を制限する制度の導入で福井県にある敦賀原発1号機など5原発6基が運転を延長せずに廃炉にすることを決めました。

これら運転期間の延長を申請したり廃炉を決めたりした原発を除くと、今後10年以内に運転開始から40年を迎える原発は合わせて9原発14基あります。
運転延長には、新たな規制基準に沿った安全対策の強化などで多額の対策費が見込まれるうえ、審査に合格しても追加の工事が終わるまで再稼働できないため、延長後の稼働期間が20年より短くなる可能性もあります。
実際に高浜原発1号機と2号機は追加の安全対策で2160億円がかかり、再稼働の時期も工事が終わる平成31年10月以降とされています。

電力各社は、今回の高浜原発のケースを踏まえ安全対策の費用や稼働期間を考慮して、運転期間の延長か廃炉かを判断するとみられます。
延長認可期限後に試験

高浜原発1号機と2号機を巡っては、設備の耐震性の審査で議論がありました。
高浜原発1号機と2号機で想定される最大規模の地震の揺れについて、関西電力は周辺にある3つの活断層が連動した場合を考慮して、原発事故前の550ガルから700ガルに引き上げて申請しました。
その際、従来の耐震性の評価方法で計算すると、一部の設備の設計が揺れに耐えられない結果になることなどから、精度が高いとされる新しい評価手法を用いる方針を示しました。
新しい手法を用いることが妥当かどうか、原発の施設を実際に揺らして確かめる試験は、高浜原発では耐震補強の工事が終わっていないため、タイプが似た別の原発で行われました。
規制委員会はその試験結果を妥当だとする一方、高浜原発でも実際に設備を揺らす試験を行うよう求め、試験は来月7日の延長認可の期限がすぎたあと、補強工事が完了してから行われることになりました。
これについて、規制委員会は「過去の認可でも前例があり、法的な問題はない」としましたが、一部の委員からは「古い原発を動かすことに社会は非常に注目をしており、認可のあとの試験で基準を満たせなかった場合、社会的な信頼は得られないのではないか」という意見が出されていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 7日 (火)

名古屋市北区のひなびた裏通りに行列・・からみそらーめん「ふくろう」5月発電量(2)

名古屋市北区辻町のひなびた裏通りを走るたびに見かける謎の行列が気になっていたんですが、からみそらーめんのお店「ふくろう」さんの行列でした。

Photo

魚粉だしたっぷりのまろやかな味わいの味噌ら-めんなんですが、見た目がぱっとしないだけでなく、最初のひとくちは魚粉が強くていまいち感は否めませんでした。
しかし、乗っかってる辛味噌玉を溶かして食すると、味は一変・・・・マイルドさとピリ辛のパンチが絶妙なハーモニーをかもしだして、思わず旨い!と唸らずにいわれない絶妙な味わいのらーめんに生まれ変わり、すっかり感動させられました。
Photo_2
最近、化学調味料をつかわず魚粉のだしだけを使うことでマイルドなうまみを出そうとする店が散見されます。でも魚粉のくせの強さをうまくあしらえない店って結構多いんですね。
その点こちらの「ふくろう」さんの辛味噌はジャストミートです。
前回紹介した栄の「一龍」さんの香ばしさの限界を極めた絶妙な「焼きこがし」による魚粉のさばきも見事でしたが、こちらの辛味噌とのハーモニーもなかなか味わえない絶品らーめんの味を楽しませてもらいました。名古屋市北区辻町2というひなびきった裏通りにできた行列の謎がとけたしだいです。
 最近は集客のためにわざと店の外で待たせるような「つくり」にした店(ひどいところは駐車場台数より席数が少ない)もありますので、必ずしも行列のできる店=旨い店とは限りませんが、こちらの行列はほんもののようでした。

余談ですが、こちらの奥さんと思しき女性のスタッフさん・・・名古屋の場末に流れ着いた多岐川裕美みたいななんともいえない雰囲気の美人の方で、よく見るとご主人も俳優の寺脇康文をどうかしたような風貌で、ラーメン屋をはじめる前の職業劇団員だったんじゃないか?どんな人生をおくってきたのだろうか?なんて妄想もトッピングしながら、すっかりこの店のリピーターになりそうです。


5月発電量つづき

三菱6.104kw みよし市 北5度
201605mx6104n

三菱4.62kw 一宮 三面設置
201605mx462swe

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 6日 (月)

庄内川の源流をめざしたら絶景の東濃牧場にであった・4月5月発電量

名古屋市の市街地を取り巻くように流れる庄内川ですが、地図でその源をたどっていくと岐阜県で土岐川と名前を変え、恵那市瑞浪市の境目の屏風山(794m)と恵那市の夕立山(727m)にはじまっています。

たまたま太陽光発電の現場が夕立山のふもと近くだったんで、ものの試しに水の流れをさかのぼっていきましたら、参道の中に源流地帯の看板があって、その先の谷間のヒノキの林の中で水がしみでている場所があり、どうやらそこが源流らしいようでしたが、正直しょぼい感じでした。

1465177072706

もうひとつの流れをさかのぼっていきますと屏風山の山懐に抱かれた場所に水量が豊富な寿老の滝というのがあって、こちらのほうが有名な河川である庄内川の源流らしいと感じました。

1465176705058

駐車場も整備されていて、休日ということもあり近くのカフェはそこそこにぎわってましたが、あくまで正式に庄内川の源流なのはこちらではないようです。

さて本当の庄内川の源流のしょぼさにがっかりしながら夕立山の山頂方面に進んでいったしだいですが、林を抜けた先に突然岐阜県の畜産試験場が現れまして、そのフェンス沿いに進んでいきましたら、「東濃牧場」に行きつきました。駐車場も整備されていて、牧場の丘にのぼったんですが、そこから見える日本離れした雄大な景色に遭遇し、感動しました。
1465176852327_2
はるか下に阿木ダムを見下ろしながら、ゆるやかな斜面に広大な牧草地が広がる様子は、まさに絵葉書の世界です。 

正面には雄大な山容の恵那山・・・その左手につながる空木岳~木曽駒岳に至る中央アルプス(木曽山脈)の稜線が一望でき、自信のおすすめスポットといえますね。

なぜかあまり知られていないようで、訪れる人も少ないようですが、知る人ぞ知る「隠れ絶景ポイント」で、紅葉が彩る晩秋、残雪の山々が桜に映える早春と、ぜひ再訪してみたいと思いました。

1465176973031

地平線につづく一本道の牧場の景色も北海道の人にしたらあたりまえなんでしょうが、名古屋人にしたら感動のワンショットでした。

そういえば東濃牧場から阿木ダムに降りて、少し国道を走ると日本一の田園風景とか、日本三大山城で有名な岩村になります。西郷隆盛が多大な影響を受けたといわれる幕末の思想家 佐藤一斉を生んだ山間にある静かな城下町で、江戸時代から続く古い街並みが良く残っていて、歴史好きにもお勧めな場所です。


さて先月ブログ更新できなかったんで、4月発電量と5月発電量の一部を紹介させていただきます。

まずは四月から
シャープ5.28kw 名古屋市(東南マンションの影あり)
クリックで拡大

201604sh528sse
三菱6.104kw みよし市 北5度
クリックで拡大
201604mx6104n
三菱4.62kw 一宮 三面設置
クリックで拡大
201604mx462swe
5月分 

201605sh528sse

201605



| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年4月 | トップページ | 2016年7月 »