« 2016年6月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年7月19日 (火)

天皇陛下はアベ自民党の憲法草案を快く思われていないのではないでしょうか?

先週の参議院選挙では、かろうじて自民党単独過半数に届かず、公明党が消極的な憲法改正発議が成立することもないと思っていましたが、元野党の二名の無所属議員が自民党に入党することで、参院でも自民党単独過半数が実現し、急に状況が変わってきました。
参院も自民単独過半数ということは、公明党がなくても政権維持ができる体制になるということで、連立組み換えをちらつかされれば、公明党も憲法改正発議に賛成せざる得なくなりそうです。
つまり、「自民」、「公明」、「おおさか維新」、「日本の心を大切に」プラス「民主党内部の松下政経塾ネオコン」あわせて三分の二以上の確保が見えたということで、政府をしばってきた憲法が変わり、戦後70年の日本の国の歩みが、大きく変わる可能性が出てきました。
よりいいものになる改正ならいいのですが、自民党の憲法草案をみると、思想的なベースが国家に人のこころを従属させる、国家合理主義というような「本来のおおらかで寛容な日本人らしくない」いかにも無粋な頭でっかちの長州DQN臭ぷんぷんのつくりになっていて、土着日本人の自分にしたら違和感があります。
そんな中、憲法改正のカウントダウンがはじまるというそのタイミングではいってきた天皇陛下が生前退位の意志をもたれているというニュースですが、天皇陛下は自民党憲法草案が通過し、「国民の統合の象徴」から「国家権力の頂点である国家元首」になるつもりはないという意思表示ともとれるわけで、たいへんなニュースだと感じてしまいました。
敗戦の憎しみ・悲しみを人類愛に昇華させてきた多くの日本国民が積み重ねてきた「日本のこころ」をないがしろにして「国家合理主義にまい進する」政治勢力・・・「ほんとうにこの国とそこに生きるひとりひとりの国民を愛していますか?」という精一杯の啓発をされているように感じたしだいです。

Photo

天皇陛下は、国民一人ひとりに思いをはせながら、国民の統合の象徴である天皇とはなにかということを、とことん究めてこられたと思います。その答えは日本人として「人の道」を究めるということだったんじゃないでしょうか?
天皇陛下が放たれる「慈愛の光」は、そうした日々の「過酷な求道」の積み重ねの中で創り上げられたもので、その「慈愛の光」が国民の心のよりどころとなり、国民の希望の光となってきました。
まさに「象徴天皇」を究められた天皇陛下は、国家という統治権力機構をはるかに超越した存在として国民のこころによりどころになられたといえます。
そうした過酷な求道の果てに、世俗権力を超越した人としての高みに到達された天皇陛下に対して、いまさら国家権力の元首になれというのが「自民党憲法草案」なわけで、「日本人の心」のかけらもない「無粋な代物」だと思いますし、生前退位に言及された天皇陛下の心中を思うと、KYでこころない世襲バカボン連中には反吐が出る思いです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年7月 6日 (水)

アベノミクスで逆に生活が苦しくなる理由★6月発電量

選挙ですね。自民党単独過半数が達成できる状況のようです。

みせかけの数字と裏腹に国民の生活は確実に苦しくなっています。物価は上がり、控除は削られ、税金は上がり、海外研修生と称するハイパー低賃金な出かせぎ労働者に職を奪われ、ワーキングプアに追い詰められた人たちがどんどん急増し、国民の貧困度は進む一方です。

そうした現実に目をつぶる一方で、産業投資をしないマネーゲームピンはね企業のぼろもうけにかかる法人税を下げ、世界中からピンはね金ころがしを呼び寄せようとしている自民党が選挙で単独過半数???って・・・この国の国民の思考停止状況・・・いったいなにが起きているんでしょうね?

「アベノミクスで日本の未来はバラ色」という言葉に乗せられている2000万人は、インチキ訪問セールスの魔法のことばに乗せられ「とんでも商品」を買ってしまう人と重なります。

冷静に考えてみましょう。今行われているアベノミクスの実態は単なる信用膨張=インフレ誘導にすぎません。つまり100円の価値のものが120円で売れて、見かけ上儲けが増えたようになりますが、本来100円の価値は100円の価値でしかないわけですから、今まで120円の価値のものが買えた120円では、100円の価値のものしか買えなくなってしまうわけです。

ですから100円のものが120円で買えて20円もうかったようで、得たお金で買うことができるものは変わらないわけですから、実は儲けなんか幻にすぎないわけです。

じゃあプラスマイナスゼロだからいいことはないかもしれないけどマイナスもないから、もうかった気がして、いい気分になれるだけいいじゃないかといわれる方もいるかもしれません。

でも実は違います。

国際的なマネーゲーム経済の中で、アベノミクスみたいなことをやられると大多数の庶民はマイナスの方が大きくなるんですね。

昔の日本人は勤勉でみんなこつこつ働いてお金を貯金してきました。

10年かけて240万円貯めたとしましょうか、でもそのお金の価値はアベノミクスで200万円のものしか買えない価値に下がってしまうわけです。

その意味ではコツコツまじめに働いて貯金をしてきた多くの国民は40万円も損をしてしまうことになるわけです。

世界中なマネーゲームがない世界なら、見た目のお金の数が変わるだけだから損も得もありませんが、海外から見れば120ドルで買っていたものが100ドルで買えるようになるわけですから、それがわかっている連中にしたらおいしい話です。

120ドルの実質価値のあるものを100ドルと交換できるわけですから、世界的なマネ-ゲーマーにピンはねされて、日本国民がつくりあげた実質的な価値=富はどんどん海外に流出していくという現象が起きます。

竹中ヘイゾーが大臣してた時、円安誘導と株安誘導をすすめましたが、その時日本の収益力のある企業の株式の6割は外国人のものになりました。アベノミクスでそうした企業の内部留保が100兆円も増えて注目されていますが、それにメスを入れると外国人の資産価値が減りますから欧米従属の自民党政権はどうしようもないんですね。

世界中でマネーゲームをしている1%の富裕層の人たちは、そうした状況を逆手にとってお金を転がして確実に得するように動くことができますが、そんな余裕がない99%の人たちは、ただただ実態価値が目減りしていく貯金を取り崩しながら、これまで30万円の価値のあるものが買えたのに、給料が40万円になっても足りなくて、おかしいおかしいと頭をかしげながら毎日やりくりに四苦八苦しつづけるしかないわけです。

ただそうしたマネーゲーム上のトリックが仕込めるアベノミクスも使い方によっては、いいところもあります。

インフレ誘導ということは、庶民の貯蓄の目減りとひきかえに、見かけの税収が上がり、莫大な借金の穴埋めができることになります。つまり実質的な資産増税で財政出動の余力ができるわけですから、みかけの経済数字の上昇ではなく実質価値の拡大再生産に結び付く富の再配分で経済循環を好転させる余力もでてきます。

消費したいがお金がない若い人たちへの基礎手当給付、循環社会に向けた再生可能エネルギーループのための水素電池の開発投資など新世代産業投資などいくらでも未来創造型の仕掛けを創ることは可能なわけです。

問題なのはそうした肝心なことをしないまま、ピンはねマネーゲーマーの法人税を減税する一方で、国民消費をそぎ落とす控除廃止、保険料値上げなどの国民負担増加をすすめるという、ピンはね応援団政治をしていることだと思います。

以上の話がビジュアルに直感的に伝わる情報がネットにありましたので見てください

※クリック拡大

Photo

前置きが長くなりました

6月発電量紹介します。

名古屋 シャープ5.28kw 南東マンションの影あり

201606sh528sse

一宮 三菱4.62kw 三面設置

201606mx462swe

もうすぐ水素時代が来ます。太陽光発電との組み合わせで家庭でゼロエネルギーが実現する時代も見えてきています。

右も左もないふつうの日本人のひとりとして、皆が分かち合える心のある未来をつくりましょう。 

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2016年6月 | トップページ | 2016年10月 »