« FIT法に垣間見える電力会社への露骨な利益誘導 | トップページ | 太陽光発電FIT買取打ち切りでEV蓄電を考える »

2018年7月 3日 (火)

低レベル外国人があふれる生産現場でMEDE IN JAPANの劣化がすさまじい

 会社を辞めて、派遣労働の現場をいろいろ体験できたおかげで、外国人のほうが多いような生産現場が多いのに驚きました。外国人でも同じ勤労者としてまじめに仕事してくれればいいですが、おしなべて恐ろしくレベルが低い・・・・いくら賃金が安くてもこれではかえってマイナスだろうと思うわけですが、派遣のマージンも含めてそんなひどい低レベルの外人を雇う会社ってなんだろうと思います。
 これはあくまでも噂レベルですが、外国人労働者の派遣会社は、現場の雇用担当にバックマージンを払っているとかいないとか、あくまで一人当たりのコストという指標しか見えない会社経営トップは、そうした外国人派遣ばかりを多用する現場担当の背任に気づかないでいるようです。
 仮に日本人ひとり雇用するコストが1日10000円の時に、外国人が1日8000円で使えたら単純に考えれば、20%も利益が増えるということになりますが、現場で感じた感覚でいうと、派遣外国人の仕事能力レベルはよくできる日本人一人の生産力の半分以下のケースが多く、実際は、10000円で済むコストが、無能でやる気のない外国人を使うことで16000円もかけているというあほなことになっている印象です。
 おまけに雑な仕事による不良品の処理、破損品の処理、再生産ラインに投入されるコストを考えたらあほとしか言いようがありません。どもそんなこと現場にいない経営管理者はつゆほど知らず、こうした机上の数字管理のまん延により日本の経済は沈没してきたんだろうなとつくづく実感します。
2910
 
 問題はこうした安易な外国人労働者により、日本製の品質が確実に落ちていることだと思います。
 ビス締めなんかわかりやすい例ですが、ビス締めなんか誰でもできるかと思いますが、それは大きな間違いです。確かに外国人でも即不良にならないレベルのしごとはできるでしょうが、適正なトルクで、訂正な角度で行われたビス締めととにかく締め付ければいいというビス締めでは、製品の長期耐久性を考えたときに大きな違いができてきます。
 その辺の微細な感覚を体得でして、律義に適正なビス締めを遂行し続けられる日本人労働者と、やっつけ仕事の外国人では、出来上がる製品の長期耐久性は雲泥の差が出てきます。
 あきらかに斜め打ちをして異音がしても、監視され指摘されない限り平気で流す外国人労働者は本当に多いです。日本に出稼ぎにきた彼らのうちの大多数の根っこにあるのは、「楽して金を稼げるかどうか」であり、「どんな単純労働の中にも日々改善がある」という「トヨタ」の「カイゼン」など日本の製造業の現場で脈々と引き継がれてきた職人魂のかけらもないのは明白です。
 今から数年後、外国人労働で生産された日本製の商品の品質の悪さが表に出るようになった時、今は高品質の信頼の証である「メイドインジャパン」の表記が、「メイドインチャイナ」レベルに貶められるのは目に見えていてつらいですね。
 安倍政権の骨太方針では、少子高齢化対策として外国人労働を大幅に増やすようですが、生産現場の実情を肌で感じた自分にしてみたら、信じられない気分です。
 安倍総理の政治資金支援者には、人材派遣経営者も多くいるようですが、まさかそんな支援者の意向を組んで、我が国の生産現場の根幹をむしばむ政策を推進するとしたらとんだ「愛国者」だと思いますね。
 低賃金労働の大量流入で、若い人の賃金は上がらず経済的困窮からくる少子化現象にに歯止めがかからないでしょう。そればかりか、設備投資、システム改善、教育、開発などの未来創造につながる投資より、低賃金低レベル外国人労働の雇用拡大を促進させて、結果的に日本製のブランド力を貶める・・・・とんだ「愛国者」総理です。
 日の丸をかかげて「保守」を名乗る多くの人たちが、いまだに「安倍総理」を信奉しているようですが、頭は大丈夫かと思いますね。
ユダ金経済マフィアのエージェントで・・・勤労者年収300万円を目指して着々と政策遂行している「竹中」という人物を政策立案の中枢として重用している時点で、安倍政権は亡国政権だと思います。にもかかわらず「安倍総理の本心は違う」とか「何とか軌道修正しようと努力されている」とか安倍総理を信じてやまない自称保守の論客が多々いますが、どこまで妄想にしばられているんですかとあきれ果ててしまいますね。
 戦後、自民党が国民政党として、国民所得倍増計画を遂行し、富を国民に広く再配分する政策を展開したことが、日本の奇跡の経済成長のエンジンになったという歴史事実を、もう一度思い起こすべきではないでしょうか?
 今の安倍政権が邁進している、勤労者への富の再配分を抑制し、株主(実はユダ金比率60%以上)の短期利益の極大化に傾倒させる「竹中」政策は明らかに、日本国民を貧しくし、日本の産業の未来創造力に壊滅的な打撃をあたえるものです。
 盲目的にアベ取り巻きに付き従うものが多い自民党内ですが、自民党内の良識派により日本保守としての古き良き自民党の精神に立ち返り、反日ウヨ・・ユダ金の僕となったアベ政治を終わりにしてもらいたいものです。

|

« FIT法に垣間見える電力会社への露骨な利益誘導 | トップページ | 太陽光発電FIT買取打ち切りでEV蓄電を考える »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528455/66895054

この記事へのトラックバック一覧です: 低レベル外国人があふれる生産現場でMEDE IN JAPANの劣化がすさまじい:

« FIT法に垣間見える電力会社への露骨な利益誘導 | トップページ | 太陽光発電FIT買取打ち切りでEV蓄電を考える »