« 天皇陛下はアベ自民党の憲法草案を快く思われていないのではないでしょうか? | トップページ | 天皇陛下のお言葉をあらためてかみしめる »

2016年10月14日 (金)

発電出力と電圧と耐久力の秘密・9月発電量

いまだにパネルの定格出力の変換効率に絶対的な価値をおいて機種選びをしている人が多いようです。見積もり依頼が来たお宅で、最終的に訪問販売系の扱いが多い某国内メーカー(実は海外生産)を選択され、最終的にご縁がなかったお宅は結構あります。

当社の子育て応援企画の場合、メーカー協力の破格条件に加え、自社工事で極限までコストダウンをしているので相見積もりでは、競合で負けるわけないと思われがちですが、設置面積が限られる住宅用の場合、多少高くても、発電出力が多いシステムを設置して、トータルの経済効果を狙いたいという考えを持たれるかたが多いのも当然のことで、そうゆう方の場合、うちが自信を持ってお勧めする破格条件の三菱の国内生産システムでなく、某国内メーカーの高出力機種(実は海外生産)を設置されることになります。

「損して得取れ」
「安物買いの銭失いになるな」

という発想で選択された購買行動だと思いますが、実は、「結果的に損して損する」、とか「高物買いの銭失い」、になってたりするので人生は皮肉なものです。

そこまでいうなら他社を選択された方にくいさがって、すぐに問題点を指摘しないのか、といわれそうですが、売りたいために言いがかりをつけていると思われるだけのことで、せいぜい共倒れになるのが関の山ですから、あえて深入りせずにあっさり引き下がるようにしています。

太陽光発電は20年以上付き合う商品です。最初のうちは高出力でも、経年劣化で発電量が低下してしまえば、肝心の生涯発電量が稼げないということも大いにあるわけで、みかけの発電効率にとらわれた選択をしたひとは、ああもっとほかの切り口にも、目をむければよかったと実感されるでしょうから、そのときに本当の意味でのコストパフォーマンスを理解してもらえばいいと思っています。

知ってる人は知ってると思いますが、太陽光発電モジュールの定格出力を上げる簡単な方法は、最大電圧を高めることです。プロトタイプでは軒並み最高変換効率をたたき出していた日本メーカーが、普及品では変換効率の高出力競争では一歩ひけをとっているのかという答えがそこにあります。

簡単に定格出力を上げる方法がわかっていながら、日本の先発メーカーはそれをしないで海外メーカーの後塵を拝しているのか・・・答えは単純です。みかけの出力を上げるために最も重視すべき耐久性を犠牲にしないという、日本の先発メーカーのものづくりのポリシーが貫かれているのではないかと思います。

海外の太陽電池メーカーの場合、古くても創業20年程度で、経験値が圧倒的に不足しています。半面、日本の先発メーカーの場合、どこも半世紀を経過していまして、電圧と耐久性の関係を、50年以上の実働試験機器から得られたデータを知り尽くしている分、出力と耐久性のバランスのさじ加減を知り尽くしているのではないでしょうか。

何年か前に太陽光発電が急速に拡大したヨーロッパで、太陽光発電システムの出力低下問題が起きましたが、日本メーカー製品ではそうした問題が発生しませんでした。日本の先発メーカが長期間蓄積してきた経験値が、リスクを未然に防ぐ製品設計に結び付いたいい実例だと思います。


最近の太陽光発電市場は、後発で高出力を売りにするメーカーの勢いにまくられ、先発メーカーはいまひとつぱっとしないようですが、パネル選びの重要な点は、最高出力でないということが浸透し、10年後には、違う流れができていると思います。
国内メーカーの代表的な太陽光パネルの出力と電圧を、並べてみます。どのメーカーがどうゆうモノづくりをしてきたか、どうゆう営業戦略をもっているか、どこでゆれうごいてるか・・・・いろんなものがかいま見えて興味深いです。想像を働かせてみてください。

S社 220w 23.6V

M社 245w 26.6V

K社 238w 28V

P社 250w 44.1V

T社 253w 42.8V


ユーザーさんが送ってくれた9月発電量を紹介します。

あらためて今年の9月は梅雨時期より晴れがすくなかったですね。

以下クリック拡大
一宮市 三菱4.62kw 三面設置
201609mx462swe
みよし市 三菱6.1kw 北5度

201609mx610n

名古屋市 シャープ5.28kw 南東マンションの影あり

201609sh528sse

|

« 天皇陛下はアベ自民党の憲法草案を快く思われていないのではないでしょうか? | トップページ | 天皇陛下のお言葉をあらためてかみしめる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528455/64346737

この記事へのトラックバック一覧です: 発電出力と電圧と耐久力の秘密・9月発電量:

« 天皇陛下はアベ自民党の憲法草案を快く思われていないのではないでしょうか? | トップページ | 天皇陛下のお言葉をあらためてかみしめる »